https://benjaminfulford.net/2021/11/15/78658/
2021年11月15日

ハザリアン・マフィア、宣戦布告を受けてバンカーに隠れる

アングロサクソンの5つの目のグループによる正式な宣戦布告が、ナチスの第四帝国として知られるハザリアンマフィアに対して行われました。

エリザベス2世から送られてきた宣戦布告は以下の通りです。

「私たちは、公衆衛生上の緊急事態について、世界中から繰り返し連絡を受けている。その中には、大量虐殺を含む、人類に対する非常に重大な犯罪を示唆するものもありました。

私たちが最初に警戒したとき、私たちは遠くから見守り始めました。そして、すべての防諜活動が真実であり、実際に、世界のすべての民間政府が軍法の下で大反逆罪を犯していることを発見しました。

大量殺人が起きている、起きているという現実の行動可能な真実から逃れることはできない...私たちは軍事法と戒厳令によって、この声明を発表しなければならない」


女王陛下がもういないという噂について、MI6は次のように述べています。「死のうが生きようが、遺産は生き続ける。もういいだろう。」

複数の情報源によると、宣戦布告を受けたハザリアンマフィアのエリートは、スイスのレマン湖とカリフォルニアのパロアルト周辺のバンカーに退避しました。スイスのグループは、自分たちが所有する中央銀行が発行する不換紙幣をコントロールしています。パロアルトのグループは、大手インターネット企業をコントロールして、世界の人々に偽りの現実を伝えています。この2つのセンターは、バンカーを破壊する核兵器で狙われることになるだろうと、ペンタゴンの情報筋は約束している。

一方、ハザリアンマフィアは、モサドによって、法王フランシスコ、大統領 "Fuck "ジョー・バイデン、中国の習近平、売国奴将軍マーク・ミリーなどの人々が、あたかもまだ私たちと一緒にいて、まだ支配しているかのように見せるために、グリーンスクリーン・コンピュータ・グラフィックスを使用していることが暴露されています。

モサドから送られてきた以下のビデオでは、実際に行われているグリーンスクリーン・パフォーマンスの一部を見ることができます。


https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2021/11/pope-green-screen.mp4

フェイク映像の証拠動画 ↑ ↑
スクリーンショット (188)

また、ハザリアンマフィアは、このハザリアンマフィアに対する宣戦布告の一環として、組織的に殺害・逮捕されている公的リーダーの代わりとなる俳優やボディダブルを必死に求めています。

例えば、逮捕されたカリフォルニア州知事ギャビン・ニューサムのそっくりさんを求める広告が複数掲載されています。




その他の偽物の「リーダー」たちは、以下のリンクからご覧いただけます。

https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=186736


https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=186751
マイク・ポンペオ
※確かにこれはマイク・ポンペオには見えない

KMはまた、第三次世界大戦を起こすことで、自分たちにとっての「免罪符」を作ろうと今も必死になっている。


次のようなプロパガンダがそれを物語っています。


カマラ・ハリス副大統領は、一日の急展開でヨーロッパの東側国境での戦争勃発が懸念された後、「世界の目」がベラルーシの国境に向けられており、米国は「持っているツールを見ている」と述べた。


https://www.dailymail.co.uk/news/article-10195079/Russia-deploys-paratroopers-Belarus-border-region-amid-fears-conflict.html

米国のアントニー・ブリンケン国務長官は水曜日、米国は「ロシアの異常な軍事活動の報告に懸念を抱いている」と述べ、ロシアが2014年のウクライナ侵攻を「蒸し返そうとしている」可能性があるとした。

https://edition.cnn.com/2021/11/10/politics/blinken-ukrainian-presser/index.html

これに対し、ロシアのプーチン大統領は、「皆さんに知っていただきたいのですが、我々はこのようなこととは全く関係ありません」と述べました。

https://www.rt.com/russia/540208-putin-belarus-poland-border/


「ベラルーシとウクライナに見られるこの緊張感は、すべてCIAの干渉とプロパガンダである。バイデン政権がウクライナでマネーロンダリングを行っているのです。それがバイデンの息子を経由して、トランプ逮捕キャンペーンの資金源になっている」とMI6は状況を説明していた。

また、次のようなCIAの騒音も見られるようになってきた。

オーストラリアのピーター・ダットン国防相は土曜日、中国が侵攻してきた場合に台湾を守るための行動をとるなら、オーストラリアがアメリカに加わらないことは「考えられない」と述べた。


アジアの秘密結社関係者は、台湾を利用して中国との戦争を誘発しようとする試みは、中国や台湾の政府や国民とは何の関係もないことを確認している。これはKMのお節介だと彼らは言います。

いずれにしても、正式に宣戦布告された今、ハザリアンマフィア本家のクラウス・シュワブ・ロスチャイルドの以下の弟子たちは解任された、あるいは解任される予定である。


アンゲラ・メルケル、ニコラス・サルコジ、トニー・ブレア、ジャシンダ・アーダーン(ニュージーランド首相)、エマニュエル・マクロン、セバスチャン・クルツ(最近までオーストリア首相)、ビクトル・オルバン(ハンガリー首相)、ジャン・クロード・ユンカー(前EU議長)、アナレーナ・バーボック(ドイツ緑の党党首)、ギャビン・ニューサム(カリフォルニア州知事)、ピーター・ブッティジェグ(米国運輸長官)、マイクロソフトのビル・ゲイツ、アマゾンのジェフ・ベゾス、ヴァージンのリチャード・ブランソン、チェルシー・クリントン。クリスティン・ラガルド、ラリー・フィンク(ブラックロックのCEO......国際的な企業で、年間約9兆ドルの資金を扱う。)

これらの人々に共通しているのは、シュワブの奴隷リーダー・アカデミー「Global Leaders for Tomorrow」の卒業生1300人のうちの一人であるということです。


スクリーンショット (192)
スクリーンショット (193)

https://rairfoundation.com/exposed-klaus-schwabs-school-for-covid-dictators-plan-for-great-reset-videos/

スイスに隠れているシュワブとKMは、ワクチンと偽のパンデミックによる全体主義的な権力掌握の一環として、2年足らずで世界経済に20兆ドル以上を投入しました。

スクリーンショット (195)

これらの排除は、「純粋な反国家捕獲軍事インテリジェンス」であるとMI6は言う。


すでにワシントンDCはホワイトドラゴン協会とその同盟者に取り込まれている。NSA関係者の最近のワシントンについての発言です。

「DCは日が暮れると空っぽになる。ナイトライフはない。空っぽの電車。空っぽのビル。そして、強烈な悪臭が街中で報告されている(水没して空になった地下トンネルから)

連邦政府に残されたものは、あと18日か12月3日には資金が尽きるだろう」とNSAは言っている。

他にゴーストタウンになっているのはハリウッドです。モサドが現地の状況について報告した内容を紹介します。


「ハリウッドは緩やかな死を迎えている。アドレノクロームの点滴は停止し、制作予算も停止している。中国共産党と偽の不換紙幣も遮断されました。小切手を切っているのは技術系ストリーマー(アップル、アマゾン、ネットフリックス、そしていくつかのメジャースタジオ)だけです。残りの人たちはパン屑を食べながら働いています。」

これは、ドナルド・トランプ米大統領の大統領令13818「深刻な人権侵害や汚職に関与した人物の財産を封鎖する」に起因するものです。

私たちは、ペド・エリートとその歪んだライフスタイルの死を目撃しています。世界の偽りの偶像は倒れている。それがついに起こっています。

多くのセレブたちが危険にさらされています。以下のリストの全員が危険にさらされているかどうかはわかりませんが、その多くが危険にさらされています。それは、「有罪」の審判の日です。


セレブやスポーツ界のレジェンドの住宅売り出しリスト:


エレン・デジェネレス、ジョニー・デップ、 マシュー・ペリー、イーライ・マニング、カット・フォン・D、シーア・ルブーフ、ヘムズワース兄弟、ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲン、ブルターニュ・スノー、ビヨンセ、ジェイ・Z、シンディ・クロフォードとランド・ガーバー、ジーン・シモンズ、ベラ・ソーン、トム・クルーズ、ジョージ・ストレイト、エミリー・ブラント、アロンゾ・モーネス、ジェミマ・カーク、ケビン・ジョナス、チェルシー・ハンドラー、ジョン・マッケン・カーク、ケビン・ジョナス フランキー・ムニス、キース・リチャーズ、リル・ウェイン、ピーター・ティール、ファレル・ウィリアムズ、 ロリス・ラフリンとモッシモ・ジャンヌリ、ロージー・オドネル、ケリー・クラークソン、シェリル・ティーグ、ジョー・ペシ、スザンヌ・サマーズ、アダム・ランバート、メーガン・マークル、ショーン・ディディ・コームズ、ビリー・ジョエル、ゲイリー・レビンソン、フィル博士、バリー・マニロウ、メル・ギブソン、ダイアン・キートン、50セント、ハイジ・クルム、ライアン・シークレスト、ザ・ザ クリスティ・ブリンクリー、ニコラス・ケージ、リッキー・マーティン、アンジェリカ・ヒューストン、 チャーリー・シーン、バート・レイノルズ、エミリア・クラーク、J.Lo&アレックス・ロドリゲス、サイモン・コーウェル、クリス・ジェンナー、ジェフリー・スター、ゴードン・ラムゼイ、ジェイソン・アルディアン、パメラ・アンダーソン、ジェリー・サインフェルド、ジミー・ファロン、デイブ・ラムジー、ジョン・ボン・ジョヴィ、レブロン・ジェームズ、マット・デイモン、J.J.エイブラムス、シュガー・レイ・レナード、エレン・デジェネレス ミシェル・プフィーファー、デビッド・E・ケリー、ションダ・ライムズ、リアーナ、 ピート・タウンゼンド、ブリトニー・スピアーズ、ジョー・ジョナス、ソフィー・ターナー、ロバート・レッドフォード、スティーブ・マックイーン、シャキール・オニール、グレン・フレイ、サミー・ハガー、ストッカード・チャニング、マイケル・チクリス、トム・ペティ、セリーナ・ウィリアムズ、ビル・ラッセル、キャサリン・ビゲロウ、ドン・リックルズ、ブルース・コヴナー、アダム・ノイマン、レオナルド・ディカプリオ、バーサレ ジョシュとヘザー・アルトマン、ソレイユ・ムーン・フライ、ジム・ハーボー、 アンソニー・キーディス、フレドリック・エクルンド、メーガン・トレーナー、ギデオン・ユー、ヘレン・ミレン、テイラー・ハックフォード、ベット・ミドラー、トッド・フィリップス、ミット・ロムニー、ダイアン・ファインスタイン、マイリー・サイラス、ケリー・クラークソン、Aロッド、ボビー・パットン-LAドジャースの共同オーナー、ドワイアン・ウェイド&ガブリエル・ユニオン、マイケル・アミニ、B-52ケイト・ピアソン、ビル・グティ ウェイン・グレツキー、ケイティ・ペリー、 デレク・ジーター、マイク・ピアッツァ、シェーン・スミス、ブライオン・クランストン、DJハーレド、レナード・ロス、テッド・サランドス- NetflixのCEO、ダスティン・ジョンソン、ジョン・フォガーティ、メリッサ・リバーズ、ジェイミー・リン・シグラー、レナ・ダナム、リンジー・フォン、PKサブバン、ロビーン・ムーア、カラとポピー・デレヴィンヌ、ビッグ・ショーン、ステフ・カリー、クリス・ボッシュ、レナード・ロス、テッド・サランドス ロビー・ナイシュ、トム・ブレイディ&ジゼル・バンドチェン、アンソニー・デイビス、エミリア・クラーク、クレア・ブロンフマン=シーグラム(Nxivmとの関係を持つ相続人)、ジェーン・フォンダ、カルメン・エレクトラ、モーガン・モーゼス、ボビー・コックス、ダニー・マスターソン、エヴァンダー・ケイン、ケイト・ウィンスレット、マーク・テイシェイラ、ジョナ・ヒル、ジャッド・ハーシュ、カルロス・サンタナ、ケネ・チェス

スティーブ・マックイーン、キャサリン・ヘップバーン、ドン・リックルズ、ザザ・ガーボル、バート・レイノルズなどは故人であるため、彼らの遺産によって住宅販売が行われているのだそうです。

確認ですが、最近のオスカー賞の授賞式には、いつもの「セレブ」がほとんどいませんでした。

言うまでもなく、偽のパンデミックやワクチンキャンペーンに関わった製薬会社の幹部も全員排除されている。

先週、パンデミックがどのように鎮圧されているかについて大いに語ったので、今日はこの部分だけを付け加えておきます。

「米国食品医薬品局(FDA)は木曜日、約200万個のEllumeの家庭用COVID-19テストを「偽陽性」を生じる可能性があるために回収することを確認した。」

https://www.theepochtimes.com/fda-alert-2-million-at-home-covid-19-tests-recalled-over-false-positives_4101243.html?utm_source=partner&utm_campaign=ZeroHedge


これは、病院で行われていた「偽陽性」の検査結果を利用した大量殺人が、死の病棟に強制的に送り込まれていたことを一部裏付けるものです。

除去されようとしているワクチン犯罪者のトップの一人は、カナダのジャスティン・カストロ・トルドーです。カストロは、「カナダ人の数の10倍のワクチン(ムースも含む)を注文し、(ワクチンに)1ドル使うごとにキックバックを得ているので、これはゆすりだ」と言っています。

https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=186983


この写真を見ると、彼はハザリアンマフィアで最も多作な俳優の一人であることがわかる。




「歴史上非常に陰湿で、我々が共有する経験全体に浸透している要素を西洋で駆逐することは、すべて行わなければなりません...我々は、まずすべての世界のテロリズムとそれに続く戦争、そしてこの惨劇のすべての痕跡を鎮めるために、西洋と東洋の実行可能で意味のある協力関係にコミットしており、その後ですべてに対処します。まず第一に、平和はプロセスです。私たちは順調に進んでいます。」

エリザベス2世 R.

また、アジアでも消毒作業が行われています。日本では、ロスチャイルドのエージェントである麻生太郎とその取り巻きが権力と金融のコントロールから排除されました。また、ワクチンを推進する小池百合子東京都知事は、11月2日以降、公の場に姿を見せていません。他にも多くの政治家、暴力団、「ジャパンハンドラー」、金融関係者などが姿を消している。

中国でも、ある種の粛清が行われている。中国共産党が発表した建国100年の記念文書では、毛沢東主席が7回、習近平が17回言及されているのに対し、鄧小平は5回しか言及されていない。鄧小平の背後にある勢力が行動を起こしていることは間違いないだろう。


中国の権力闘争の詳細は分からないが、先週、中国では10回の大きな爆発があった。


https://www.youtube.com/watch?v=-WDqx7znva4



いよいよ今週は異世界のニュースです。11月18日(木)・19日(金)には、今世紀最長の月食となる「ブラッドムーン」が見られます。空を見上げてみてください。



https://www.thesun.co.uk/news/16719022/inside-fbis-ufo-files-packed-hundreds-alien-craft/