Population Control Alert: Ibuprofen Is A Tool Of Agenda 21 - Humans Are Free
2018年の記事から

人口制御の警告:イブプロフェンは
アジェンダ21のツールです


月曜日に発表された研究では、イブプロフェンという薬が男性の生殖能力に及ぼす影響について詳しく述べられています。この薬は、若い男性に不妊症につながるホルモン状態を引き起こすことが示されました。

CNNによると、「米国科学アカデミー紀要」に月曜日掲載された研究によると、イブプロフェンをスポーツ選手が一般的に使用する量で服用した場合、少数の若い男性が、通常は中年期に始まるホルモン状態を発症したことがわかりました。

この症状は生殖能力の低下と関連しており、イブプロフェンはアジェンダ21の人口管理に最適だと言う人もいます。

デイリー・シープルのジョー・ジョセフは、彼の正当性が証明されたと言っています。"今日は正当性が証明された気分です! 数ヶ月前、私はイブプロフェンがアジェンダ21の道具になりうるというビデオを発表しました」とジョセフは言います。


アジェンダ21についてのジョセフの見解は正確です。国連のウェブサイトによると、アジェンダ21は 「持続可能な開発 」を意味しています。

しかし、もちろんそれはエリートたちの指示によるもので、その目的のひとつはメガシティへの人口集中です。狭い場所にぎゅうぎゅう詰めにされた人々は、地域に密着した生活をしている人々よりもコントロールしやすく、操りやすいのです。

「NSAIDsと呼ばれる一群の医薬品には、多くの問題があります」とジョセフは言います。
.
アドビルやモトリンなどのブランドで、腫れや痛みを抑えるために販売されている、市販薬です。市販薬のメーカーを代表する業界団体である消費者健康製品協会は、「市販薬を安全に使用するための継続的な研究を支援・奨励し、消費者への継続的な教育を促進する」としています。そして、これらの製品に含まれる有効成分の安全性は、何十年にもわたって科学的研究と実際の使用によって十分に立証され、支持されてきたと述べています。」
.
しかし、NSAIDを使用して死亡した人たちはどうなるのでしょうか?それが、言われている「現実の使用」なのでしょうか?実用的な痛みの管理のウェブサイトに掲載されている数字によると、2012年にNSAIDsが原因で死亡した数は、オピオイドの過剰摂取よりも多いとのことです。
.
また、今回の研究が、妊娠中の女性を対象とした研究の延長線上にあることも気になります。

「フランスとデンマークの研究チームは、薬箱に入っている3種類の軽い鎮痛剤のうち、どれか1つを妊娠中の女性が服用した場合の健康への影響を調べ始めました。それは、アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェンでした」とジョセフは言います。

「その結果、3つの薬はすべて抗アンドロゲン作用があることがわかりました。つまり、男性ホルモンを乱し、3つの薬は
男性の赤ちゃんを妊娠している女性が薬を服用すると先天性奇形を持った男性の赤ちゃんが生まれる可能性を高めてしまうのです。」

これを受けて、この3つの薬を服用したことのある成人男性を対象に調査を行ったところ、イブプロフェンが最も強い不妊効果を有することが判明しました。

これらの副作用をもう少し調べて、薬がどれだけ体に害を及ぼすかを自分で判断してから服用するようにしましょう。



ソース: SHTFplan.com