Tentacled, Sentient, Entity Found In Jab: Graphene Biosensor (morningstarstale.com)

ジャブで発見された触角のある知覚を持った物体
グラフェンバイオセンサー


rs=w_1280


リー・オースティン 著

私たちは、共謀している主要メディアから、注射に酸化グラフェンは含まれていないと言われ、そのような信念に固執する人々は、狂った陰謀論者として排除されている。もしそうだとしたら、なぜグラフェンをベースにしたCOVID-19検査用のデジタルバイオセンサーを開発したのだろうか? 以下のプロモーションビデオをご覧ください。....


https://www.bitchute.com/video/XIgoJbFkfl5q/

酸化グラフェンのナノ粒子は、血管をミクロの世界で切断できるほどの鋭いエッジを持ち、原子1個分という地球上で最も軽い物質で、COVIDワクチンの主成分と考えられている。これまでに発見された中で最も強い化合物であり、室温で熱と電気を最もよく通す。グラフェンには超広帯域の能力があり、人間を電磁誘導網やモノのインターネットに接続する能力がある。

7月、キャリー・マデイ博士は、地元の研究室からモデルナ COVID-19注射剤の新鮮なバイアルを調べてほしいと連絡を受けた。複合顕微鏡を使って400倍に拡大したところ、マデイ博士は、顕微鏡から投射された白色光によって、半透明の謎の化合物が青、紫、黄、緑などの鮮やかな色に変化することを発見した。このような化学反応を起こすことができるのは、超伝導の金属だけだと推測された。酸化グラフェンの組成を持つ金属である。


大手製薬会社は、自社の注射にはルシフェラーゼが含まれていないと断言しているが、その通りである。しかし、この注射のOSに含まれるグラフェンは、体内に入るとルシフェラーゼを生成するようだ。要するに、グラフェンは光を電流に変え、化学物質を感知する分析装置であるバイオセンサーの蛍光特性を持ち、人間の生物学と合成検出器を融合させたものである。複合顕微鏡で見ると鮮やかな色に見えるのは、このためである。

さらに調べてみると、ファイバーキューブ構造や合成金属片がリアルタイムで組み立てられていることに気がついた。OSプラットフォームの構造の中から、感覚を持っていると思われる未知の触手状の物体が現れ、その物体はスライドカバーから身を起こした。マデイ博士によると、この謎の物体は、自分が観察されていることを自覚しているようだったという。また、他の2つのバッチテストでも同じタイプの触手状の物体が現れた。  


すべてのCOVID-19注射剤は、同じ酸化グラフェンのナノテクノロジーを使って製造されています。この特殊なナノ粒子は、零度以下の環境下では非磁性のままですが、人体と同じ温度になると磁性を帯びます。これは、この注射を打ってから磁化されたという多数の報告を説明するものである。

ルビー博士によると、この薬に含まれる
SPIONS(超常磁性酸化鉄ナノ粒子)は、酸化グラフェンナノ粒子を体内のあらゆる細胞膜に浸透させるために必要な推進力を提供する、強力なデリバリーシステムとして機能するという。


磁界を利用して生化学と物理学を融合させる「マグネトフェクション」と呼ばれるプロセスを介して。 科学者たちは、遺伝子工学を応用して、行動や脳の機能を外部から遠隔操作できる「マグネトー」と呼ばれる遺伝子組み換えタンパク質を合成したようだ。マグネトーは、体内の特定の神経細胞群のみを刺激するように作られており、理論的には、遠くからでもスイッチを入れることができるという。


これまでの記事で述べてきたように、この注射の目的は不妊や人口削減だけではなく、残った人々をハイブリッドマシンに変身させ、モノのインターネットに接続してルシフェリアンエリートに奉仕することである。 

世界経済フォーラムの創設者兼会長であるクラウス・シュワブは、「グレート・リセット」「第4次産業革命」を提唱する敬虔なトランスヒューマニストである。彼の夢は、新世界秩序とトランスヒューマニズムの融合である。 かつてシュワブが述べたように、「我々が見ているのは、物理的、デジタル的、そして生物学的な世界の融合のようなものだ。」ということなのである。


テクノクラシーとは、テクノロジーを中心とした資源配分の経済システムであり、具体的には人工知能、デジタル監視、ビッグデータの収集、産業の変革などがあり、結果的に社会的信用度のスコアを介して全体をコントロールし、テクノクラートが世界を支配することを可能にします。彼らの目標は、現状の政府機関をすべて排除し、単一で遍在するAIを採用することです。それにより、法の支配はアルゴリズムによって決定され、トランスヒューマニズムのアジェンダに適合することになるのです。

将来のサイバー攻撃の可能性について、シュワブは、今回の攻撃をCovid-19と関連付ける興味深い発言をしている。
「電力供給や交通機関、病院など、社会全体が完全に停止してしまうような包括的なサイバー攻撃という恐ろしいシナリオは、誰もが知っているが、いまだに十分な注意が払われていない。
この点において、Covid-19の危機は、大規模なサイバー攻撃に比べれば、小さな妨害であると考えられます。今回のCovid-19の危機を、サイバーセキュリティコミュニティが得られる教訓を考え、潜在的なサイバーパンデミックへの備えを向上させるためのタイムリーな機会としたい。」


また、シュワブは「サイバーポリゴン」について次のように述べています。
「サイバー犯罪は今やお金を盗むだけではなく、人命や環境が危険にさらされる可能性があります。世界的なサイバー危機の可能性は日々高まっています。大惨事を防ぐためには、個々の企業の保護に投資し、サイバーリテラシーのレベルを高め、技術者の能力を開発する必要があります。サイバーポリゴン演習はそのためのものであり、すでにその効果は実証されています。その後の演習が、国際社会にさらなる価値をもたらすことを期待しています」


アメリカの未来を知りたければ、西アフリカの 「ウェルネス・パス 」を見ればいい。
ビル・ゲイツ、Mastercard社、Trust Stamp社の下で進められているイニシアチブでは、注射を受ける人のためのワクチン・パスポート「COVI-PASS」を開発しました。この「ウェルネス・パス」は、デジタルの予防接種記録とアイデンティティ・システムで、Mastercardのクリック・トゥ・プレイ・システムと連動しています。Mastercardは、GAVIとのパートナーシップにより、生体認証デジタル・アイデンティティ・システム、予防接種記録、決済システムを一つのまとまったプラットフォームに接続するためのユニークなアプローチを示していると述べています。


デジタル予防接種記録とアイデンティティシステムである「ウェルネスパス」は、Mastercardのクリック・トゥ・プレイシステムと連動します。Mastercardはプレスリリースの中で、「子供の予防接種の記録の一元化」を推進することを宣言しGAVIとのパートナーシップは、生体認証デジタル・アイデンティティ・システム、予防接種記録、決済システムを一つのまとまったプラットフォームに統合するユニークなアプローチであると述べています。

皮肉なことに、第三世界の西アフリカ地域は、キャッシュレスのデジタル決済マトリックスのベータテストとなり、人々は注射を打つか飢えるかを迫られています。


リー・オースティンは「モーニングスター物語」の著者です

https://morningstarstale.com/