https://benjaminfulford.net/2021/10/11/first-shots-of-wwiii-fired-on-polish-belarus-border-as-collapse-of-eu-begins/

ポーランドとベラルーシの国境で第三次世界大戦の最初の弾が発射され、EUの崩壊が始まる

今、ヨーロッパ、日本、中国などで大きな変化が起こり、出来事が目まぐるしく展開しています。これは、そう遠くないうちに、アメリカの解放につながるはずです。


最も衝撃的な出来事は、ベラルーシ軍がポーランド軍に対して、両国の国境で発砲したことです。これを記述したニュースの引用を下に示します。


ポーランドの国境警備隊のスポークスマンであるアンナ・ミハルスカ氏によると、ベラルーシ軍は木曜日に欧州連合(EU)の東側国境を越えてポーランド軍に発砲しました。ポーランドが9月初めに発動した非常事態の一環として、国境沿いの地域は制限されている。彼らは、モスクワの支援を受けたベラルーシ政府が、ミンスクの権威主義政府に対する欧米の制裁に対する報復として、「ハイブリッド戦争」の要素として人々を組織し、EU領域に入るように促していると主張している。


https://abcnews.go.com/International/wireStory/belarus-forces-open-fire-polish-troops-border-80475689

ロシア連邦保安庁などの情報筋によると、これはアンゲラ・ヒトラーメルケルとそのナチス欧州連合の没落によって生じる空白を埋めるためのロシア愛国者勢力の動きである。これは、ナチスがロシアの精神的な中心地であるウクライナを転覆させたことや、ロシア国民に対する数え切れないほどの虐待に対する仕返しである、と情報筋は言う。


間違ってはいけないのは、ロシアの連合軍がNATO諸国に対して意図的に武器を発射することは、正式な宣戦布告に等しいということです。これが可能なのは、米軍がEUを支配するファシスト勢力を守るために、ロシアと戦うつもりがないからである。


その公然たる兆候は、このニュースに見ることができます。

司法省とFBIは、7人のアメリカ人戦闘員のグループを[ウクライナで]戦争犯罪を犯したとして、連邦戦争犯罪法に基づいて捜査している......専門家によれば、アメリカの戦争犯罪法に基づいて起訴された者はもちろん、有罪判決を受けた者も誰もいないという。


https://www.buzzfeednews.com/article/christopherm51/craig-lang-ukraine-war-crimes-alleged

アメリカの後ろ盾がなければ、ヨーロッパ大陸の国々(イギリスを除く)は、ロシアを新たな保護者として受け入れる以外に選択肢はない。ロシアは、47カ国が加盟する欧州評議会の利用を計画している。

https://www.coe.int/en/web/portal、ロシアとMI6の情報筋によると、EUに代わる新しい組織の基礎として、大陸の主要な人権団体である「MIT」が使われるという。

EUが崩壊しつつある兆候は他にもたくさんあります。例えば、ポーランドの裁判所が自らをEUの上位に位置すると宣言したことで、ポーランドのEU離脱(ポレクシット)が公然と語られるようになりました。具体的には、ポーランドの憲法裁判所が、民主主義の勝利として、EUの主要な条約の1つの主要な条文はポーランドの法律とは相容れないという判決を下したのです。

https://www.bbc.com/news/world-europe-58840076

オーストリアとチェコの政権がほぼ同時に崩壊したことも、EU崩壊の大きな兆しです。まるでハリウッド映画のように、チェコではアンドレイ・バビシュ首相の所属するANO党が選挙で敗北し、ミロシュ・ゼマン大統領が病院に搬送されました。パンドラ文書の調査では、バビシュ氏が政界入りする前の2009年に、オフショア企業を通じて2200万ドルを秘密裏に動かし、フレンチ・リビエラに不動産を購入していたことが明らかになっています。ゼマンが病院に入れられたのは、これらの犯罪的取引を調査する新政権の発足を遅らせるためであることは間違いない。

https://www.bbc.com/news/world-europe-58863671


オーストリアでも、セバスチャン・クルツ首相が汚職スキャンダルのために退陣しました。

https://www.bbc.com/news/world-europe-58856796


これらの国に共通しているのは、オーストリア・ハンガリー帝国の一部であったことです。オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝となるハプスブルク家の後継者オットー・フォン・ハプスブルクが、クラウス・ロスチャイルド(シュワブ)をフロントマンとして紹介したのは、まさに最初のダボス世界経済フォーラム会議だったことを思い出してほしい。シュワブは「グレートリセット」と「偽のパンデミック」の黒幕だ


ロスチャイルドの子分であるエマニュエル・マクロンが次のドミノ倒しになるのは、もうすぐだとフランスの愛国者たちは約束している。ギロチンは彼のような人間のために発明されたのだ。


この文脈で興味深いのは、EUがオーストラリアとの貿易協議を中止したことです。その理由は、オーストラリアから潜水艦やヘリコプターを買わなくなったからだと言われている。実際には、ロスチャイルド家もオーストラリアを失いつつあるということです。


https://www.abc.net.au/news/2021-10-09/us-to-sell-12-attack-helicopters-to-australia-aukus-/100526744


これは、カナダ人が目覚めつつある多くの兆候の一つです。


https://www.bitchute.com/video/iMsoOkCTAc4z/


ジャスティン・カストロの時代は確実に終わりつつある。

さて、次にアメリカの状況を見てみましょう。パイロットストライキやFacebook本社への軍の進入など、さまざまな形での反乱が起きています。


しかし、ドナルド・トランプは米国を民主主義と独立に導く人物ではないということを、人々は認識する必要があります。フォーブスやウォール・ストリート・ジャーナルなどのオープンソースの情報によると、彼はビジネスマンとして破産するたびにロスチャイルド家に救済されていたことを思い出してください。トランプ氏はまた、存在しないパンデミックのために全員にワクチンを接種するよう公然と呼びかけています。


マイケル・フリン将軍は、米軍が盗まれた2020年の選挙を覆すチャンスをトランプに提供したが、トランプはそれを拒否して裏切ったと語っている。このため、ホワイトドラゴン協会は先週、フリンと直接会うために代表者を派遣して直接会った。(株)USAの正式な倒産後の暫定大統領の仕事をフリンにオファーするためである。

このドラゴン・ファミリーのメンバーによると、マイケル・フリンは信用できないという。フリンはWDSの担当者に、ドラゴン・ファミリーのことも、この作家とその作品のことも聞いたことがないと言った。彼は国防情報局の長官を務めていたので、嘘をついているか、頭が悪いか、完全に蚊帳の外に置かれているか、ハザリアン・マフィアのために秘密裏に働いているかのいずれかということになる。

(※WDS=ホワイトドラゴンソサエティ)

フリンはWDSの代表者に、ドラゴンファミリーやこの作家と彼の作品について聞いたことがないと語った。彼は国防情報局の長だったので、これは彼が嘘をついているか、愚かか、完全にループから外れているか、密かにハザリアンマフィアのために働いていることを意味します。

ロシアの諜報機関は、フリンがアドルフ・ヒトラーにつながる詐欺的な霊能者のカルトと関係しているという証拠を送ってきて、フリンに対する疑念を裏付けました。


https://www.bitchute.com/video/lhNP7hYBLJXM/

そのため、WDSでは、米国の連邦破産法第11章に基づく倒産後の暫定大統領の候補として、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏を推薦しています。なお、ケネディは私の父方の曾祖母であるマッカーシーの妹の子孫であるため、筆者はケネディとは遠い関係にあります(祖母談)。それにもかかわらず、ケネディは明らかに知的で、明瞭で、十分な情報を持っている。これは最近の米国政治では珍しいことです。


いずれにしても、偽バイデン政権を支えるロスチャイルド/ロックフェラー一族は、まだ終わっておらず、権力を維持するために徹底的に戦っています。彼らは、10月18日の債務超過宣言を避けるために、あらゆる手段を使っている。(※現時点では12月まで延長されている)


例えば、MI6の情報筋やメディアの報道によれば、彼らはSDRを裏付けとする1兆ドルの「コイン」を発行して、支払い能力を維持しようとしています。


https://www.axios.com/trillion-dollar-platinum-coin-mint-janet-yellen-223e7722-d7ba-47c9-b5f6-49a841d181de.html

彼らはまた、日本の農林中央金庫から生存資金を略奪しようとしているようです。様々な報道によると、先週、「オクタゴン・インベストメント・パートナーズ」と呼ばれる企業が、この銀行から5億ドル相当の「Collateralized Loan Obligations」(CLO)を入手することができました。MI6などの情報によると、彼らは農林中金に預けられている本物のお金を担保にして、それを100倍にして「500億ドル」を作っているということです。これは、数週間の間、倒産の危機を回避するために使われた資金の一部だと思われる。


https://www.bnnbloomberg.ca/japan-s-nochu-tiptoes-back-into-clo-market-after-long-absence-1.1661616?fr=operanews


しかし、米国は8月だけで733億ドルという記録的な貿易赤字を計上しており、500億ドルでもあまり効果がないことがわかります。


偽バイデン政権の背後にいる人々は、先週スイスのチューリッヒで中国と緊急協議を行い、中国を脅してリファイナンスをさせようと必死になっていた。


「チューリッヒ空港のホテルの密室で行われた」この会談は、米国のジェイク・サリバン国家安全保障顧問と中国のトップ外交官である楊潔チが主導した。双方の公式発表では、「率直な」「広範な」などの表現が使われている。米国側は、中国が「競争が衝突に発展するような誤算を避けるべきだ」とも述べている。サリバンは後に「彼(ヤン)が必ずしも我々の見解を受け入れたとは思わない」と述べている。つまり、脅しと約束はしたが、合意には至らなかった。


http://www.news.cn/english/2021-10/07/c_1310229525.htm


https://www.zerohedge.com/political/biden-xi-hold-virtual-summit-years-end-us-china-talks-zurich-end-positive-tone


https://www.axios.com/biden-xi-summit-china-taiwan-17a175db-b102-4447-9a1d-36c17e3298cd.html


これは、中国が会談後に発表した公式コメントのようなものです。


債務上限の引き上げは、新たな連邦政府の支出を許可するものではなく、財務省が議会ですでに承認された支出を賄うために追加の資金を借りることを許可するだけである。しかし、わずか数週間の延長で、米国は依然としてデフォルトの現実的な可能性に直面している...「米国はこれまで債務不履行に陥ったことがないため、米国(および世界)経済にとって広範囲で壊滅的な影響を与えることが予想される」と、ホワイトハウス経済諮問委員会のエコノミストは今週初めのブログ記事で述べている。


http://www.news.cn/english/2021-10/09/c_1310235039.htm

また、アメリカ側は、ロシアのガスパイプラインを中国に供給するプラントを破壊することで、脅しを実行し始めたようです。これは、彼らの昔からの「我々の金を絶つと、君たちのエネルギーを絶つ」という威勢のいい言葉の繰り返しです。


https://www.zerohedge.com/commodities/gazprom-plant-connected-russia-china-gas-pipeline-shuttered-due-fire


また、ロシアを悪者にして、ヨーロッパのガス価格を高騰させたと非難するキャンペーンも行われています。ガス価格が数百パーセント上昇しているように見せかけるために、スポット市場が操作されているのです。しかし、ガスのほとんどは長期契約で販売されており、こうしたスポット市場の操作は実際にはほとんど効果がありません。


ロシア連邦保安庁によると、スイスに潜むオリガルヒたちが世界中で食料やエネルギーの価格を吊り上げているのは、人々が無から作られたお金を借りて借金の奴隷になることを拒んでいるからだという。「彼らは、借金を返すために必需品の価格を上げることで、一般の人々からお金を搾り取ろうとしている」と関係者は説明する。


https://www.zerohedge.com/commodities/global-food-prices-hit-fresh-decade-high


また、アジアの龍族関係者によると、スイスではアジアなどの歴史的な債券をマネタイズしようとする陰謀が渦巻いているという。フィリピンの元指導者フェルディナンド・マルコスの息子(アジアの王族と結婚していた)が、ロスチャイルド家やロックフェラー家にUBSやゴールドマン・サックス経由で歴史的な債券を換金させていたことが判明しました。マレーシアの1MBD金融スキャンダルの裏には、結局これがあったのだ、と関係者は言う。

https://www.malaysiakini.com/news/594084


https://www.reuters.com/business/finance/kpmg-denies-alleged-breaches-negligence-after-reported-1mdb-lawsuit-2021-07-09/


https://www.ft.com/content/dc8bae40-2a8a-46c6-8ae5-b3bd8938c5d4


どうやら、このマルコスの後継者はもう死んでしまったようで、関連する資金はすべて「持ち出されてしまった」という。「マルコスの時代は終わった 」と情報源は結論付けた。


情報源はまた、「今週はチューリッヒで多くの逮捕者が出て、多くの債券所有者になる人たちが殺された」とも言っている。


この情報源によれば、中国銀行、アメリカ銀行、ウェルズ・ファーゴ、HSBCが、新しくて腐敗していない量子金融システムの構築に関わっているという。


いずれにしても、ハザリアン・マフィアが資金不足に陥っているもう一つの理由は、アフガニスタンからのヘロイン収入を失っていることにある。だからこそ、「ISIS」(ロックフェラー/ロスチャイルドの傭兵)がアフガニスタンを恐怖に陥れようとしており、タリバンが反撃しているのです。

タリバンのスポークスマン
ザビフラ・ムジャヒド報道官は月曜日に、タリバンがアフガニスタンのISIS系列通称ISIS-Kの隠れ家を襲撃し、「決定的で成功した攻撃 」を行ったと述べた。


https://news.antiwar.com/2021/10/04/taliban-raid-isis-hideout-after-kabul-mosque-bombing/

これを受けて、米国ウィルソンセンターのアジアプログラム副ディレクター、マイケル・クーゲルマン氏は、「金曜日の(アフガニスタンのモスクへの)攻撃は、さらなる暴力の前兆である可能性がある」と警告した。


https://www.ctvnews.ca/world/taliban-say-they-won-t-work-with-u-s-to-contain-isis-1.5617631


それにもかかわらず、タリバンの政治スポークスマンであるスハイル・シャヒーンはAP通信に対し、活動が活発化している「ISIS」グループを封じ込めるためにワシントンと協力することはないだろうと語った。言い換えれば、脅しにもかかわらず、「ヘロインマネーはもういらない 」ということだ。

ハザリアン・マフィアは今、トップの使用人を集めて緊急会議を開き、窮地を脱しようと準備している。そのために、偽物のローマ法王フランシスコは、土曜日にナンシー・ペロシ米下院議長と会談した。



スクリーンショット (42)


ペロシはローマでG20の奴隷たちのパニック的な集まりに参加している。


関連しているかもしれないが、次のような気になるニュースにも注目したい。

中国の経済計画の最高責任者である国家発展改革委員会のウェブサイトに掲載された公開協議書によれば、民間資本はニュースの収集と配信の業務から締め出されるという。


https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/china-proposes-bans-on-private-capital-participation-in-media

しかし、アジアのCIA関係者によれば、この動きのターゲットはロックフェラー家ではないかという。彼らは、ある「ジェフ・シェル」がロックフェラー・プラザで働いていて、中国を支持していると指摘している。彼は、2,428社を支配するPeacock TV LLCの唯一の従業員」である。


https://corporate.comcast.com/news-information/leadership-overview/jeff-shell


MSNBCとNBC(MSNBCのMSはMicrosoftの略です)の中国とのパートナーシップについて詳しくご紹介します。


MSNBCとNBCニュースは、中国共産党と広範な金融関係にあるNBCユニバーサル社によって運営されています。2010年11月、NBCは中国の国営メディアである新華社と、国際放送ニュースにおける業務提携を行う契約を結んだ。これは、中国共産党によるアメリカのメディアへの最新の市場拡大であった。


このビジネス契約の締結以来、米国務省は新華社をはじめとする中国国営メディア5社を「在外公館」と認定した。これらは中国共産党が直接運営しており、独立した報道機関としては機能していないことが確認されている。


つまり、ロックフェラー家は、米国企業のプロパガンダネットワークを中国に渡して、ビジネスを続けようとしていることを意味します。


もし中国がロックフェラーを排除しようとしているだけなら、それは素晴らしいことだ。もし彼らが報道の自由を奪おうとしているのであれば、彼らは真実を奪うことになり、最終的には彼ら自身を奪うことになるだろう。


一方、日本ではロックフェラーとロスチャイルドの支配が明らかに終わりつつある。岸田文雄首相の新政権は、戦後の高度成長の鍵を握っていた経済企画庁の再開を計画している。いわゆるCOVIDパンデミックもここにきて急に終わった。


これは、数ヶ月前に日本の警察が、ロバート・ロスチャイルド(注1)という人物が2015年にCOVIDの検出方法の特許を取得したことを証明する紙の文書を渡されたことと関係があるかもしれない。これがインターポールの緩慢な導火線に火をつけ、今では世界中のロスチャイルド、ロックフェラー、ハザリアン・マフィアの支配を吹き飛ばしている。



※(注1)リチャード
・ロスチャイルドの間違いだと思います
roth-covid


coronavirus260_26_small