核内のスパイクタンパク質がDNA損傷を促進する?
- COVID-19 mRNAワクチンのアップデート18


Dr. Raszekの資格情報:https://merogenomics.ca/en/about/

このビデオでは、SARS-CoV-2の全長スパイクタンパク質がヒト細胞の核に侵入し、壊れたDNA損傷の修復を妨害するという驚きの新発見(他の科学者によってまだ確認されていない)について説明している。この研究の著者は、これは、ウイルスをうまく攻撃するための抗体を作り出すのに必要な遺伝子の組み換えを防ぐために進化したのではないかと考えている。これが事実であれば、潜在的な健康への悪影響に重要な影響を及ぼす可能性があり、ワクチンの設計を再構築する必要があるかもしれません。


この記事のことです:
スウェーデンの研究論文:ワクチンは細胞内のDNA修復機能を阻害する : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

まあモデルナの社長はパソコンで2日で作ったって本人が言ってるわけだし....
パソコンで2日で作ったモデルナワクチン : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

議論された内容 :
ウイルス|無料のフルテキスト|SARS-CoV–2スパイクはDNA損傷修復を損ない、V(D)J組換えの抑制を行う (mdpi.com)




CDCの内部告発:ジャブを打った人は、解毒しない限り半年から3年です



スーザン・ピアス(CDC職員)は、真実を語り、みんなに「毒ジャブを取ってはいけない」と言っています。

https://www.brighteon.com/25bf955c-8a2d-44ab-8753-a582b59019b5


※日本のマスコミは現在の極度に少ない状況でもワクチンの話ばかりしていますね、3回目ジャブと5歳~11歳ですか、まあどうぞ頑張って下さい。
何人かに「炭鉱のカナリア」であることを、いろいろ説明して打つのを止めた人が多いのですが、その中でもやはりバカは結局のところ打ちますな....私の親族は全員2回打っているので、来年の葬儀代を別にしておけと言ってあります。