ゲイツは、現在入手可能なCOVID-19ワクチンの最大の支持者の
一人であるにもかかわらず、自分が懸命に支えてきた
ワクチン産業の失敗を認めています。


Bill Gates admits COVID-19 vaccines don't stop viral transmission - Rebel News

ビル・ゲイツ、COVID-19ワクチンではウイルス感染を
防げないことを認める

ゲイツは、現在販売されているCOVID-19ワクチンの最大の支持者の一人であるにもかかわらず、自分が精力的に支援してきたワクチン産業の失敗を認めています。

billgates-thumbnail2

マイクロソフト社の創業者で大富豪のビル・ゲイツ氏は、先週のインタビューでCOVID-19ワクチンについて語り、その中でワクチンがウイルスの感染を止めるものではないことを認めています。

「感染を防ぐワクチンはありませんでした」とゲイツ氏は、ウイルスに対抗するために利用可能な手段について語っています。「私たちは健康に役立つワクチンを手に入れましたが、感染をわずかに減らすだけです。ワクチンの新しい方法が必要なのです。」


ゲイツ氏は、現在入手可能なCOVID-19ワクチンの最大の支持者の一人であるにもかかわらず、自分が精力的に支援してきたワクチン産業の失敗を認めています。

ゲイツ氏は、ワクチンパスポートを世界的に普及させるために資金援助をしています。彼は、権威主義的な監禁を推進し、擁護してきました。彼は、すべての男性、女性、子供にこれらのワクチンを注射することを積極的に推進してきました。

しかし今、ゲイツ氏は、現在のCOVID注射には感染を阻止する効果がないことを認め、公言しています。

さらに興味深いのは、ビル・ゲイツ氏がこのような発言をすることが何の問題もなく許されている一方で、他の個人がこのような主張をすると、インターネットの検閲によって即座に取り締まられるという事実です。

例えば、Googleが運営する動画共有プラットフォーム「YouTube」は、最近、検閲方針を拡大し、すべての医療やワクチンに関する「誤報」を禁止することにしました。その中には、特に「ワクチンが病気の感染や発症を抑えないという主張」の禁止が含まれています。

また、「YouTubeにおける医療情報の誤報に関するポリシーを拡大し、地域の保健当局やWHOによって安全性と有効性が承認・確認されている現在投与されているワクチンに関する新しいガイドラインを設けました」としています。


興味深いのは、WHOに関することです。ビル・ゲイツ氏は過去10年間で、WHOの中で米国政府に次ぐ第2位の寄付者となりました。

ビル・ゲイツ氏がCOVID-19ワクチンはウイルス感染を減少させる効果がないと述べている
インタビューは、YouTubeのプラットフォーム上でホストされていますが、YouTubeの新しいポリシーに違反したとして削除はされていません。
 
※ワクチンの失敗を認めつつも新たなパンデミックの準備をするよう期待
ビルゲイツ:世界の政府にワクチンに反対する者を処罰するように要請 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)