Strange metallic-like material that resembles graphene observed after rainfall - ORWELL CITY

降雨後に観察されたグラフェンに似た
奇妙な金属状の材料


動画開始21秒以降、酸化グラフェンのようなモノが.....




リカルド・デルガド :はい。いいですか、非常に好奇心をそそるビデオを見ることになります。ともかく、大目に見てください。録画した人が話している言葉からして、フランスで録画されたもののようです。空から降ってきた物質が不思議にもまとまっているという内容です。グラフェンに似ている、見てみましょう。

:雨上がり。雨が降った後です。私たちはもう仕事ができないので、戻ってこなければなりませんでした。そして今、空から降ってきたこの物体を見ている。蚊の幼虫ではありません。ただ集まっているだけです。どこにでもいるんですよ。
最初は蚊の幼虫だと思っていましたが
、少し金属粒子に似ています。

リカルド・デルガド: まあ、それはそれとして。ビデオは短いですが、見ていて怖いものがありますね。本当に怖いですよね。

セビリャーノ博士: なんか変なのが出てきましたね。
今のは怖いですね。
さて、これらは衝撃的なものですが、今の世の中では、そのようなものはありません。空から金属製のものを落としていることもわかっています。また、雲も見られます。スモーカーズフープのような雲ができて、空中にささくれ立っていたのを覚えていますか?
屋根の上でその輪っかを見たことがあります。そのビデオを2、3本見ました。これを投下するのは珍しいことではありません。

具体的には、10年ほど前、ある患者さんが「ニュースを見て...」とおっしゃっていたという逸話です。ところで、ここのニュース番組は、スペインのものとは違います。典型的なものとは別に、ある場所で起こった奇妙なことを説明する放送があるのです。パン屋さんが定住したとか、要するにごく普通の逸話をいつも話している。

ある放送では、フランスの小さな町に住む女性が、「朝が明けて、まるで青い粒子のように......
あたかもプラスチックのような」と言っていました。まるで小さなボールのように

次の日、誰かが掃除機でそれを消しに来た、とかね。 しかし、彼らがそのチャネルを通したものは、二度と話題にならなかった。
誰かがあそこで失敗したんですよ。飛行機か何かで。
そして、一気に荷物が飛んでいって、あの小さな町に落ちてきた。もしかしたら、別の場所に落とさなければならなかったのかもしれない。彼らは長い間、あそこに物を投げていたんですよ。誰も知らない。そして誰も説明しない。

動画で見たものは...。ナレーションをしている男性は、これは蚊の幼虫ではないと言っています。つまり、自然界に存在するものではないということです。巣も、蚊の雲も、何もありません。何か変ですよね。

現在、彼らが私たちにしていることを我慢しているのだから、私たちはすべてを我慢しなければならない。私が「これは撤去しなければならない」と言い、「あそこにいる人たちも撤去しなければならない」と主張するのは、それらが私たちを危険にさらしているからなのですよ。

これは昨日のことではありません。そして、これは昨日のものでもありません。彼らはずっと前からやっていたんです。そして、私たちが止めなければ、彼らはこれもやりたい放題やるでしょう。ある日、彼らはあなたにこれを吹きかけます。別の日には別のものを吹き付けるでしょう。

そして、腫瘍で死んでいく人たちを目の当たりにします。アンテナが何を引き起こすか知っているはずなのに、彼らは何も引き起こさないと言っています。私たちはこの状況をずっとずっと我慢できません、彼らは私たちを殺そうとしているのですから。文字通りです。

ありがたいことに、この記事は多くの人の目を開かせてくれました。このビジネスや世界がどのように機能しているかを理解することができました。私たちは今、その方法を知っています。そして、地球の半分をワクチンで酔わせようとしている彼らに感謝します。いや、地球の半分ではないな。