Those inoculated against COVID-19 will be more likely to develop AIDS - ORWELL CITY

COVID-19ワクチンを接種した人は
エイズを発症する可能性が高い

いくつかの研究発表によると、流行病のワクチンを接種した人は、エイズになりやすいと報告されています。




リカルド・デルガド:チリのcris_decoさんのコメントです。グラフェンに影響を受けて数ヶ月でエイズを発症すると主張する英語の研究を知っていますか?もし知っているなら、それについてコメントしてもらえますか?

セビラーノ博士:その通りです。単純に体が破壊されます。実際、後天性免疫不全症候群の定義は...。初期の頃は、後天性免疫不全症候群とは何かを正確に定義することに大きな問題がありました。なぜなら...、特にアフリカでは、飢餓がエイズを生み出すからです。飢餓がエイズを生み出すのです。アフリカで多くの症例が 増えたのはそのためです 。餓死する人もいる。これらはすべて後天性免疫不全症候群です。そのため、アフリカではエイズとは何かを定義する上で、非常に大きな問題がありました。長い間、すべてが捻じ曲げられていたということです。

私たちはこれに終止符を打たなければなりません。私たちはこの問題に終止符を打たなければなりません。

明らかに、ワクチンが免疫系に作用して、文字通り生きた心地がしません...。ワクチンのせいで体重が減り、癌になるまで病気になったりすると、後天性免疫不全症候群になってしまいます。

健康を害して慢性的な病気になり、体がそれを取り除こうとしている状態で、最終的には『エイズです。あなたはエイズに汚染されています』と言われるんですよ。人々がこれを使ってどのように進化していくかを見れば...。彼らはすでに、様々な用量でどのような効果が得られるかを知っている。最終的には、後天性免疫不全症候群を引き起こすことになる。そして、コロナウイルスでエイズが出現したと言い出すでしょう。

この人たちは、すべてを理解している。注射のせいで奇妙な写真が出てくると、彼らは自分たちが考えた説明をしてくれる。彼らは、医学的な知識を持った数人の頭脳を持っていて、この人たちが他人にする些細なことにも説明をつけてくれる。 そして、あれやこれやと別の説明を考え出すでしょう。

何か新しいものが出てくるたびに、彼らは「スパイクタンパク質のせいだ」と言いますよね。「いや、違う。あれもこれも...」。なんでもかんでも言い訳してくるんだよ。そして、エイズの件は全く驚きませんでした。

リカルド・デルガド:「だからこそ、当初はAIDSではなくANDSと呼ばれていた、後天栄養欠乏症候群です。」

セビジャノ博士:はい、それです。


Graphene oxide & Neuromodulation - ORWELL CITY

酸化グラフェンと神経変調
スクリーンショット (132)

新たな質問の中で、セビラーノ博士は、酸化グラフェンを体内に導入する目的についての質問に答えた。この導入には、「人口削減」と「神経衰弱」という2つの目的があります。


リカルド・デルガド:マドリード出身「こんばんは、リカルドさん、セビラーノ先生。なぜワクチンにグラフェンが使われていて、他の毒物が使われていないのでしょうか?ウェーブで人を焦がして殺し、生き残った人が神経変調を受けられるようにするためでしょうか。」

セビラーノ博士:私たちはそう考えています。両方です。可能性はあります。

今、この作戦の段階では、彼らは神経調節についてはあまり気にしていないと思います。それが私の考え、あるいは考えたいことです。

だからこそ、私たちは新しい波が来るかどうか待っているのです。血栓、梗塞、塞栓症、心筋炎、心膜炎、不整脈などの心血管の問題を引き起こすだけならまだしも、脳のレベルでも問題を引き起こすとしたら、その場合、彼らが行ったのは厚い素材を導入することだったからです。脳の血腫バリアを通過しないような十分な大きさのナノシートです。つまり、今、彼らがやりたいことは、殺すことなのです。

その後、神経調節を行う時が来たら、もっと小さなシートを貼って、バリアーを越えるようにするのです。そして、バリアーを越えれば、神経変調を行う。これは仮説ですが、次の波で人々がどのように病気になるかを見てみないと、私たちにはわかりません。

脳の津波が来ると言われていますから、すべてを同時に、一度の試みでやりたいというのは、あまり確信できません。私たちにはわかりません。

今のところ私たちが知っているのは、この2つの効果はいつでも求められるということです-両方同時にとまではいかなくても。
そして、いつでもそれがわかるような気がしています。

放射線が出始めるとすぐに、COVIDで倒れたり、脳の合併症で倒れたりする人が出てきます。また、いつでも神経調節が可能であることもわかっています。私の友人たちは、脳に到達した瞬間に、神経調節を行うことができるのです。