Algora Blog | Nonfiction for the Nonplussed

寄生虫の卵の孵化を発見した科学者, PCRテスト DNAを採取する

ポーランドの科学者が、ファイザーワクチンの5つのバイアルを入手したと主張しています。 彼はそれらを顕微鏡で研究し、化学分析に提出し、ファイザー社の注射の中の「卵」から新しいアルミニウムベースの生命体が孵化していることを発見しました。


ジャブ:科学者は孵化卵を発見し、注射後に生まれた寄生虫 (rumble.com)

シチュー・ピーターズ:「足と尻尾と頭があって、動いて、卵から生まれてくる。 そして、これらは人間に注入されている。」

ルビー:「ザレフスキ博士によると、これが発見されたものです。

※この記事と同じ寄生虫:
ワクチンに新たな寄生虫が発見される : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

アルミニウムベースの寄生虫

シチューピーターズショー - アルミニウムベースの寄生虫

キャリー・マデイ博士は、以前、モデルナ社とJ&J社の小瓶の中身を顕微鏡で調べた結果を明らかにしました。 彼女は、複数の小瓶の中に「生物」を発見し、それが「自己認識」していると直感しました。 それは触手を持ち、顕微鏡のスライドのガラスから自分自身を持ち上げていた。

フランツ・ザレフスキ博士は現在、ファイザー社の小瓶を使用して、「COVID」注射の中に「生きている」ものの存在を確認しています。 生きているものは、(人体の)温かさとグラフェンという「卵に栄養を与える」適切な環境に触れることで、孵化し、成長し、増殖していきます。 「卵」は一度に注入され、「グラフェン」は別の機会に注入されるのかもしれない。

これらの「寄生虫」は新しい生命体であり、明らかに合成された人工的な生命体であり、この場合はアルミニウムをベースにしている。

アルミの寄生虫? 正確には、頭が1つで、尻尾が3つあり、自己認識しているアルミニウムベースの寄生虫である。

ポーランドの科学者、フラン・ザレフスキ博士が言うところの「アレ」は、アルミニウム、炭素、臭素でできている(「意識関係の拡大」のウェブサイトでは、臭素ではなく「ホウ素」を意味していると訂正されている)


アーフィティシャル・ライフ? 合成生命? 
そんなことが可能なのか?  実は、2010年にクレイグ・ヴェンター氏のチームが、細菌のゲノムを一から構築して細胞に組み込み、世界初の合成生命体と呼ばれるものを作ったとガーデアン紙が伝えている。


「科学者たちは、世界初の合成生命体を生み出しました。これは、進化ではなく構築されたデザイナーズ・オーガズムへの道を開く、画期的な実験です。」

クレイグ・ヴェンター
遺伝子工学の起業家であるクレイグ・ベンターは、彼の研究チームがどのようにして新しい生命体を生み出したのか、そして次に何が起こるのかを説明します。

TINPの管理者によると、ファイザー社のCovid-19「注射器」の中に入っているザレフスキ博士の「アレ」は、温められた酸化グラフェンに触れると、「卵」から「孵化」し、動き、成長し、何らかの形で繁殖する......2010年にクレイグ・ベンター氏が発明した人工生命体をさらに発展させたもののようだと言います。

つまり、この「Covid-19」ショットには、人間の体温で生き、注射されたグラフェンを食べるアルミニウムベースの合成寄生生命体が含まれており、2020年に起こったとされるパンデミックへの緊急対応として、土壇場で作り出されたものではないということです。

これらの注射には、10年以上前から開発されている現象である合成生命が含まれていると思われる。


そして、これらの注射は医学的にも健康的にもメリットがない(免疫を与えたり、何かの感染を防いだりするものではなく、そのようにに設計されていない)ので、ここでは説明が必要な別の意図があります。

この関連記事では、フラン・ザレフスキ博士自身が彼の調査結果を紹介しています

上のビデオでは、ジェーン・ルビー博士が、フランシス・ザレフスキ博士がファイザー社の注射剤を5本入手し、すべてをテストしたことを報告しています。

5本のうち2本には生理食塩水が入っていました。生理食塩水は、基本的にはコンタクトレンズに使うもので、人体に適合した塩水です。 その2本にはプラセボが入っていました。 つまり、ファイザー社は意図的にプラシーボを注射薬の中に入れており、その内容は一貫していないのです。

なぜプラセボなのか?


ファイザー社が納税者に販売したいわゆるCOVIDショットの中に生理食塩水のプラセボショットが含まれていることは、英国の葬儀屋であるジョン・オルーニー氏を裏付けているようです。 オルーニー氏は、以前のシチュー・ピーターズ氏の番組で、この注射を広めるのに
「アドボケート」提唱者)という方法が使われていると警告していました。

ルーニーが言うには、もし注射器のトレイの中に、注射による死傷の原因となる化学物質が入っているものがあったとしても、生理食塩水などのプラセボが入っている注射器もあったとしたら、プラセボを手にした人は、それを「Covid-19」の「ワクチン」だと信じて、他の人に「ワクチンは大丈夫だから、他の人も受けなさい」と説くことになると言います。

現在、フラン・ザレフスキ博士が入手したファイザー社の5つのバイアルのうち2つに生理食塩水が入っていることがわかっています。 つまり、「提唱(支持)」という方法が実際に行われているという証拠があるのです。

プランデミックの陰謀者たちは、全員を一度に殺傷するのではなく、何人かの人間が注射の宣伝のために立ち去り、別の日に「殺しの注射」のために戻ってくることを望んでいるのです。

第1ラウンドで生理食塩水を受けた人は、その後、致死性の化学物質である「ブースター」で排除されます。


最後に、フラン・ザレフスキ博士の言葉を引用しておきます。「 CVサンプル」とは、ザレフスキ博士が入手したファイザー社製のいわゆる「Covid-19」「ワクチン」の小瓶の1つまたは複数を意味する。

最初のCVサンプル:そしてここには穴が見える(グラファイトテープを表面に使用していたため) たくさんの結晶があることに気づいたが、中にはグラファイトさえも多少溶けてしまうほど「攻撃的」なものもあった。私は何かを見つけたと思った。もちろん検査をしてみると、それは塩であることがわかった。この液体は塩水であることがわかった。他には何もない。
最初のサンプルでは何も見つからず、すべてが乾いてしまい、塩さえも気にならなくなってしまった......つまり、液体の組成はさまざまなのです。

2番目のCVサンプル:2番目のCVサンプル:「2つ目のサンプルでは、たくさんの結晶が見つかりました。そしてその結果がこちらです。ナトリウム(Na)と塩化物(Cl)で構成されています。これはいわゆる普通の食塩です。つまり、この液体には塩水しか含まれていないのです。しかし、私は他のものを探していました。そして、いつものように何かを見つけました。そして、これを見つけました。
これが私が見つけたもの:「アレ」です。

@1:12 (フラン・ザレフスキ博士にクレジットされた写真)

私のマーカーはどこにある?「その何か」を、大きく太い文字で書き留めておく必要がある。
私は研究を続け、テストを行った。その何かとは?頭があって、足が3本あるようですね。頭(1)と(2)、(3)、(4)のテストをしてみた結果がこれだ。アルミとカーボンの...失礼、ツールを持ってきました。


[フラン・ザレフスキ博士がプレゼンテーションボードに書き込む】:「THE THING」

「気の弱い方は部屋を出てください。」

いや、ジョーク抜きで

「アルミニウム、臭素[読者はこれをホウ素の意味に訂正]、炭素という結果が出ました。つまり、「アレ」の足の色が違うということです。ここで、その「アレ」のテスト結果を見てみましょう。[これはその1/10。この頭の部分が2mmだとすると、足・テープは25m。頭が2mmで、テープが25m。そんな感じです。」

@3:00 (フラン・ザレフスキ博士にクレジットされた写真)

そして私は考えます :それはどんな存在なのか?その「アレ」とは、人を殺す爪を持った生き物のようなものだろうか?あるいは、『マトリックス』に出てくるような、空を飛び、触手を持ち、他のものに取り付くようなものなのか?

いいえ。

「アレ」はここです。

@3:50 (フラン・ザレフスキ博士にクレジットされた写真)

ここに写真があります。COVID-19ワクチンです。

ようこそお友達。これは私がサンプルでテストした「アレ」です。

はい?驚いた?


「アレ」はワクチンではなく、卵の状態で人々に投与されているのです。私はその卵を探していました。そして、その卵には適切な環境が必要です。剥き出しの皿の上で注射を試しても何も起こらず、卵は見つからなかった。生理食塩水が入っているものもあるので、注射の中には入っていないのかもしれません。

だから、ワクチンの中には卵の栄養となるグラフェンが入っているのです。

ワクチンを打たれた皆さん、気絶するかもしれませんが・・・そんなものがあなたの中で開発されていくのです。


そして、頭は20ミクロン[μ]、長さは2.5mm(触手)になるそうです。

これは生命体です。

そして今、あなたは自分自身に問いかけるべきです...少なすぎる?偶然...フランはそれを手に入れたのか?...盲目のリスでさえ、時々ドングリを見つけます...。

私は小瓶に1、2、3番と印をつけた。3つ目の小瓶の中にだけ「アレ」が入っていました。そしてそれは4日間成長/発達した。そして、それをスパッタリングチャンバーに入れます。そこでは温度が高く、グラファイトがスパッタリングされるので、電気アークが燃えるのです。

もう1つ!?頭と足が出ているのが見えますね。目盛りは30ミクロン[μ]です。

@6:30 & 6:35 (フラン・ザレフスキ博士にクレジットされた写真)


「アレ」は肥沃な土地を見つけました。そして、ここには「アレ」がいて、私たちに微笑んでいます。これが頭で、ここに触手があります。これは別のもので、カラフルな触手があります。アルミニウムと炭素でできています。アルミニウムでできた生命体なんてあるのでしょうか?

今はあります。大多数の人がすでに体内に持っています。自発的に手に入れた人の方が多いですね。

私は、ここに集まったこと、そして「アレ」を皆さんにお見せできたことをとても嬉しく思います。

そしてまた、別のサンプルの中に「アレ」が入っています。これは植物ですか?埃?肥沃で適した環境で、卵で人に与えられた「存在」。身近なところに、その存在が生き始めるきっかけとなった何らかの信号があるかもしれない。松ぼっくりの種が肥沃な土地で適切な環境に置かれなければ育たないように、同じように「アレ」は動かないようです。休眠しているのかもしれません。

誰か「それ」を自分の中に入れたいと思っている人はいますか?

すでに多くの方が選択し、受け取っています・・・ようこそ。活性化されないことを祈ります。

では、次のテストとポイントを紹介します。ここにはアルミニウムベースの生命体がいます。アルミニウムベースの生命体を知っていますか?私はこの世界の最も賢い代表者に尋ねています。彼らに発表させよう...ただし、秘密ではなく。

これは触手・脚の末端部分です。作り方はギザギザではありません。そのように作られています。最後に足が付いていますが、これはアルミ製です。100%アルミニウムです。私たちは今、アルミニウムベースの生物を体内に持っているのです。[ザレフスキ博士は後日、触手の先はアルミニウムではなく、炭素でできていると訂正しました]


ここには10ミクロンのものがあり、これは足です。この生物の足の長さは約2.5mmです。

これはただの生命です...でも違う。それは慈悲深いものでしょうか?

どこかにポスターを貼っておいて、みんなが自発的に安楽死に身を委ねるようにしましょうか。

この世の犯罪者たちよ...よくぞ聞いてくれた...

これがテストの結果です:炭素でできています。失礼、アルミではなくカーボンでしたが、最終的にはカーボンのみでできています。間違えました。

私たちの幸せのために、この「癒しの薬」を製造しているのは、このブランドです。[ファイザーワクチンのスライドを見せる)。] これはこのブランドのものです。

では、なぜ生理食塩水だけの注射を受ける人がいるのか、なぜ卵という別のものを受ける人がいるのか、聞いてみたいと思います。

しかし、これは私が調べることではありません。私は真理の探求者ですが、この世のものではありません。この世界は、ほとんど失われていることに気づかなければならなりません。


ただ、統計を見てみましょう。どれだけの人がすでに接種しているか。

そう、私たちは多くの細菌やウイルスに対処しなければならないのです。そして、私たちは生き続けています。しかし、誰もそれらを人為的に与えてはいませんでした。今では、大多数の人が自発的に摂取しています。

あなたは、そんな存在を自分の中に入れたいと思いますか?でも、ただ座って何もしないために作られたわけではありません。でも、ただ座って何もしないために作られたのではなく、生きて増えていくことを望んでいるのです。

そして、これはハリネズミでもなければ、ウニでもないのです。

ザルスキはPCR検査綿棒を分析した - 彼らは彼が言うDNAコレクターです
ザルスキーがPCR検査用の綿棒を分析したところ、綿棒はDNAコレクターだという。
フラン・ザレフスキ博士あたりのPCR綿棒ブラシ
PCR 綿棒のブローアップショット。@12:38 (フラン・ザレフスキ博士にクレジットされた写真)

「DNAサンプル」を採取するための綿棒ブラシです。これは口の中や、中国のように反対側からサンプルを綿棒で採取するための小さなブラシです。 [中国で国が肛門の綿棒を課すことという意味です。]

なぜ、綿棒のブラシがあのような構造になっているのか?それぞれの末端が溶かされている。切っているのではなく、溶かしているんです。端っこの部分だけでなく、側壁の部分も分析しました。こちらが側壁で、こちらが溶けた先端部分です。綿棒のブラシには、チタン、アルミニウム、カーボンが含まれています。

これはDNAを集めるためのものだということを認識する必要があります。私は空港にいました...そこを通りかかった時、公式に書かれていました。「中央DNAデータベース」 そして、そこではサンプルを採取しています。

綿棒検査の目的は、DNAを集めることです。なぜ私たちのDNAが必要なのか?それを知るためにあなたを招待します。冗談ですよ、今は休憩しませんから。

しかし、誰がそれに興味を持っているのか?興味を持っている人には、今日ここに来てくれたことを嬉しく思います。部屋は埋まっていますが・・・今日は100万人の皆さんが集まっているはずです。

「でも、もしかしたら?スクリーンの向こうには100万人の皆さんがいて、このすべてを学ぶことになるのです。」


※他の記事ではこの寄生虫は、すでに「エイリアン」と呼ばれています...