偶然見つけた投資・経済?のサイト:来年日本で大地震があると書かれていたので取りあえず.....
図はイメージ
800px-Pacific_Ring_of_Fire
2021年9月21日 未来のジッター、火曜日のターンアラウンド

※日付があると言うことはHaarp人工地震の計画ですか?

私もコンシグリエールも将来をとても心配しています。 そこで、現在の市場や「ニュース」の血となり肉となる前に、来年に向けていくつかの項目が浮上し始めています。

まず、2022年9月に日本で大地震が発生するという独自のレポートがあります。 9以上の大地震です。 その際、太平洋全域に津波警報が発令されます。 これは、GLPや他の先進的なサイトに出入りしているリモートビューアー(
RV'ers)やフューチャーワーカーの集合体からの情報です。

もしそれが、「先見者」と「RV'ers研究者」の間の合意が終わったところであれば、それは言及する価値があるでしょう。

しかし、覚えておくべき本当の重要な項目は、22年9月の日本の地震は早期警告に過ぎないという報告(見通しの調和)であり、2023年の冬から春にかけてカリフォルニアでの大地震の長期予測が現れる時期であることを確認するためのものだと言ってもいいでしょう。 カリフォルニア州の一部が太平洋の深みに落ちていくような地震です。 地震のような小さな震え。カリフォルニア州コーチェラ近郊で発生した3.2の地震は、まさにそのことを思い出させてくれます。

ここでは、あまり多くの読書の割り当ては出しません。 しかし、今から1年後と言う前に、ジョー・ブラントの1937年の夢を読む必要があるでしょう。 これまでで最も興味深い予測作品の一つで、昏睡状態の少年が見たものは、カリフォルニアの未来だったというのです。

あなたがスクライブ会員なら、こちらから入手してください

「カリフォルニア時代」の私は、ハリウッドとヴァインの周辺でかなりの時間を過ごし、6464サンセット・ビルにオフィスを構え、レコーディング・カレッジを運営していたバーバンク時代には、エレインと一緒によく訪れました。 その都度、ハリウッドのど真ん中を歩きながら、鳥の声や 「消えた音 」と言われる音を聞いていました。 ハリウッドの鳥の鳴き声は減ってきていますし、5Gやこの地域のあらゆる汚染を考えると、あと1~2年もすれば、ジョー・ブラントの夢の重要な指標のひとつが達成されたことになるでしょう。自然の静寂。

これは、現在のラ・パルムの光学系において、
RV'ers(リモート・ビューアー)と非常によく一致している「先見者/予測/夢想家」を私の顧問が詳細に追跡していたことから、「大物」を視野に入れておきたかったのです。

未来向けの出版物の中には、「カナリア火山の噴火は数千人が避難」、溶岩の流れで家が破壊される」というような報道があります。 「次の内容」という部分は、報道機関に任せることにしましょう。

完全なレポートはこちら