Man donated his body to science; company sold $500 tickets to his dissection | Ars Technica
自分の体を科学に提供した男性:会社は彼の解剖のために
500ドルのチケットを販売した
未亡人は、報道記者から解剖の様子を知った
GettyImages-1149571569-800x533
遺体安置所で死んだ人の死体を持つ拡大/検診官または法医学者

ルイジアナ州のある未亡人は、亡くなった夫の遺体を科学研究のために提供した後、生中継で有料の観客の前で解剖されたというニュースに恐怖を感じています。

アドボケート紙によると、エルシー・サンダースさんは、医学の発展のために遺体の提供を望んでいた亡き夫、デビッド・サンダースさんの意思を実行していました。第二次世界大戦と朝鮮戦争の退役軍人であったデビッド・サンダース氏は、8月24日にCOVID-19により98歳で亡くなりました。彼の体を寄付することは、彼の最後の愛国心の行動だったとエルシー・サンダース氏は語っています。

しかし、デビッド・サンダース氏の遺体は、研究施設に運ばれることなく、オレゴン州ポートランドのマリオットホテルのボールルームに運ばれ、そこでDeathScience.orgが開催した「奇術・珍術エキスポ 」に展示された。10月17日のイベントでは、午前9時から午後4時まで、昼食を挟んで一般の人々がリングサイドに座り、デビッド・サンダースの遺体が丁寧に解剖される様子を見学した。解剖のチケットは最大一人500ドルで販売されました。

アドボケート紙によると、このイベントのオンライン説明には次のように書かれています。「外見の検査から、脳を含む重要な臓器の摘出まで、人体がどのように物語ることができるのか、新たな視点を見出すことができるでしょう...参加者が死体を間近で見ることができる機会がいくつかあります。」

「恐ろしく、倫理に反する」

エルシー・サンダースが解剖のことを知ったのは、このイベントを調査していたKING 5のシアトル在住の記者が彼女を追跡してきたからだった。KING 5の覆面取材に参加したフォトジャーナリストは、遺体に「デビッド・サンダース」とタイプされた名前のブレスレットが付いていたことを指摘していた。

「私としては、恐ろしくて、非倫理的で、言葉がありません」とエルシー・サンダースはアドボケート紙に語りました。「彼の遺体は科学のために使われると書かれた書類がありますが、彼の死を商業化することについては何も書かれていません。」

エルシー・サンダースは、当初、ルイジアナ州立大学に遺体を提供しようとしていたと説明している。しかし、ルイジアナ州立大学はCOVIDの診断を理由に寄贈を断ってきた。その後、彼女はラスベガスにあるメド・エド・ラボという民間企業と連絡を取りました。Med Ed Labsは、「医学・外科学の革新を進めるために、医学・外科学の教育とトレーニングを提供するために設立された」と述べています。

メド・エド・ラボはその後、遺体を死の科学に売却した。メド・エド・ラボの管理者であるオブティーン・ナシリ氏はKING 5に対し、DeathScience.orgの創設者であるジェレミー・シリベルト氏は、遺体の使用方法について「非常に」不誠実であることを「超えている」と語った。ナシリ氏は、シリベルト氏が遺体を医学の授業に使うと信じていたという。一方、シリベルト氏は、遺体が 「医学生だけではない」人々が参加するイベントで使用されることをメドエド社は十分に認識していたと述べた。

エルシー・サンダースさんは現在、デビッド・サンダースさんの遺体が戻ってくることを望んでいます。KING 5によると、メド・エド・ラボに提供される前にデビッド・サンダースの遺体を準備したルイジアナ州の会社「教会葬儀サービスと火葬場」は、エルシー・サンダースに対し、夫の遺体を探し出し、無料で火葬して返却すると伝えたという。

「私たちは彼の未亡人を非常に悲しく思います。」と、教会葬儀サービスの所有者グレッグ・クラークは支持者に話しました。「これは彼女の意図するところではありませんでした。」