Biontech founder Türeci admits: Pandemic preparations already at the end of 2019 (report24.news)

ビオンテック創業者のテュレシが認める:
2019年末にはすでにパンデミック対策を実施

Biontech_Pfizer-vaccine.jpg


オンライン会議の参加者が作った動画は、爆弾発言です。その中には ビオンテック社の共同創設者であり、ウウル・シャヒン氏の妻であるオズレム・テュレシが、絶対的に爆発的な情報を2度にわたって明らかにしています。彼女の会社は、2019年末にCOVID-19パンデミックの準備を始めました。おかしなことに、WHOが武漢での新型肺炎について知らされたのは12月31日で、ウイルスが初めて議論されたのは1月7日から--そしてパンデミックが宣言されたのは3月11日だった、その数ヶ月後です。

ビデオのソースはいかなる場合でも言及されることを望んでおらず、収録の時間と場所でさえ彼女は次のデータを述べるだけです:「最近、大規模な腫瘍学オンライン会議で」調べてみると、オズレム・テュレシが実際にmRNAワクチンの開発について講演した以下のイベントが見つかりました。2021年10月1日から4日までのDGHOの年次総会です。さらに、主催者側は、PD Dr. med.オズレム・テュレシが、腫瘍ワクチンからコロナワクチンまでのRNAワクチンの開発について報告することに同意してくれたことを、主催者は喜ばしく思っています。

そこから先の部分は録音され、編集部にリークされました。聞いてください。ビオンテック社の共同設立者であるオズレム・テュレシ氏。「An der Goldgrube」という住所で営業しているこの会社は、Covid-19パンデミック以降、数十億ドルの利益を上げています。




ビデオでは、テュレシ氏は次のように発言しています。

.... そして2019年末、パンデミックに備えなければならない時期に、私たちは400人以上の患者にmRNAワクチンを投与しました ...

...だから、1月にはすでにパンデミックに陥っていることが明らかになっていた2020年の初めに ...

しかし、COVID-19のパンデミックの公式の歴史は、異なる言語で語られ、主に異なる時間の経過に基づいています。

  • 2019年12月31日、武漢で原因不明の肺炎が数名発生したことがWHOに報告されました(数名が肺炎になった場合、WHOに報告するのは実は普通なのでしょうか?専門家は何と言っているのでしょうか。)
  • 2020年1月7日、中国当局は新型コロナウイルスについて説明し、この病気の原因であると発表しました。
  • Wunderwuzzi ウウル・シャヒンは、2020年1月末に数時間でワクチンを開発したと主張しています。この情報でさえ、非常に興味深いものでした。というのも、当時でさえ、COVID-19が世界的な問題として宣言されることは全く不明であり、予測できなかったからです。
  • 2020年1月30日、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイエソス博士は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態であると語りました。
  • WHOは3月11日にCovid-19パンデミックと宣言しました。
たとえウウル・シャヒンが2020年1月末までに、自分の会社が将来何十億ドルも稼ぐことになるかを予言的な摂理ですでに知っていて、数時間のうちに効果と安全性が保証されたワクチンを思いついたとしても、オズレム・テュレシが2019年末にすでに「パンデミックに備える」必要があったということは、まったく何の説明もつかない。

ところで、数日前、オズレム・テュレシインタビューで「3回目の注射の後、12~18ヶ月ごとに1回再注射をしなければならない」と説明していました。しかし、まだ十分なデータがないため、正確なことはわからないそうです。ビオンテック社の金脈にとって、永遠の予防接種契約は魅力的であるはずです。なぜなら、2回の注射で約束された「完全な免疫」は結局のところ存在しないからです。


※2020年1月末に数時間でワクチン開発したそうですよ、国産ワクチンもとっくに出来上がってますよね?? だって数時間で出来るんだもの.....

ここで買ってくればすでに出来てますからねぇ...
答え合わせ:何でも売ってるよ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)