What's In the Vaxx? Transgenic Hydra And Parasite Implants Used As Rapid Human Cloning Weapons System (redvoicemedia.com)
※今まで読んだ中で最高の記事でした。最後まで読めばきっと驚くでしょう.....
厚生労働省と製薬会社は悪魔です
ワクチンの中身は?遺伝子組み換えのヒドラと
寄生虫のインプラントが迅速な人間のクローン
を作る兵器システムとして使用される

スクリーンショット (160)

アリヤナ・ラブ博士

私たちが直面しているトランスヒューマニストのディストピアの悪夢は、いわゆるCovid-19「ワクチン」に含まれるヒドラ・ヴァルガリスとパラサイトの衝撃的な発見によって、新たな展開を見せました。 
参考:
ヒドラ・ヴァルガリス : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ヒドラ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

キャリー・マデイ博士が2021年9月29日のシチュー・ピーターズ・ショーでヒドラの発見を明らかにしたのに続き、ザンドレ・ボタ博士がワクチンを投与された患者の血液中に微細な自己組織化医療機器の驚くべき発見を発見したという衝撃的な出来事がありました。赤血球は危険なほど変形し、凝固しており、彼女は15年間の血液医師としての経験の中でこれまでに見たことのないものだと言います。

ファイザーとモデルナのCovid-19ワクチンからヒドラ・ヴァルガリスが確認されました。

その約10日後、フラン・ザレフスキ博士により、ファイザー社のバイアルからも「アレ」特定されました。彼は科学を新たなレベルに引き上げ、ヒドラの化学分析を行い、この生物の化学物質にはアルミニウム、炭素、ブロムが含まれていることを明らかにしました。これは、ヒドラが人間に注入される前に遺伝子組み換えされていることを意味します。また、医師は小瓶の中に寄生虫を確認しました。
ワクチンに新たな寄生虫が発見される : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

image-1

製薬会社の研究者であるジェーン・ルビー博士は、
シチュー・ピーターズ・ショーでザレフスキ博士の発見について重要な解説を行い、眠っているヒドラの「卵」がグラファイトテープと熱にさらされると非常に活発になることを強調しました。

8月初め、ロバート・ヤング博士は4つのCOVID19バイアルから寄生虫やその他の恐怖を確認しました。ジェーン・ルビー博士が再びシチュー・ピーターズに加わり、ヤング博士の発見について重要な解説をしてくれました。
透過顕微鏡でワクチン成分を調査(寄生虫も確認) : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

また、調査報道ジャーナリストのラモラD氏は、ヤング博士が発見した寄生虫についてさらに詳しい情報を提供してくれ、10月には暴露記事を掲載しました。


7月、ラキンタコルムナは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの4つの「ワクチン」を調査し、ファイザー・ビオンテック社の血清中に、毒性のあるナノ金属微粒子、特にナノ酸化物が大量に含まれていること、脂質ナノ粒子と寄生虫トリパノソーマ・クルジーが検出されました。

ファイザーの内部告発者であるカレン・キングストンは、7月にシチュー・ピーターズ・ショーに出演し、酸化グラフェンがCovid-19のすべてのワクチンに含まれていることをプレゼンテーションで説明してくれました酸化グラフェンは、特許出願書類には記載されておらず、人体に有害であることが知られているため、意図的に企業秘密として隠されていました。

これらの恐ろしい発見の結果、私は酸化グラフェンのナノ粒子と毒性について独自に研究し、「酸化グラフェンはCovid-19デモシドのためのベクター」という記事を書きました。酸化グラフェン・ナノ粒子によって、人類がいかに飽和状態にあるかを、無数の方法で明らかにしています。

また、酸化グラフェンを体外に排出するためのプロトコルについては、こちらの記事で紹介しています。

Covid-19ワクチンに含まれる成分を見れば、誰もがその摂取を思いとどまるはずです。
現在、バイオテック製薬業界が公表していない毒物やその他の恐怖物があることは明らかです。

カレン・キングストンは、シチュー・ピーターズ・ショーで、これらの恐るべき発見を特許申請書と領収書で裏付けました。キングストンは、ワクチンは「服従プラットフォームへのゲートウェイであり、スコアに従わない場合は処刑プラットフォームになる可能性がある」と説明しています。

インフォームド・コンセントが放棄されているため、人々は自分がスマートデバイスや生物兵器を注射されていることを知りませんでした。また、特許では、ワクチンを投与された人が「スーパースプレッダー」となり、健康な人に致命的な病原体を感染させることが、ファイザーによってすでに知られていたことも明らかになっています。

これらのワクチンにはAIの要素があり、「彼らはアメリカ国民を人工知能に置き換えることを約束している」とキングストンは説明します。さらに、「香港では、今すぐにでもアメリカ人をロボットに置き換える準備ができている」と明かしています。

バイオテックのワクチン成分が特許申請書では明らかにされていないため、私はヒドラヴァルガリスと寄生虫に関する科学的な査読付き研究を調べ、なぜ人間に注射されるのかを確認しました。

機能の獲得

私がここで書いていることはすべて、過去数十年に及ぶ科学的躍進と技術開発に関するオープンソースの査読付き文献から得られた証拠に基づいており、この記事にもリンクが貼られています。この情報はSF的でスリリングに聞こえるかもしれませんが、この技術はすでに導入されており、今こうしている間にも子供たちの血管に注入されているのです。私がそうであったように、ご自身で研究結果をお読みください。

DNAのハイブリット化は、1980年にナドリアン・シーマンが自己組織化ナノ構造の構築を始めたことから始まりました。ヒドラ・ヴァルガリスのトランスジェネシス技術は、過去30年の間に開発されました。これは、ある種の遺伝子や生物を別の種に移すことで、新たなクローン種を作り出すプロセスです。

ヒトゲノムプロジェクトは2,000年前に始まり、ヒドラは、ヒトゲノムアセンブリにおいて、ヒトの遺伝子をサイレンシングするために使用されています。

Superparamagnetic-nanoparticle-Benthan-Scienbce-Publishers

メッセンジャーRNA(mRNA)、SPIONS超常磁性酸化鉄ナノ粒子)、薬物や化学物質を含むDNAコーティングされた脂質ナノ粒子、遺伝子組み換えヒドラ、寄生虫などはすべて、人間の免疫システムを回避する「オペレーティングシステム」の一部です。

この「オペレーティングシステム」については、モデルナ社自身のウェブサイト、こちらから参照してください


酸化グラフェンシートを使って全身の細胞の細胞膜を切り開き、プログラム可能なナノロボットを細胞核に到達させて、望ましくない遺伝子をオフにし(遺伝子サイレンシング)、人工的な遺伝子配列をコーディングする。このプロセスをバイオハッキングと呼びます。

ロバート・マーティン博士によると、酸化グラフェンシートは、接種後15分以内に人体のあらゆる細胞膜を切り開くことができると言います。

DARPA(米国国防高等研究計画局)は、種を超えたゲノミクスのためのタンパク質とゲノムの配列調整の開発に部分的に資金を提供しました。トランスジェニックなヒドラを用いた機能の獲得および機能の喪失研究は、ファウチとNIHの資金提供を受け、中国の武漢研究所、米国と中国の大学で開発されました。その科学的成果は2013年に発表されました。


2017年8月26日から28日にかけて、中国・北京で「DNAナノテクノロジーに関する第6回国際ワークショップ」が開催され、フォーラムでは自己組織化されたDNAナノ構造の応用例が紹介されました。

キメラ・スパイクタンパク質

誰もがが話題にしているCovid-19 ワクチンに含まれる「スパイクタンパク」は、レンチウイルスと呼ばれています。「レンチウイルス」には、HIV1~3型、SRV-1/AIDS、MERS、SARSが組み合わされている。レンチウイルスは、HIV 1-3型、SRV-1/AIDS、MERS、SARSを組み合わせたものであり、これまでに開発された生物兵器の中で最も致命的な「機能獲得型」です。


スタンフォード大学の研究によると、レンチウイルスとは「人間において長い潜伏期間を特徴とする慢性的で致命的な病気を引き起こすレトロウイルス属」であることが明らかになりました。長期的な遺伝子発現を可能にします。レンチウイルスで最もよく知られているのは、エイズの原因となるヒト免疫不全病原体です。Covid-19の接種後に自己免疫や神経変性の低下が見られるのはこのためです。これはプリオンと呼ばれる誘発状態です

レンチウイルスのキメラカクテルのmRNAは、侵襲的な手順でヒト細胞のDNAに挿入され、その細胞のゲノムを恒久的に変化させます。

宿主細胞の細胞質内に入ると、脂質でコーティングされたナノボットがレンチウイルス内の逆転写酵素を取り込んで、通常のパターンとは逆に、mRNAのゲノムからDNAを生成します、これがレトロです。

ヒドラ2.0ゲノムアセンブリ

ヒドラは種を超えたゲノム解析に使われています。キエフ大学の研究室で遺伝子組み換えを行いトランスジェニッククローンのヒドラを生産しています。2006年以降、何千もの胚にマイクロインジェクションを行い、ヒドラ・トランスジェニックの施設では約200のトランスジェニック・ラインが確立されています。

ヒドラを用いた形態形成と幹細胞制御は、ヒトの神経生物学的機能の学習と細胞の生体内追跡のために開発されました。トランスジェニック・ヒドラは、形態形成(組織や細胞の成長)中の個々の幹細胞を生体内で追跡することができます。

トランスジェニック・ヒドララインは、細菌に含まれる自己複製するDNAから作られたプラスミドDNAを胚にマイクロインジェクションすることで生成される。これは、遺伝物質(DNA)の永久的な伝達可能な変化であり、その結果、タンパク質の生産量が減少する。2つの種の融合は、トランスフェクションと呼ばれる「クローニング」プロセスです。トランスジェニックなヒドラのポリプの新しい世代は、子孫にキメラの遺伝子発現を再現し続けます。
スクリーンショット (1)
これらの遺伝子組み換えヒドラポリープは、今や遺伝子コード化されたベクターであり、人間をトランスフェクトする目的でプログラムされた様々な合成ゲノム配列とmRNA(メッセンジャーRNA)を運んでいます。ヒトの体内に入ったトランスジェニック・ヒドラ・ポリープは、ヒトの先祖代々の回路を再配線し、制御する役割を果たすのです。

BLAST配列技術は、新しいDNA配列を作成するために使用されており、種間の類似した遺伝子配列を見つけ、転写を目的とした同種および異種間の遺伝子スプライシングのためのアライメント機能を果たしている。

タンパク質は、遺伝子の発現を調節する。遺伝情報を蓄える核、化学エネルギーを生み出すミトコンドリア、ミトコンドリアの配列を作るmRNAを利用してタンパク質を組み立てるリボソームという細胞小器官を対象とした技術です。

2017年にドイツで行われた機能獲得研究プロジェクトでは、RNAの抽出と定量的逆転写-ポリメラーゼ連鎖反応、つまり逆遺伝学を用いて、ヒドラのとCRISPR/Cas9を使って遺伝子をノックアウトしたり、ノックダウンしたりする方法が示されています。
mRNAワクチンを介して脳をコントロール : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


Covid-19オペレーティング・システムの遺伝子改変されたヒドララインは、まずキメラ遺伝子配列(レンチウイルス)でコード化され、次にCRISPR-Cas9技術とエレクトロポレーションを用いてヒト細胞にコード化されます。

金のプログラム可能なナノロボットに取り付けられた電極が、人間の細胞にトランスフェクションを行い、神から与えられた生来の遺伝子配列を沈黙させキメラ・スパイクタンパク(レンチウイルス)の合成遺伝子配列を無限に再現するように細胞をコード化する。もっと簡単に言うと、あなたの細胞は、注射されたキメラ病原体の新しい遺伝子配列で、何度も何度も自己複製し続けることになります。


ヒドラを人間に移植するためにキメラ化された致死性細菌の1つは、人間の感染症の約36%を引き起こす大腸菌です。この研究は、検索すればすぐに見つかります。

これは非常に悪質なバイオテロ攻撃です。

寄生虫

寄生虫も細菌と一緒にトランスフェクションされ、ヒトのDNA結合や遺伝子配列決定のためのトランスフェクションベクターとして使用されます。寄生虫は、薬剤を回避したり、免疫システムから逃れたり、遺伝子を制御したりすることができます。

スタンフォード大学で開発された「ヒトマラリアゲノムプロジェクト」では、CRISPR技術と、寄生虫の内部で急速に複製できる細菌プラスミドを使用しました。細菌プラスミドを寄生虫にトランスフェクトし、一連の遺伝子をコードする分子を破壊したのです。その研究の中で、科学者たちはマラリア原虫にルシフェラーゼをトランスフェクトし、それを人間における遺伝子ターゲティングやトランスジーン発現に利用することにしました。

T. ゴンディとP. 熱帯熱虫などの寄生虫が研究に使われました。重要なのは、P.熱帯熱膜からDd2と呼ばれるクロロキン耐性のトランスジェニック寄生虫株を設計したことです。

ルシフェラーゼ

また、ヒドラポリープは、ルシフェラーゼというホタル由来の緑色蛍光タンパク質を過剰に発現させたキメラタンパク質でコード化されています。このように、遺伝子導入されたヒドラは、あなたの細胞をコード化するためのRNAトリガーを持ち、ヒトの細胞での遺伝子サイレンシングにつながるのです。

ホルスタインの研究室では、HyWnt3プロモーターに対するHySp5の抑制活性を調べ、ヒトHEK293T細胞でDNA結合のルシフェラーゼレポーターアッセイを行い、ヒト組織に侵入してヒドラをヒトに移植しました。

トランスジェニックのヒドラと寄生虫は、トランスフェクションの際に複製され、ヒトに融合する。それらは導入遺伝子(ルシフェラーゼとレンチウイルス)とともに上皮細胞のいずれかの系統に組み込まれ、ヒト宿主に同化する。ヒドラのヒトへの移植は、誘導されたヒドラを「インプラント」として用いるホモプラスティック移植と呼ばれます。

上皮細胞は、細胞のシグナル伝達を担う幹細胞の系統です。トランスジェニック・ヒドラレポーター遺伝子は、神経ネットワークのニューロンのように、ヒトの体内で互いに細胞シグナルを発している。トランスジェニックヒドラの細胞シグナルは、カテニンシグナル伝達と呼ばれるプロセスでヒトの細胞シグナルと合成されるようになります。これは、ヒトの遺伝子の変異によって、ヒドラ内のアクチベーターを発現するプラスミド(HySp5-2992:Luc)に対するアップレギュレーション(細胞応答)によって誘導されます。

遺伝子導入されたヒドラや寄生虫は、酵素を空間的に組織化してプログラム可能な酸化還元酵素カスケード経路を作り、ヒトの予測可能な電気化学的シグナルの発生を変化させることで、ヒトを誘導します。新たに確立された合成遺伝子の配列は、トランスジェニックなヒドラ、寄生虫、そして新たにハイブリッド化された人間の間で共有されるようになりました。

実際、バイオテクノロジーのキメラ・オペレーティング・システムは、内因性の神経幹細胞を再誘導することで、人間に新しい神経ネットワークを確立し、人工脳を作ります脳インプラントは記憶を消去して新しい人工的な記憶を植え付けることができ酸化グラフェンは「脳のささやきを聞く」ことが可能となります。

カリフォルニア大学デービス校とライス大学の科学者チームは7月、神経経路と人間の行動をコントロールするために、ヒドラ・ヴァルガリスと人間の神経系を操作して「新しい脳を下から作り上げる」と豪語していました。この技術は、「ヒューマン・ブレインプロジェクト」を通じて過去10年間に開発されたものです。

欧州連合の15億ユーロのグラフェン・フラッグシップ・プロジェクトでは、「将来のブレイン・コンピュータ・インターフェース」のためのグラフェンベースのインプラントが開発されました。彼らの言う「インプラント」には、遺伝子組み換えのヒドラが含まれているのではないかと疑ってしまいます。

グラフェンインプラントは、脳の電気的活動を極めて低い周波数で広範囲に記録することができ、「0.1Hz以下にある豊富な情報を解き明かすことができる」と言います。

「2045」と呼ばれるロシアの構想は、人類が「さらなる進化のために必要な概念的ガイドラインの完全な喪失の淵に立っている」という理由から、「人間自身の改善」のためにニューラル・インターフェースを使用しようとしています。これは、全人類のクローンを作ろうとする優生学主義者の反人類的な考え方を示すものです。

また、蛍光(ルシフェラーゼ)を発するヒドラは、外部から電界をかけてどの程度の電圧に耐えられるかをテストした。これは、「将来的に、発達中の組織で細胞内の成分を再配分する実験手段として電界を使用することを容易にするため」です。
これは、ヒドラが5Gの周波数に耐えられるかどうかをテストするためではないでしょうか?

オペレーティング システム

ヒドラや寄生虫は、レポーターシステムとしても機能する。ルシフェラーゼは、青から紫外域の光を浴びると鮮やかな緑色の蛍光を示すので、バクテリアを外部から追跡することができます。興味のある遺伝子は、トランスレギュレーションと呼ばれる方法で、特許権者が時折オフにしたり、任意にオンにしたりすることができます。

つまり、あなたは24時間365日外部から追跡されるだけでなく、外部からコントロールされることになります。あなたの特許権者は、トランスジェニック・ヒューマンのための真核生物ゲノムアノテーション・パイプラインを通じて、外部のデータベースを介してあなたの遺伝コードをアップレギュレートしたりダウンレギュレートしたりすることができます。


スターリンク衛星ネットワークの「精密追跡宇宙システム」が防衛に関係していると思っていましたか?心配しなくても、彼らがあなたのドーパミンレベルを解決する限り、あなたは何も所有しないで「幸せ」になれます。

ADDGene社は、ヒトへの遺伝子導入用のベクターとして使用する様々なCRISPR寄生虫を販売しています。これは「ワクチン」ではなく、遺伝子のノックアウト(サイレンシング)、人工的な遺伝子の配列決定(コーディング)、体内のトランスフェクションを監視(トレース)することで、人間を急速にクローニングするための武器システムです。


ProSplignは、世界的なタンパク質とゲノムのアライメントツールであり、一本鎖のRNAテンプレートから逆転写酵素を触媒にしてヒトDNAを簡単に合成することができます。

ADDGene社は、トランスジェニックなヒドラを使用したレンチウイルスエンベロープとパッケージングプラスミドも提供しています。彼らは、ヒドラの新しいニューラルネットワークを構築するために、ヒドラ・ヴァルガリスを使った「オーバーラップしない神経ネットワーク(彼らの言葉)を提供している。同じ技術が人間にも適用されます。

また、キャリー・マデイ博士は、シチュー・ピーターズ・ショーの最新のインタビューで、ワクワクするようなOSが人間の中で人工的な神経ネットワークを構築していることを明かしています。

ADDGene社は、「遺伝子発現の低下」に利用されているHSV(単純ヘルペスウイルス)の必須転写活性化ドメインであるVP16(virion protein 16)のC末端ドメインとtetRを融合させた、遺伝子発現のオン/オフを行うテトラサイクリンオフシステムを提供しています。これには、大腸菌とレンチウイルスのキメラが使われています。

ヒドラのゲノムアセンブリでは、イルミナというナノDNAキットを提供しています。イルミナ社は、2007年にヒトゲノムの配列決定コストを100万ドルから1,000ドルに引き下げる方法を考え出しました。

ルシフェラーゼを注入し、コンピュータを介してターゲットとなる遺伝子をコード化した後、公開されているGalaxyサーバーを介してヒトにマッピングし、「微分発現解析」を行います。タンパク質をターゲットにして、上方制御や下方制御を行うことができます。

また、ベクターバイオラボでは、ヒトsp5 shRNAサイレンシング用のアデノウイルスを販売しています。特定の遺伝子の発現をノックダウンする(ジーンサイレンシング)ためのノックアウトベクターシステム(アデノウイルス)は、ベクタービルダーがオンラインで販売しています。人工的なゲノム配列を作成したり、異なる生物種のゲノムを結合することができます。

ヒドラアトラスのウェブサイトではヒトのDNA配列を予約することができます。

ゲノムデータビューア(GDV)はヒトゲノムプロジェクトの一環として配列決定された、主に完成したヒトのクローンから、ヒトのゲノムアセンブリー(DNA配列)を選択するのに役立ちます。

VIGENEは、お客様の遺伝子サイレンシング実験のために、複数のshRNAクローニングオプションを提供しています。プラスミド、アデノウイルス(AAV)、レンチウイルスをパッケージ化しており、目的の遺伝子を少なくとも70%ノックダウンすることを保証しています。ヒトゲノムをターゲットとした27,000以上のshRNAプラスミドセットのカタログがあります。

この表は、第2世代および第3世代のレンチウイルス技術で使用可能な一般的なレンチウイルスのエンベロープおよびパッケージングプラスミドの一覧です。

ADDGeneのレンチウイルスゲノムは、CRISPR gRNAを用いて感染時に標的細胞に届けられます。レンチウイルスのゲノムは、「研究者」(あるいは特許権者や大手製薬会社)が特定の標的細胞に届けたい遺伝物質をコード化したものであることを説明している。ゲノムは「トランスファープラスミド」と呼ばれるプラスミドによってコード化されており、このプラスミドはさまざまな遺伝子産物をコード化するように変更することができます。

ADDGeneによると、同社のDNAターゲット酵素は、ターゲットとなるRNAやDNAを削除、挿入、またはその他の方法で変更することが非常に多いとのことですので、偽のメディアに惑わされないようにしてください。

レンチウイルスプラスミドは、ADDGeneのここで注文することができます。

行動制御

ベクターバイオラボは、ヒト SP5のノックアウト(遺伝子サイレンシング)のためのshRNAを発現するアデノウイルス(AAV)を提供しています。動物実験でこの技術を開発する際、4週間後に社会認識、空間学習、記憶が損なわれました。

アデノウイルスベクターおよび薬物を用いた逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を用いた動物実験では、脳のコーパス線条体を標的にしてハンチントン病を誘導することができ、神経変性と運動行動障害の100倍をもたらした。アデノウイルスベクターと薬剤を用いた逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)による動物実験動物実験では、脳の線条体を標的にしてハンチントン病を誘発し、100倍の神経変性と運動行動障害をもたらしました。

生殖と生殖能力

遺伝子導入されたヒドラは、男性の精巣や女性の卵巣にある胚性細胞や、神経細胞を主なターゲットとして、遺伝子の抑制を誘導するために使用されます。これが、接種後に神経細胞の変性(プリオン)が見られる理由です。また、「ワクチン」を接種した妊婦の82%が自然流産しているのも説明がつきます。

マウスの受精卵の前核に外来DNAをマイクロインジェクションして、次世代の遺伝子発現をコントロールする方法が2008年に完成しています。


遺伝子の発現をコントロールするのはタンパク質です。ヒトSP5(shRNAサイレンシングAAV)は、染色体2q31.1に存在する遺伝子で、トランスジェニックヒドラは、GC-boxプロモーター要素に結合するタンパク質をコードしており、発生途上の胚で起こる転写の複雑な変化を調整する役割を果たしていると考えられています。

Wnt-3は、ヒトではWNT3遺伝子にコードされるタンパク質です。 これらのタンパク質は、がんの発生や、胚発生時の細胞運命やパターニングの制御など、いくつかの発生プロセスに関与していると考えられています。

ここで私が言いたいのは、OSがDNA結合、下方調節、トランスジェニックなヒドラを使って遺伝子を上方調節し、ヒトの胚や胎児の細胞をターゲットにして、Wnt/β-カテニンシグナル伝達経路に遺伝子を結合することから発生学的な変化をもたらすということです。

この意味がわかりますか?遺伝子組み換え、クローン、ハイブリッド化されているのは、ワクチン接種者だけではなく、その子孫も同じなのです。もちろん、ワクチンを打った後に、まだ生殖能力があればの話ですが。ほとんどの人は不妊手術を受け、その赤ちゃんは中絶されることになります。これは人間のクローンを作る実験であると同時に駆除でもあるのです。

レトロウイルス導入遺伝子(レンチウイルスとルシフェラーゼ)のマイクロインジェクションは、ゲノムにランダムに統合されるため、ワクチンを受けた人やそのハイブリッドの子孫に多大なリスクをもたらします。これにより、1つまたは複数の塩基対が追加されることで、DNAに奇妙で予測不可能な変異が生じる可能性があります。これこそが、私たちが異常な突然変異を目にする理由であり、医師がヒドラのような触手を持つ血栓を10代の若者から取り除く理由なのです。

キャリー・マデイ博士は、Covidワクチンを受けた10代前半の女性の心臓から摘出された、ヒドラのような突然変異で増殖した血栓の画像を紹介しています。

それでもまだ納得できないという方は、2021年10月2日に開催された第78回米国内科医・外科医協会年次総会で、ピーター・マッカロー博士がこのバイオテクノロジーと、キメラ・スパイク・タンパク質がどのようにして人間の細胞にコード化されていくのかを説明しているのをお聞きください。

それは「致命的なタンパク質です」とマッカロー博士は説明します。「ワクチンを注射して、致命的なタンパク質を作るように人体に要求するのは、医学の世界では初めてのことです」

Covid-19の血清は、表面上はただの透明な液体に見えますが、顕微鏡で見ると、人類のクローン化と絶滅を目的とした生物兵器システムであるコンピュータ・インターフェース・オペレーティング・システムの多くのコンポーネントをすべて目で見ることができます。



最後の注意

デトックスプロトコルとジャブから血栓につながる血液凝固カスケードを混乱させるか、送信の悪影響からあなたを保護するプロトコルのためのより多くの情報をご希望の場合は、直接私に連絡してください:  metanutrients@mailfence.com

ゲストライター:アリヤナ・ラブ博士

さらに詳しい詳細は、彼女のブログで見つけることができます。