以前の記事:
自己組織化した黒い車輪:グラフェンナノシート? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
スクリーンショット (118)

で、たぶんこれじゃないのか?と思う動画を見つけました。
スクリーンショット (150)
https://youtu.be/00sRZL11wzo

2021/01/09
不思議な自己組織化した黒い車輪がどんどん出てきます


酸化グラフェン=ナノボット 666テクノロジーがあなたの血管と脳に

酸化グラフェン:別名ブラックグーはワクチンに含まれています。

ケムトレイルで散布されています。

食品にも含まれています。

今、彼らは、それが何か良い目的のためであるという考えを、あなたに売り込もうとしています。

ビデオの下にあるコメントを読んでみてください。
ビデオの中の医師に注目してください。

中国の武漢研究所と大学が、ファウチ、ソロス、ゲイツと協力してジャブを作っている中国共産党の医師たちです。

貨物船には酸化グラフェンダークエイリアンETオフワールド悪魔の技術で処理された中国からの食品が積まれている...それを入れず、すべて海で腐らせている。(船が沖合にある理由の一つでしかありませんが)

グラフェンのマイクロモーターが回転する

ケミカル&エンジニアリングニュース
2021年1月9日

研究者たちは、グラフェンかららせん状の磁気応答性マイクロモーターを作る方法を発見しました。詳細と参考文献はこちら

マイクロモーターは、いつの日か、排水の中を疾走して汚染物質を拾ったり、血流の中を疾走して薬を運んだりすることができるようになるかもしれません。

研究者たちは、これらの小さなデバイスを推進するために、化学燃料や磁場など、さまざまな戦略を開発してきました。今回、研究者たちは、グラフェンかららせん状の磁気応答性マイクロモーターを作る方法を発見した。

グラフェンは、簡単に機能化でき、高い表面積をもつため、マイクロモーターにとって魅力的な素材です。

しかし、らせん状のマイクロモーターを作る現在の方法をグラフェンに適用するのは困難でした。そこで研究チームは、安価で簡単な方法でコイル状のモーターを送り出す方法を開発した。

研究チームは、このモーターがマイクロチャネルを航行する能力や、抗菌性の銀で武装した場合にバクテリアを殺す能力があるかどうかを調べている。カリフォルニア工科大学のマイクロロボティクス専門家であるWei Gaoは、「この研究は、グラフェンと磁力で動くマイクロモーターの長所を組み合わせたものであり、化学的に動くモーターよりも、環境浄化やバイオセンシングなどの実用的な用途に適している」と述べている。

マイクロ流体を用いた「マイクロスケール液体ロープコイル効果」でグラフェンベースのヘリカルマイクロモーターを構築|ACS Nano

あなたの中のナノロボット
https://youtu.be/YdjERhTczAs

 あなたの体の中には、常に何兆個もの自然のナノロボットが歩き回っていて、ゴミを出したり、DNAを包装したりしています。穏やかで整然とした生物の外観の下には、複雑な分子機械の集まりがあり、互いに協力して自分よりも大きなものを作り出そうとしています。物理学者であり、「Life's Ratchet」の著者でもあるピーター・ホフマンは、水面下の小さな都市を見せてくれる。

番組の全容はこちら:https://youtu.be/FzFY5ms3AUc

世界科学フェスティバルは、科学と芸術の分野で活躍する優れた人材を集め、一般の人々が科学的発見に触れることができるようなライブおよびデジタルコンテンツを制作しています。私たちの使命は、一般の人々が科学の知識を得て、その素晴らしさに感銘を受け、その価値を確信し、未来への影響に取り組む準備ができるように育成することです。