グレッグ・リース: 食の安全を装った
ナノ粒子による全食料供給の汚染


Greg Reese: Nano Particles to Contaminate Entire Food Supply Under Guise of Food Safety (rumble.com)

科学者たちは、自分たちが開発したいわゆるワクチンを食卓に並べる方法を考えてきましたが、どうやらその方法が確立されたようです。米国化学会と中国共産党の4人の科学者がお届けします。

参考:
食用ワクチン:レタスやトマトにmRNAワクチン : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

1) https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jafc.1c05185
食の安全のために、機能的なハイブリッドマイクロ/ナノ物質が導入されています。農産物の食品に含まれる有害物質を検出するために - 実験的に有害物質を入れています。

2) https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7999655/
分子インプリントされたポリマー量子ドットは、あなたの食べ物や体に監視プラットフォームをインストールします。

3) https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33200757/
モレキュラー・インプリンティング・ポリマーにアップコンバージョン発光ナノ粒子を組み込んで、食べ物や体の化学分析を行う。

4) https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26053933/
アップコンバージョン発光性ナノ粒子、有機金属フレームワークとの組み合わせは、調整可能な多孔質金属であり、国際的な指令に準拠して栄養剤の調合を調整する力を持っています。

5) https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32045215/
磁性金属有機フレームワークは、ドラッグデリバリーを目的とした金属フレームワーク

6) https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0304389420303083
磁性共有結合有機フレームワークは、体内の食物を感知したり、

7) 
https://ibook.pub/determination-of-nereistoxin-related-insecticide-via-quantum-dots-doped-covalent-organic-frameworks-in-a-molecularly-imp.html
量子ドットを添加した共有結合型有機フレームワークは、殺虫剤の検出に用いられる。

健康的な食品を規制したいのであれば、有機栽培を促進するはずであり、金属ナノテクのカクテルを食品供給全体に注入するようなことはしないはずだ。