ヒドロゲルバイオセンサー:COVIDワクチンに使用される埋め込み型ナノテクノロジー? (thefreedomarticles.com)
参考:
酸化グラフェンナノバイオセンサーは何に使用するのか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ハイドロゲルバイオセンサー:埋め込み型
ナノテク、COVIDワクチンに採用?

著(1年前に公開)
hydrogel-biosensor

埋め込み型ハイドロゲルバイオセンサー

米国防総省とビル・メリンダ・ゲイツ財団は、シリコンバレーの Profusa 社と提携し、ハイドロゲルを用いたナノテクノロジーを開発しました。

米国防総省とビル&メリンダ・ゲイツ財団は、シリコンバレーの企業であるProfusa社と提携して、ハイドロゲル(ソフトコンタクトレンズのようなもの)で作られたナノテクノロジーを開発し、ワクチンをデリバリーシステムとして皮下に注入・移植できるようにしました。

このセンサー(正確にはバイオセンサー)は、米粒以下の大きさで、体に効果的に融合する。ナノテクの塊であるこのセンサーは、無線ネットワーク(5GによるIoT、Internet of Things)とリンクし、あなたやあなたの体に関する情報を当局に送信すると同時に、情報を受信することもできる。

Defense Oneのこの記事は、2020年3月にはすでに、バイオセンサーが2021年初頭にFDAの承認を得られる見込みであることを報じていたが、これはCOVIDワクチンの展開を期待するように言われているのと同じ時期です。


2つの部分からなるハイドロゲルバイオセンサーは様々なシグナルを放出する

DefenseOneの記事では、ハイドロゲルバイオセンサーの特性と容量の概要を紹介しています。

「センサーは2つの部分から構成されています。1つは、コンタクトレンズやその他のインプラントにも使用されている、ポリマー鎖のネットワークを持つ素材、ハイドロゲルの3mmのひもです。注射器で皮下に挿入されたこのひもには、特別に設計された分子が含まれており、体が感染と戦い始めると、体外に蛍光信号を送ります。もう1つの部分は、皮膚に取り付けられた電子部品です。これは皮膚を通して光を送り、蛍光信号を検出して別の信号を生成し、装着者が医師やウェブサイトなどに送信できるようになっています。咳などの他の症状が出る前に、病気に対する体の反応を拾うことができる皮膚上の血液検査室のようなものです。」

Profusaもまた、米国の軍産複合体とつながりのあるシリコンバレーの企業のひとつです。Profusa社のウェブサイトには、「体の化学状態を継続的に監視するための、組織一体型バイオセンサーのパイオニア」と書かれています。グーグル、フェイスブック、ツイッターなどの大企業も、Profusaのような中小企業も、軍事とシリコンバレーは一体化しており、NWO(新世界秩序)の重要な部分を形成している。

DARPA(国防高等研究計画局)は、より多くの人々を奴隷にしたり殺したりするためのエキゾチックな新しい致死技術を夢見ることを任務としている機関で、2011年にProfusaに資金を投じ、現在も密接に協力しています。

Profusaは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とも関係があります。
優生主義者であり、人口減少を唱えるゲイツがこの偽のパンデミックをほぼ単独で指揮しているのですから、驚くことではありません。

ビル・ゲイツは、ロンドンのインペリアル・カレッジに資金を提供していたことをご存じでしょうか。そのインペリアル・カレッジは、馬鹿げていて無分別なモデルを使って、実際には起こりえない破滅を予測していました。この記事によると、Profusa社は現在、インペリアル・カレッジと共同で研究を行っているとのことです。

Profusaのウェブサイトにはこう書かれています。

「このバイオセンサーは、体から切り離されるのではなく、体の組織の中で完全に統合されて機能します。金属製のデバイスや電子機器を一切使用しないため、体がバイオセンサーを拒絶しようとするのを防ぐことができます。現在までに、注入されたバイオセンサーは4年間も機能しています。米粒よりも小さいバイオセンサーは、長さ約5mm、幅約0.5mmの柔軟な繊維で、周囲の組織から毛細血管や細胞を誘導する多孔質の足場で構成されています。ハイドロゲルには発光する蛍光分子が連結されており、酸素やグルコースなどの体内化学物質の濃度に応じて連続的に信号を発する。」


異質な合成ナノテク物質で人体をハッキングする

Profusaは、あなたの酸素濃度、ブドウ糖濃度、ホルモン濃度、心拍数、呼吸数、体温など、あなたの全身の化学物質を知りたいと考えています。さらに、(女性であれば)月経周期、性生活、感情などを知る分野にも拡大することができると(明言されていませんが)考えています。

そして、これらの情報を何らかの医療機関に送信したいと考えています。もちろん、このデータが大衆を操作するために利用するNWOの陰謀家の手に渡ることは明白ですが。Profusaはこのプレスリリースを出しました。 

注射可能なボディセンサーは、個人の化学反応を携帯電話に近づける2018年の現実

彼らは人体をハッキングする技術を完成させ、合成物質や異物と認識されないように偽装した物体を受け入れるように騙しているのです。

持続血糖測定器に代表される従来のセンサーは、電極線が皮膚を貫通し、細胞を包む液体中の目的の化学物質を測定します。しかし、体が電極を異物と見なしてしまうため、炎症や瘢痕組織の影響を受けて電極が正確に機能しなくなるのを防ぐために、数日以内に電極を取り外し、別の場所に交換する必要がありました。Profusa社のチームは、ソフトコンタクトレンズのような組織状のハイドロゲルで構成され、1回の注射で痛みを伴わずに皮下に設置できる小型のバイオセンサーのシリーズを開発しています。このバイオセンサーは、体から切り離されるのではなく、体の組織の中で完全に統合されて機能します。金属製のデバイスや電子機器を一切使用しないため、体がバイオセンサーを拒絶しようとするのを防ぐことができます。


これは、
合成アジェンダによって、人間と機械が融合して「ヒューマン 2.0」を生み出すトランスヒューマニズムの未来に向かって、私たちが真っ逆さまに突き進んでいることを示しています。

この変更された人間は、金属やプラスチックのような合成部品で作られることが計画されています。最近の
記事では、アメリカ化学会(ACS)が、電子機器を体に組み込むことに近づいていると報じている。

transhumanism81_01

「シリコン、金、ステンレス、イリジウムなどの従来のマイクロエレクトロニクス材料は、移植すると傷がついてしまいます。デラウェア大学のマーティンは、「私たちは、生体以外のデバイスに使われている共役ポリマーのような有機電子材料に注目しました」と語る。「私たちは、電子ディスプレイの帯電防止コーティングとして商業的に販売されている、化学的に安定した例を見つけました」。研究チームはこれまでに、中毒行動に関与するドーパミンを含むポリマーや、ドーパミンを機能化したEDOTモノマーの亜種を作っている。マーティンは、このような生物学的合成のハイブリッド材料は、いつの日か人工知能と人間脳を融合させるのに役立つかもしれないと言います。最終的には、これらの材料が表面にどのように堆積するかを調整し、それを生体内の組織に入れることができるようになるのが夢だとマーティンは言う。「生体内で制御された方法で重合を行うことができれば、とても魅力的です。」

ハイドロゲルバイオセンサーインプラント計画は、NWOコントローラーがすべての人の血流にアクセスした場合にのみ機能する

NWOの視点から見ると、この計画を世界規模で成功させるためには、すべての人の血流にアクセスする必要があります。これは、世界中の多くの国や州、地域ですでに起こっている、あるいは話題になっているように、強制的なワクチン接種法が展開され続ければ可能です。

マサチューセッツ州では、学童へのインフルエンザ予防接種を義務付ける法律が可決されたばかりで、オーストラリアの首相はワクチン接種の義務化について話しています。

しかし一方で、
サウスダコタ州などでは、学校でのワクチン接種の義務化を禁止する法案が提出されています。ワープスピード作戦やその他の計画が全面的に推進される中、NWOはパンデミックの見せかけを継続し、急ごしらえで未検証のCOVIDワクチン(遺伝子(RNAとDNA)を改変する能力を持つ新しいタイプのRNAワクチンで、おそらくナノテクのハイドロゲルバイオセンサーを埋め込む能力を持つ)を展開するのに間に合わせようと必死になっています。

ビル・ゲイツ氏がこの技術の資金提供者の一人であることから、彼が「人類をマイクロチップ化しようとしているわけではない」と言っても、その言い訳は非常に弱いことがわかります。
*http://tapnewswire.com/2020/08/fda-nears-approval-of-injectable-biochip-implants-for-covid-detection-linked-to-computers/

https
://www.youtube.com/watch?v=pBeqn0962nk