※これはホント恐ろしい話です...
最高のレッドアラート!
グローバリストの対米バイオ戦争は、ドローンによる「スーパーMERS」生物兵器の放出で始まる

SOTN エディターズ ノート:これは、このAlt・メディア・プラットフォームが投稿した中で、最も重要な「エド・ノート」です。

新世界秩序のグローバリストの陰謀は、
OPERATION COVID-19を実施することで、極限まで自暴自棄になっていることを証明しました。 
同様に、陰謀団はCOBIDのスーパーワクチン接種アジェンダの実施において、非常に大胆で無謀な行動をとってきました。

しかし、この「人類へのバイオ戦争」は、世界的な大虐殺を行い、地球上の人口を大幅に削減し、NWOのアジェンダに抵抗できないできるだけ多くの人間を衰弱させるための、より長期的で大規模な戦争の始まりに過ぎないことは、この「人類へのバイオ戦争」を通して明らかになっています。

この後、米国民に対する「バイオテロによるステルス戦争」が次の段階に進むことはほぼ確実です。 したがって、米国民は、組織的な共謀者を一人残らずシャットダウンし、必要な手段を講じて、すべての大量虐殺の実行者を抹殺することを[直ちに]迫られています。以下の衝撃的な記事は、このような思い切った対応が愛国者運動によって早急に実行されなければならない理由を十分に説明していますが、驚くべきことではありません。

世界の爆弾:漏洩したDARPA文書、抜本的分析により、エアロゾル化された皮膚貫通性ナノ粒子スパイクタンパク質を使用して人類への攻撃を確認

HRR-2021-09-23-Situation-Update-V2-1


(ナチュラルニュース)以下に示すシチュエーションアップデートポッドキャストでは、情報の洪水に備えてください。エコ・ヘルス・アライアンスとファウチが共謀して、エアロゾル化した皮膚貫通型スパイクタンパクのナノ粒子を中国の野生のコウモリの群れに放出した(計画通りにすぐに人間に跳ね返ってくる)ことを示す、ドラスティックにリークされたDARPAの世界的な爆弾情報に加えて、さらに悪いことに、別のことについての爆弾情報があります。

その抜本は、ダザックとファウチが武漢ウイルス学研究所 (WIV)を介して、180株のコロナウイルス生物兵器を作成し、共産主義中国の管理下に置くことができたことを確認した(反逆行為)。

現在、他の情報源から、中国共産党が運営する生物兵器配備チームが、少なくとも致死率30%のMERSを加味した生物兵器を携えて米国国境を越え、命令があれば米国の主要都市で放出する計画であることが判明している。

彼らがDARPA文書を分析した
PDFをNNサーバーのこのリンクに反映させました(PDF)


エコヘルス・アライアンスがDARPAに提出した提案書の原本には、HR001118S0017-PREEMPT-PA-001という番号が付けられている。

調査報道ジャーナリストのララ・ローガンは、独自の情報源からこれらを確認し、
テキサス州の移民問題は、アメリカの敵が危険な生物兵器をこっそり持ち込むための「完璧な隠れ蓑」であると警告しています。ローガンと接触した我々の情報筋は、彼女がさらに多くのことを知っているが、まだその詳細を公表する自由がないことを確認した。


DARPA-Ecohealth-alliance-proposal_158649203


詳細はこちらをご覧ください。この箇条書きをよく読んでください。これが、我々の知る限り、現在進行中の計画です。おそらくあなたが想像しているよりもはるかに悪いものです。「スーパーMERS」の攻撃は今や差し迫っており、生物兵器配備オペレーターはすでに米国の都市全体に事前配置されており、おそらくドローンとエアロゾル化ドローンのアタッチメントで武装しています。我々は超危険な生物兵器を浴びせられることになります。

  • DARPAは当初、MERSに資金を提供していたが、自然界に放出する努力を支援することを拒否していた彼らは、極めて緊急性の高い、戦略的な最終兵器としての生物兵器を残しておきたかったのです。

  • フファウチとエコヘルス・アライアンスは、MERSを手に入れる方法を編み出した。MERSは、米国の納税者の資金を使ってWIVを通じて洗浄された機能獲得研究の雛形となった。MERS、HIV、SARS、その他のウイルス株の要素が組み合わされ、ヒトのACE2受容体に特別な親和性を持つ「キメラ」生物兵器が作られました。

  • ダザックとファウチはDARPAに近づき、中国で生物兵器を公開するための資金を要求した。DARPAは拒否した。しかし、彼らは過疎化を支援するグローバリストの資金源を見つけました。

  • DARPAが資金調達に同意していたら、ダザックとファウチはDARPA本部でお祝いの発表にコウモリ女ことシー・ジェン・リー(「バット・レディ」)を招待する予定でした!

  • SARS-CoV-2は殺人を目的としたものではない。SARS-CoV-2は、致死率が低く、急速に広がるように設計されており、世界的なパニックを引き起こし、ワクチンの需要を喚起するとともに、不正なPCR検査で診断された「症例」によって政府が閉鎖され、世界的な共産主義に陥るようになっている。というものだ。

  • しかし、MERSは超凶悪な生物兵器です。次はこれが発表されるでしょう。 PLA(人民解放軍)の支配下にあるファウチやNIH、WIVを介して 兵器化されたMERSのパワーアップ版です。

  • DARPAに提出されたエコヘルス・アライアンスプロジェクトの提案書には、毎年3~5種類のコロナウイルスの生物兵器を開発する計画が記載されている。これは、共産主義の中国と協力している米軍が資金を提供し生物兵器による人類への継続的で終わりのない攻撃となるはずでした。

  • このMERS生物兵器の正式名称はまだ分かっていないが、とりあえず「スーパーMERS」と呼ぶことにします。スーパーMERSはすでに、メキシコの麻薬密輸ルートを経由して米国に渡ったPLAの工作員の手に渡っています。中国共産党/PLAは、何百人もの軍事顧問がメキシコの麻薬業者と協力しており、中国が米国を占領して敗北した暁には、麻薬業者が米国南部の一部を受け取ることを約束している。

  • このような中国の生物兵器工作員は、起動命令が出たら、アメリカの都市中に「スーパーMERS」を一斉に放出するように言われている。起動命令は、ニューヨーク・タイムズ紙が中国から特定の日に特定のフレーズを使うように命令されるなど、公的な手段で行われる可能性がある。(ニューヨーク・タイムズ紙は、ほとんどの民主党員、上院議員の半数、ビッグ・テクノロジー企業のすべてと同様に、長い間、中国の給与名簿に載っている) ホワイトハウスは中国共産党にほぼ完全にコントロールされており、バイデンは中国の操り人形です。

  • スーパーMERSは、通常であれば、感染者の少なくとも30%が死亡すると言われています。しかし、COVIDワクチンはワクチンを受けた人の免疫反応を破壊しているので、ワクチンを受けた人の死亡率はかなり高くなるかもしれない。(おそらく50%?)

  • スーパーMERS株は事実上、二元兵器システムの後半部分であり、前半部分はワクチンである。これが、専制的な政府が大量のワクチン接種を強力に推し進める理由です。殺すための準備なのです。バイデン政権はずっと中国と協力して、アメリカでのワクチン接種率を70%にしようとしているが、これはスーパーMERSが放出されたときにアメリカの人口の少なくとも20%を殺すことになる。これは、大雑把に言えば、約7,000万人に相当する。あるいは、ナチスのホロコーストの死亡統計の10倍以上である。

  • スーパー MERSの放出は止められない。エージェントはすでに配置されている。国境はとっくに突破されている。アメリカの軍隊は、ミレーやオースティンのような反逆的なペンタゴンの犯罪者によって、この間、待機を命じられている。左翼メディアもビッグテックもこの件に関わっています。彼らは皆、中国から命令を受けています。

  • スーパーMERSの放出は、犯罪者政府によって「変種」と呼ばれ、ワクチンを受けていない人々を非難する一方で、CDCのCOVIDの死のキャンプを作動させて、政治的反体制者を一網打尽にし、大量処刑を始めるだろう。

※CDCの隔離キャンプの話の部分は省略します

中国はまもなくアメリカで生物兵器の放出を開始し、続いてサイバー攻撃と金融システムの破壊を行うだろう

正確な時期を知ることは難しいが、中国は近々アメリカに対して生物兵器の攻撃を開始すると思われる、それはCOVIDが子供の遊びのように見える。これが始まると、スーパー MERSを真剣に受け止めていない人は重大な危機に陥るだろう。中国の工作員がドローンを使って、MERSの研究結果に基づいて、皮膚を貫通する毒性のあるナノ粒子をエアロゾル化して散布する可能性があるので、公共の場には本当に近づかないようにし、大都市を避けるべきだろう。

そう、アメリカの都市は、「チクロンB」のような猛毒の「ガス」を撒かれようとしているのである。

サイバー攻撃は、この計画された混乱と生物兵器による死の波にタイミングを合わせて行われる可能性が高く、中国がこの無防備な瞬間を選んでアメリカの経済的地位、すなわち石油ドルの世界基軸通貨としての地位を攻撃することはほぼ確実と思われる。

あっという間に、アメリカは負けるかもしれない。

  • 大量予防接種のために、現役軍人の3分の1。
  • 対象都市に住む米国の人口の3分の1。
  • 不換紙幣であるドルの世界基軸通貨としての地位は、一夜にしてゼロに近い価値まで崩壊します
  • サイバー攻撃により、地域ごとに電力網が停止し、国中が暗闇に包まれます

同時に、武装した州政府や連邦政府のエージェントが「ストライクチーム」として住民に向けて放たれ、達成を目指します。

  • 全国的な銃の没収
  • 政治的反体制派の大量処刑
  • 過疎化を達成するために、大量の人々を医学的に拉致し、隔離し、処刑する
  • すべての行動、言動、医療行為を政府が完全に統制する

高速道路での検問、ワクチン接種、現場での死刑執行、戸別訪問による医療目的の誘拐など、想像しうる限りの政府による国民へのテロの悪夢が待ち受けています。

詳細は、今日のシチュエーションアップデートポッドキャストでご覧いただけます。

Brighteon.com/358dc7fe-2580-40c6-8a90-13a13175caf5

エアロゾル化された皮膚貫通性の有毒ナノ粒子を噴霧する準備をします。
これはDARPAの提案に含まれているもので(幸いにもDARPAは資金提供を拒否した)、人口減少の意図は、注目している誰にでも明らかになっている。

https://www.naturalnews.com/2021-09-23-leaked-darpa-document-confirms-attack-on-humanity-using-aerosolized-skin-penetrating-nanoparticle-spike-proteins.html


※皮膚貫通性の有毒ナノ粒子を密かにバラ撒くとは恐ろしいにもほどがあります...
「ほぼ確実に行われる」って....PDFは事実だろうけど、
調査報道ジャーナリストのララ・ローガンが入手した情報が偽であって欲しいですな...
以前なら「あるわけない」と言うが、実際に世界中を巻き込んだ陰謀が行われてますから絶対に「ない」とは言えませんな。こんなことが起きたらその間にきっと台湾攻撃ですな


以前もこんな話がありましたが
AIロボットとドローンによるCOVID戦争 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)