vaccs_dees

各州政府は、自宅で隔離できないアメリカ人の
ために「隔離施設」を準備しています


ワシントン州保健局は、自宅で隔離できないアメリカ人を収容するための検疫・隔離施設で働く従業員の求人広告を出しており、このプログラムが最終的には強制的に人々を拘束するために使われるのではないかと懸念されています。

State-Governments-Preparing-‘Quarantine-Facilities

タイトルは「隔離・検疫チームコンサルタント」で、「継続的」な雇用を提供し、給与は最高で月4286ドルとなっています。

施設は「ルイス郡のモーテル内」にあり、従業員はCOVID感染者のために「運転手を保護するために空気の流れを分離するように改造されたバンでの施設への移動」を担当することになっています。

「チームメンバーは、ランドリーサービスの提供、衛生用品の配達、出来合いの食品や電子レンジで調理可能な食品の配達など、ゲストの滞在をあらゆる面でサポートします。」と職務内容に記載されています。

「COVID-19の陽性反応が出た人、または陽性反応が出た人に接触した人は、他の人にウイルスを感染させるリスクを減らすために、10日から14日間、他の人から離れて隔離または検疫(I & Q)することが求められます」とワシントン州保健局のウェブサイトに記載されています。Washington State Department of Health | Job Opportunities (governmentjobs.com)

「ほとんどの人は、自分の家で隔離することができます。ワシントン州では、I & Qの提供は地方自治体の責任となっています。」

quarantine-camp-job

「州の隔離検疫施設は、ワシントン州の住民ではないが、州内を旅行中にCOVID-19の検査で陽性となった人や、検査で陽性となった人に接触した人で、10~14日間の隔離・検疫期間を過ごす住居などを持たない人のために作られました。」

検疫施設で働く人の募集は、CDCが今年の夏の初めにCOVID-19の計画書を発表したことを受けたもので、「高リスク者」を他の住民から遠ざけるために「グリーンゾーン」や「キャンプ」に移すことを提案しています。

この文書は、「人道的な設定でCOVID-19感染を予防するためのシールドアプローチを実施するための暫定的な運用上の考慮事項」と呼ばれ、もともと2020年7月26日にCDCの公式ウェブサイトに掲載されたものです。

「たわごとです:CDCは実際に、低リスクの人々を「シールド」するために高リスクの人々をキャンプに入れることを議論する文書をまとめた」とキャンディス・オーウェンスはツイートした。

なんてこった。
CDCは実際に、リスクの高い人々を収容所に入れて、リスクの低い人々を「盾」にすることを議論する文書をまとめたのです。
いいえ、これは冗談ではありません。はい、1930年代のドイツへの言及をしたすべての人の正当性が証明されました。




この戦略書の目的は、「重症化のリスクが高い人(「ハイリスク」)と一般の人(「ローリスク」)の接触を制限することで、COVID-19の重症化件数を減少させること」 です。

CDCによると、これを実現するためには、「ハイリスク者は、状況や設定に応じて、家庭、近隣、キャンプ/セクター、コミュニティレベルで設定された安全地帯または「グリーンゾーン」に一時的に移動する。家族や他の低リスクの住民との接触は最小限にとどめる」ということです。

ツイッターでは、ワシントン州のプログラムが、COVID-19の隔離ルールを破ったアメリカ人を強制的に隔離するためにいずれ使われるのではないかという懸念が寄せられています。

また、あるユーザーは、この役割を「COVID検疫強制キャンプカウンセラー」と表現しました。

レポート:ワシントン州がCovidの長期隔離キャンプにスタッフを派遣中。-(インディード)のジョブボードに数十件の求人情報が掲載されました。



※給料も良いけどずっとトラブル連続の仕事でしょうね....

Twitterに投稿された動画には、求人広告に記載されているのと同様の目的で、ワシントン州イートンビルに「COVID検疫サイト」が建設されている様子が映し出されています。


昨年紹介したように、カナダのケベック市当局は、コロナウイルス施設で「非協力的な」市民を隔離をコロナウイルス施設に隔離すると発表しましたが、その場所はまだ秘密にされています。

また、ニュージーランドでは、COVID感染者とその家族を「隔離施設」に収容する計画を発表しました。

オーストラリア:ミックルハム検疫キャンプの建設が始まります

1月には、ドイツ当局も、規則に正しく従わないことを繰り返す
COVID反体制派をドレスデンにある「拘束キャンプ」と称される施設に拘束すると発表しました

参考:サミット.news


※果たして捕まって隔離された後、本当に戻ってこれるのでしょうかね?

 
自由への切符:強制検疫施設 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

建設中の強制収容所:テネシー州 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

陸軍州兵は「民間人拘留」の準備を始める : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


大規模強制収容所へ:未接種者の隔離の準備 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)