トランプの裏切りとWHO PIP規約に拘束される日本? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
新世界秩序におけるナノテク犯罪と裏切り : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

※これらのナノ技術はチャールズ・M・リーバー博士↑が開発したと言います。なのでトランプはCOVIDに必要である宇宙軍を助ける意味で裏切り行為を行ったのではないのだろうか?

ナノボット技術(NT)と人工知能(AI)を
ワクチンキャリアとアジュバントとして使用


fbbf2b_d247b00e72b646e8a92b8215b7362144_mv2
ワクチン接種後の赤血球の内因性クラウニングとタンパク質のスパイク

人間または動物の身体の血管および間質流体に注入されたプログラマブル磁気ナノボットは、結合組織および脂肪組織に堆積し、細胞膜の生物学的変換(クラウニングおよびタンパク質スパイク)、遺伝子変異、および細胞の死を引き起こす可能性のある器官および腺に堆積することが判明した。1][2]

fbbf2b_d11bd2f92d43469786c7335341b4cc27_mv2
プログラマブル磁気ナノボット

ナノボットは、通常の皮下注射器を使用して注入することができる。ナノボットは、過酷な環境を歩き、耐える能力を持つ顕微鏡機能ロボットです。各ロボットの長さは70nmで、上に見られるように1つの4インチシリコン複合ウエハから最大100万台を製造できます。オリジナルのナノファブリケーション技術は、コーネル大学のMarc Miskinらの同僚によって開発されました。研究は、2017年3月にアメリカ物理学会で発表されました。EurekAlertリリースによると、チームは数週間のスパンで専門の4インチシリコンウエハーから100万ナノボットを生産できるナノファブリケーションプロセスの開発に何年も費やしました。

これらのマイクロロボットは、4本の脚を特徴とし、磁気性、柔軟性、超強い六角形のグラフェン酸化物で構成されています。[1][2]



電磁波周波数を脈動させる電磁波(EMF)によって引き起こされる活性化を示すビデオのリンク https://rumble.com/vkm84h-is-nanobot-technology-or-artificial-intelligence-viable-inside-the-human-bo.html は次のとおりです。


酸化グラフェンのナノ粒子 - https://forbiddenknowledgetv.net/dr-david-martin-just-ended-covid-fauci-doj-politicians-in-one-interview/

これにより、ナノボットは各脚の約8,000倍の重量を量る体を運ぶことができます。また、各脚は100原子、さらには1原子の厚さまで測定し、1,000〜100,000倍の厚さの体を運ぶことができます。

研究者たちは現在、これらのグラフェンナノボットの「スマート」バージョンを開発しました。これらのバージョンは、コントローラ、センサー、送信機、時計を備えています。酸化グラフェンナノボットは、磁場(EMF)または超音波を使用して動力を与えられ、人体組織、臓器、腺(生殖器官[4]骨髄、血液脳関門を越えて、間質流体を介して肺の空気血液関門を横切って)に深く移動することを可能にする[インタースティティジウム]と呼ばれる人と動物の最大の器官[5]




以下のフローチャートは、グラフェン酸化物ナノボットプログラム可能な技術またはいわゆる幻のウイルスからの保護のためのいわゆる「ワクチン」を接種した後、ナノボットとEMF技術があなたの心身の健康にどのような影響を与えるかの例です![6][7][8][9][10]


※衛星ナビからも「宇宙軍」に個人を特定されて直撃されるんですな...
また、次のリンクで、現在のワクチンとその内容/アジュバントに関する次の記事「
事実またはVAXX」をお読みください
https://www.drrobertyoung.com/post/vaxx-the-real-facts。

グラフェン酸化物[GO]は、EMGのすべての世代、特に41.3 gHzの磁場と共振します。

以下のリンクは、元ファイザーの従業員と内部告発者のインタビューで、CoV - 19接種の内容/補助者に関する
致命的なショット!元ファイザー従業員がCOVID「ワクチン」で毒を確認 (rumble.com)

【水溶液中のグラフェン酸化物検出 https://www.globalresearch.ca/graphene-oxide-detection-aqueous-suspension/5749529 グローバルリサーチ、2021年7月8日] 

ロバート・O・ヤング博士の研究、研究、調査結果の詳細については、以下のリンクを参照

www.drrobertyoung.com- 履歴書
www.drrobertyoung.com/blog - 科学ブログ
https://phoreveryoung.wordpress.com/ - 3000記事https://www.bitchute.com/search/?
query=dr%20robert%20o%20young&kind=video - 120科学インタビューと講義
www.universalmedicalimaging.com - 非侵襲的な医療診断
https://rumble.com/search/video?q=drrobertyoung - ZoomÂに記録された50の最近のインタビュー