インドのテレビは、COVIDショットのためのファイザーいじめや恐喝国を公開する - 「絶望的な国は屈辱的な譲歩を強制する」 (humansarefree.com)
インドのテレビが、ファイザー社がCOVID注射のために各国をいじめ、脅迫する様子を暴露 - 「必死の国が屈辱的な譲歩を強いられる」


インドのゴールデンタイムの人気番組「WIONグラビタス」は、同時多発的な問題や世界中のニュースや議論を視聴者に提供していますが、最近のエピソードでは、ファイザー社がショットのために各国をいじめたり脅迫したりして、利益を追求するために強硬な態度をとっていることを暴露しました。

Indian-Television-Exposes-How-Pfizer-Bullies-and-Blackmails

ブリック・シチズンという非営利団体が、ファイザー社の交渉内容の一部を編集せずに機密扱いにした契約書を入手しました。契約書には、ファイザー社がいかにして各国が契約について話すのを阻止し、ワクチンの寄付を阻止し、納入スケジュールを一方的に変更し、公的資産を担保として要求できるかが書かれています。

ファイザー社、COVID-19ワクチンの担保として銀行預金、軍事基地、大使館ビルを要求:Pfizer Demanding Bank Reserves, Military Bases And Embassy Buildings As Collateral For COVID-19 Vaccines (humansarefree.com)

パブリックシチズン
は、「この契約は、100年に一度の公衆衛生上の危機において、一製薬会社が政府を黙らせ、供給を制限し、リスクを転嫁し、利益を最大化するために得た力を垣間見せる貴重なものである」と報告しています。

下の表は、ファイザー社が契約を結んでいる国の一例です。

Screen-Shot-2021-11-01-at-11.50.56-AM-1451x1536

グラビタスのキャスター、パルキ・シャルマ・ウパディヤイは、絶望した国々がファイザーに屈辱的な譲歩を迫られているという 重大な事実が判明したそうです。以下は、明らかになったファイザー社との契約に関する6つのポイントです。

1.ファイザーは政府を黙らせる権利を持っている - ファイザーは、契約を通じて各国政府を黙らせている。ファイザー社は、各国の政府に対して、注射薬の取引について話さないように強要しています。

2.ファイザーが注射剤の流通をコントロールする - ファイザーは、注射剤を購入した国ではなく、注射剤の寄付をコントロールします。注射薬の行き先はファイザーが決める。

3.ファイザーが自ら「知的財産権放棄」を確保 - ファイザーが知的財産権の窃盗で訴えられた場合、政府が支払うのではなく、会社が支払う。

4.公的な裁判所ではなく、私的な仲裁人が秘密裏に紛争を決定する - 紛争が発生した場合、公的な裁判所ではなく、私的な仲裁人が紛争を決定する

5.ファイザーは国家資産を追求できる- ファイザー社は補償金を確保するために国の資産を狙うことができる。

6.ファイザーが重要な決定を下す–デリバリーのタイムラインなどをファイザーが決定する。

パブリックシチズンのウェブサイトでは、各箇条書きの詳細な分析を読むことができますし、こちらからレポートの全文をダウンロードすることもできます。

WIONチャンネルビデオは、Youtubeで36,000の「いいね!」と約7,000のコメントを集めています。驚いたことに、Youtubeはまだビデオを削除しておらず、チャンネルを禁止していません。


インドのプライムタイムショーは、ファイザーいじめや恐喝国のショットの仕組みを公開します (rumble.com)

ソース: TheGatewayPundit.com


過去記事:秘密のファイザー契約が流出 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)