2020年1月31日のアザール・ファウシ=トランプ・コロナウイルス・パンデミックフィアットはHHS詐欺に基づいていた- アメリカン・インテリジェンス・メディア (aim4truth.org)

9月16日
アザール・ファウチ・トランプのコロナウイルスパンデミック2020年1月31日のコロナウイルスパンデミックの予測は、
米国保健省の不正に基づいています。


King-Kong-Don-Trump
trump-fraud


  • COVIDで死亡したのは5人だけで、統計的な健康上の脅威はなかった。
  • アザールは1文の宣言を5日前の2020年1月27日に遡って行った。(荒らしは、これを1時間あたり1,000ドルの悪徳弁護士による事務的なミスだと主張しているが、これは余計なお世話だろう。)
  • アザールは、国連WHOの共謀者が6週間後の2020年3月11日に、彼らが後で行った「パンデミック」をまだ宣言していなかったので、彼のWHOのハンドラーに従っていなかった。
  • アザールとトランプは明らかに、2020年2月28日(2020年)に起訴されたバイオナノ・5G化学兵器のスーパー・スパイエージェント、ハーバードNIH博士チャールズ・M・リーバーを守るため明らかに飛びついた。
  • 驚くべきことに、FDAは4週間後の2020年4月10日にCOVIDの治療にイベルメクチンを使用しないようにと、欺瞞的な表現の警告を出している。(注:FDAは1998年10月8日にヒトへの使用を承認していました。日本の研究者は、この薬を「脅威の薬」「驚くべき人体への安全性」と呼び、2021年2月9日にCOVIDの治療を全国的に承認した)[1]
  • なぜ 「You're Fired!」なのか?トランプはコーエン、ムニューシン、ロス、ファウチ、バークス、ティラーソン、ポンペオ、デヴォス、ハスペル、チャオ、ペンス、マティス、ボーテル、ミリー、バー、セッションズなどの英国巡礼者協会のグローバリストをたくさん雇ったのか?
  • トランプは騙されたのか。アザール、ファウチ、ゲイツの詐欺に加担していたのか?
  • 不正行為は常に、毒された木の実のように、判断とその結果としての行動を巻き戻してしまう。法的命令を裏返すことは、事務的なミスではなく、犯罪です。HHSの弁護士はアメリカ共和国でゲームをしていました。

証拠:ドナルド・トランプはアメリカの裏切り者

.

(2021年9月16日)-2021年9月9日、プリテンダー・バイデンと非合法の米政権は、「連邦職員へのコロナウイルス病2019年ワクチン接種の義務化に関する大統領令 」を発令した。

セクション1では、バイデンは彼の権限を「2020年1月31日に保健福祉長官によって最初に宣言された全国的な公衆衛生上の緊急事態」とした。図1.

第一に、バイデンの見せかけの「大統領職」が不正に得られたものであることを考えると、彼の選挙詐欺はこの行為を否定するものである。この不正の証拠は、アリゾナ州、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州、ミシガン州、ニューヨーク州、ジョージア州などで行われた様々な選挙不正訴訟で見ることができる。山のようにある確固たる証拠については、絶対的証明をご覧ください。

第二に、保健社会福祉省(HHS)長官のアレックス・M・アザール2世は、COVID-19の死亡者がわずか5人だった2020年1月31日に根本的な緊急事態を実行した。

疾病管理センター(CDC)によると、米国でのCOVID-19の死亡者数はわずか5人でした。したがって、健康統計は彼の行動をサポートしていませんでしたが、これも詐欺行為です。図2、4.

FDA、HHS、CDC、NIHにおける連動した国際的な絡み合い

アザールは、パンデミックに関して、FDA、HHS、CDC、NIHを支配している国連WHOの手先の協定(WHO PIPフレームワーク、後述)に従っていなかった。

WHOとの連動した協定は複雑である。ここでは紙面の都合上、スクリーンキャプチャーはしない。

21st Century Cures Actは、米国におけるパンデミックのための医療権限を規定している((H.R. 34, 第114議会、2015-2016))。第3093条は、HHSにワクチンに関する権限を与えている。第3092条は、CDCに予防接種に関する権限を与えている。

CDCは、CDC協力センターの参照条件(2014年)を世界保健機関(WHO)と設立しました。CDCのWHO協力センターの参照条件「パンデミックインフルエンザの準備」に関しては、支配的な協定です。

米国の医療指導者と立法者は、米国の医療主権を国連WHO(英国巡礼者協会が支配管理)に渡した。

CDCは、
「パンデミックの可能性のあるインフルエンザワクチン候補ウイルスを選択し、開発する」ために参加しているWHO協力センター[sic]の 「すべての活動を指導する 」PIPフレームワーク
(WHO PIP-パンデミックインフルエンザの準備) のWHO 附属 5に支配されることに同意した。米国、英国、オーストラリア、を含むこれらのセンターは、「中核となる規約に拘束される 」ことに合意しました。

※日本もどうやらこの↑のPIPフレームワークとやらに拘束されてるようです。
と、言うことは、日本も最悪米・英・豪の様にやれってことですかね?
内容が今のところ不明。一つハッキリしてるのは各国政府が自国民を殺害していると言う事実です。

国連世界保健機関(WHO)がCOVID-19をパンデミックと宣言したのは、その6週間後の2020年3月11日でした。図3.

図1:ジョセフ・R・バイデン・ジュニア(2021年9月09日)コロナウイルス病の義務に関する大統領令 2019 連邦職員のための予防接種, 9月 09, 2021 大統領の行動, 2021年9月14日にアクセスしました.ホワイトハウス。ソース:https://www.whitehouse.gov/briefing-room/presidential-actions/2021/09/09/executive-order-on-requiring-coronavirus-disease-2019-vaccination-for-federal-employees/

図2:NCHSに報告されたコロナウイルス感染症2019(COVID-19)、肺炎、インフルエンザに関わる死亡数を、発生した期間と管轄区域別にまとめたもの。
2021年9月14日に米国疾病管理センター(CDC)にアクセス。
ソース:
https://www.cdc.gov/nchs/nvss/vsrr/COVID19/
図3:WHOがCOVID-19をパンデミックと宣言。NIH. 2021年9月14日にアクセスした。
ソース:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32191675/

したがって、HHS長官アレックス・M・アザールは、国民健康緊急事態を宣言する根拠を持っていませんでした。

さらにアザール長官は、緊急事態宣言を5日前の2020年1月27日に遡って発表した。図4.

法的文書の裏付けは、(ここで取り上げた他の不正行為を考慮に入れなくても)通常、表面上は不正行為である。この決定は、アメリカのすべての男女と子供に影響を与えるほど重大なものであったため、裏付けの例外はここでは適用されない。アザールが実行を急いだために、適切な精査がカーペットの上に流されてしまったのです。高給取りの弁護士が、たった一文の宣言をうっかりミスだと言い訳するのは笑止千万である。

この行動は、なぜこの5日間がそれほど重要であったのかという疑問を抱かせる。

図4 アレックス・M・アザール,II.(2020年1月31日)公衆衛生上の緊急事態が存在するという判断2021年9月14日アクセス。PHE.gov、米国保健福祉省準備・対応担当補佐官室。ソース:https://www.phe.gov/emergency/news/healthactions/phe/Pages/2019-nCoV.aspx
charles-lieber
5:2020年2月27日に起訴されたハーバード-NIH-DARPAナノテクノロジーバイオテクノロジーバイオウォーフェア教授チャールズ・M・リーバー:彼のナノチューブ技術は、現在世界の人口に注入されているCOVIDの毒物に使用されています。リーバーはNIHのアンソニー・S・ファウチから多額の資金を提供されました。内部告発者の証言ファウチのDoDバイオテクノロジー兵器化プログラムへの参加

2020年1月28日、連邦政府はハーバード大学・中国のナノバイオウォーフェア研究者であるチャールズ・M・リーバー博士をボストンで起訴したリーバーは66の米国特許を保有しています。その多くは、アンソニー・S・ファウチ博士と米国国立衛生研究所(NIH)のほか、ハーバード大学、DARPA、MITREコーポレーション、空軍科学研究局、海軍研究局などから資金提供を受けている(各特許には、「政府の関心事」の欄にリーバーに資金提供した連邦機関が明記されている)

研究者たちは現在、COVID-19のバイアルの中にリーバーのナノ粒子を発見している。

司法省は、リーバーを起訴することで、武漢での感染が疑われる直前の中国での生物兵器活動における彼の役割を含め、世間の監視から事実上、彼を遮蔽し、黙らせたのである。

リーバーの父、ロバート・リーバーは、MI-6に支配されたC.I.A.で、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の上級衛星技術者であった。彼は1962年にデビッド・サーノフ優秀技術賞を受賞している。彼が手がけた米海軍のイージス衛星システムは、今日の5Gの展開に欠かせないものです。

サーノフは、1940年に議会でジェイコブ・ソーケルソン博士(モンタナ州第1区)が取り上げたように、英国の巡礼者協会の主要メンバーでもありました。

図6:プレスリリース(2020年1月28日)ハーバード大学教授と2人の中国国民は、3つの別々の中国関連事件で起訴された。米国司法省は、2021年9月14日にアクセスしました。ソース:https://www.justice.gov/opa/pr/harvard-university-professor-and-two-chinese-nationals-charged-three-separate-china-related

図7:ハーバード大学化学化学生物学科の議長でリーバー研究グループのオーナーであるチャールズ・M・リーバー教授は、2020年1月28日、蘇州ナノテクアンドナノバイオニクス研究所(中国・上海西65マイル)の特別ゲストとして「ナノエレクトロニクス・ミーツ・バイオロジー」に関する講演を行いました。2020年1月28日、マーティンは中華人民共和国と共謀した容疑でボストンで起訴された。ソース:http://english.sinano.cas.cn/ns/es/201305/t20130506_101653.html

5g-wireless
図8: ファウチがリーバーにお金を払って作らせた、兵器化された
5Gワイヤレスナノチューブ・コロナウイルス・デリバリー・システム。
(ナノチューブ内の水が5Gミリ波の刺激で加熱され、ナノチューブ内の水圧で水とコロナウイルスが排出される。)※グラフェンかもしれません

※この記事が関連
5G放射線を使用してコロナウイルス粒子を振動させる特許 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

リーバーが起訴される1日前のCOVID-19によるわずか5人の死者に基づいて、国家緊急事態を1月27日に遡って発表したことで、アザール長官は英国巡礼者協会のスーパーエージェントであるチャールズ・M・リーバー博士を、国連WHOが計画したパンデミック(これも詐欺)であることを明らかに知っていながら、アザールとトランプが何らかの理由で明らかに飛びついたパンデミックを隠れ蓑にして保護したのである。彼はイギリスの国連WHOの手先よりも6週間も先を行っていたのです。

連邦政府の判決を後回しにすることは不正行為であり、詐欺師のふりをしたバイデンの最新の大統領令を含む、その後のすべての行動を巻き戻します。

この裏付けとそれに連動する不正行為は、英国巡礼者協会とそのおべっか使いであるアメリカ政府が、2020年1月下旬以降、アメリカと世界を苦しめてきたCOVID-19の悪夢を完全に解き明かすものです。

医療大虐殺を実行し、「グレート・リセット」としても知られる「新世界秩序」の専制政治への執念を達成するための彼らのアジェンダは、合理的な人であれば誰の目にも明らかになっている。

グレートリセットではなくゴールデンルール

これらの犯罪者は、米国の我々国民と世界の愛国者によって裁かれなければなりません。私たちの専制的な政府は脇に置かれ、黄金律が市民の会話や経済において最高のものとされなければなりません。

自由を愛するすべての人々に、主の慈悲と神のご加護があらんことを。

この記事は、ソーシャルメディアで簡単に共有できるよう、チラシ形式になっています。



trump-empire-traitor
Donald-Barron-Trump-traitor
melania-donald-trump-sleeping