COVID発生のわずか4ヶ月前に、ワクチン義務化につながる世界的なパンデミックを「予測」していた女性が、ビル・ゲイツを指さした
by Kelen McBreen

Viral-Video-Woman-Predicted-Global-Pandemic

「目を覚まさないと、これは世界的に起こることです」とYouTuberは的確に予測していました。

2019年9月20日にYouTubeにアップロードされた動画が、その投稿の中で行われた予測が、その後の数年間で実現してしまい、話題になっています。

この動画は、世界保健機関(WHO)が、中国の武漢でコロナウイルスに関連する謎の肺炎が広がっていることを初めて発表する約4ヶ月前に撮影されたものです。

YouTubeチャンネル「キャビントーク」に投稿されたクラウディアという女性は、自分のフォロワーに 「彼らはパンデミックを計画している、私はそう確信している」と語りました。

「まず第一に、ビル・ゲイツはパンデミックが起きて、少なくとも3800万人が死ぬと言っている。」 と付け加えました。

2019/09/21投稿........新型コロナパンデミックが始まる4か月前に投稿された

続けてクラウディアは、2019年のトランプ大統領の大統領令で、ウイルスの発生に備えてワクチンを迅速に生産することを約束するタスクフォースが開始されることを視聴者に伝えました。

「ワクチンの義務化がすぐそこまで来ていることが、どれだけ明らかになるでしょうか?」 とYouTuberは問いかけました。「これがこの国の現状であり、もしどこかでパンデミックが起きれば、世界規模ですべてが起こるでしょう。なぜなら、何が起こるかわかるでしょう?すべての国が、飛行機ではウイルスがあっという間に移動してしまうので、一緒に結集しなければならないと言い、すべての国が、効果や安全性がまったく証明されていない有毒な糞を体に入れる義務的なワクチンという、いまいましい同じ法律を世界中で実行することになるでしょう」

彼女は、カリフォルニア州ではすでに、あらゆる種類の感染症が発生した場合、戒厳令を発令する権限が議会に与えられていることを指摘しました。

「目を覚まさなければ、世界的にこのような事態が起こるのです」とクラウディアは警告します。「正直なところ、他に何を知っておく必要があるのでしょうか?」

キャビントークのホストは、ビッグファーマがすでに医師にボーナスを支払い、潜在的に危険な予防接種を大量に子供たちに接種させていると伝えました。

「世界的に見て、もっと良い場所があれば行きたい」と説明しています。「しかし、ここは震源地です。アメリカの企業が問題の震源地なのです。もし私たちが一丸となってこの全くのデタラメに立ち向かわないのであれば、それを忘れてください、ゲームオーバーになります」と説明した。

「ワクチンを信じようが信じまいが、それが良くて安全で、疫病を治したと信じようが、私は気にしないわ!」と続けた。「私は気にしない。私が望むのは、私の体に何が入るかを決めることです。ワクチンを打ちたければ、どうぞお好きなようにどうぞ。でも、それを自分の体に入れるかどうかは自分で決めたいし、子供の体に入れるかどうかは親が決めるべきです」と言います。

「私たちにはあまり時間がありません。」
クラウディアはビデオの最後に正確に言いました。「今日決心して、自分の権利のために戦ってください。」

一見予言者のように見えるこのYouTuberは、死の危険性があるもの、特に子どもたちのためのものを、どうして政府が義務化できるのかと問いかけた。

しかし、この女性の動画は2021年の半ばには千里眼のように見えるかもしれないが、グローバリストの優生学的なアジェンダは何十年も前から公に示されていました....
以下省略

※このような人は非常に注意深い人だから次に何かが起きるとき、この女性が何を言うか参考になりそうですな....
Cabin Talk - YouTube