https://benjaminfulford.net/2021/09/13/fake-biden-regime-begs-china-for-money-as-9-30-payments-deadline-looms/

偽バイデン政権、9月30日の支払い期限が迫る中、
中国に資金提供を要請

ゴムマスクを被った偽りの「大統領」ジョー・バイデンの米国偽装政権は、深刻な問題を抱えている。彼らは、9月30日の支払い期限に間に合わないことに直面している。米国企業がデフォルト(債務不履行)に陥ってから2週間の猶予期間があるので、2020年2月16日の市場崩壊の再現が10月14日前後に起こることになる。従って、イエレン米財務長官は、米国が10月に国債をデフォルト(債務不履行)すると公に警告しているのだとMI6筋は語る。
 https://thehill.com/policy/finance/571237-yellen-us-on-track-to-default-on-national-debt-in-october


先週、「バイデン」が中国の習近平国家主席に電話したのもそのためである。アジア秘密結社の関係者によると、新たな資金提供の約束が得られなかったため、上司のアンゲラ・ヒトラーが電話をかけ、中国への完全な服従を誓った場合にのみ資金が得られると言われたという。中国の公的機関である『環球時報』は、この会話を次のように自慢しています。

「緊張が高まる中、7ヶ月ぶりに行われた両首脳の電話会談は...米国の要請で行われたもので、重要な世界的問題に関する中国の協力に対するワシントンの不安と必要性が強調された」

中国は「バイデン」に対し、「米国は中国の基本的な利益を尊重し、中国を抑圧するという幻想を捨てて行動すべきだ」と述べ、習近平は「ワシントンに対し、関係を正しい軌道に戻すための責任を負うよう求めた」とし、さらに「米国はこれまでの誤った行為を正し、中国の基本的な利益を尊重するためにもっと行動すべきであり、中国を敵視しながら協力することを期待してはならない」と述べた。また、「バイデン政権は国内で大きな圧力に直面している」ので、「中国の特色ある社会主義の道とシステムに挑戦したり、誹謗中傷したり、さらにはそれを覆そうとしたりしてはならない 」と指摘した。

さらに環球時報は、「習近平とバイデンの会談の数時間後、習近平はドイツのアンゲラ・メルケル首相とも話した」とし、「EUに正しい対中政策を守るように促す」よう命じた。
 https://www.globaltimes.cn/page/202109/1233921.shtml


これに対し、「ホワイトハウス」は次のような脅し文句を発表しました。

「両首脳は、競争が衝突に発展しないようにするための両国の責任について議論した。」
 https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2021/09/09/readout-of-president-joseph-r-biden-jr-call-with-president-xi-jinping-of-the-peoples-republic-of-china/


中国はその後、テロは国境を越えた脅威であり、「人類共通の敵」であると認識することを示唆した。


ホワイトドラゴン協会としては習近平のアバターを使うアジアのドラゴン族と、「バイデン」体制に代わるものを交渉している。議論されている案は...

アメリカの偽物政権を崩壊させて、「テロ」を終わらせること。ドラゴンファミリーとWDSの情報筋によると、ドラゴンファミリーの交渉担当者が次の行動について長老たちと相談した後、今週も話し合いが続けられるという。

いずれにしても、欧米の愛国者たちは、ハザリアン・マフィアが欧米人を中国の奴隷に売り渡す前に、ハザリアン・マフィアを打倒することが不可欠であることを認識する必要があります。

先週、マイケル・フリン米陸軍将軍が言ったように、「我々は人生の戦いの中にいる。」
彼は「ホワイトハウスには誰もいない」と指摘し、「2024年にドナルド・トランプ」などという話はナンセンスであり、「2020年の問題が解決しない限り、公正な選挙は二度と行われない」と述べています。また、フリン氏は、米国民に対するサイオプスが進行中であると指摘。革命戦争では、アメリカの人口400万人のうち、たった3%しか戦わなかったことに触れながら、愛国者たちの結集を促しました。

我々は、米軍、情報機関、民兵など、新たな革命戦争を戦うための決定的な集団を持っている。勝つためには、真の敵を見極めることです。まず、ドナルド・トランプ大統領の行動を見て、騎兵隊がまだ来ているかどうかを考えてみましょう。熱心なトランプ派は、2020年の選挙盗用を覆すチャンスを米軍から提示されたとき、なぜ彼がそれを断ったのかを問う必要がある。第二に、フリンが指摘するように、「99.5%の回復率があるのに、なぜこんな狂気の沙汰をしているのか」という理由を説明する必要がある。ワクチン推進派のトランプ氏は、9.11の真実を明らかにしなかったことも忘れてはならない。つまり、米国の愛国者たちは、トランプではなくフリンを支持する必要があるのだ。


では、我々がターゲットにすべき敵は誰なのか?科学捜査の結果、いつものようにスイスとオクタゴングループに行き着く。オクタゴングループは、約700人の高級工作員を通じて、多国籍企業の90%を支配しています。「グレート・リセット」世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ(母親がロスチャイルド)は、カール・フォン・ハプスブルクに報告していることが分かっている。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Karl_von_Habsburg

また、ロスチャイルド家とともにエコノミスト誌を所有するアニエリ兄弟が、ビットリオ・エマヌエーレに報告していることもわかっている。これらの人々は、ゴム製のマスクをかぶったフランシスコに代わって、全人類にDNAを変えるワクチンを接種しようとしているローマ法王を支配しているのです。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Vittorio_Emanuele,_Prince_of_Naples


また、バイデンの上司であるドイツのアンゲラ・ヒトラーもオクタゴングループ(ジェームズ・ボンドで有名なスペクターの実在するグループ)の政治局員であることがわかっている。

この人たちは、権力を維持するために今、あらゆる手段を講じている。だからこそ、彼らの下僕であるアントニオ・グテーレス国連事務総長(誰も彼を選んでいないことを忘れてはならない)は先週、世界が「極めて重要な瞬間」に直面しているという悲痛な警告を発したのだ。グテーレス氏は、「陰謀論や嘘(オーウェル語で真実を意味する)は、社会の深い分裂を助長する」と警告しています。グテーレス氏は、「500億ドルのワクチン接種 」と 「デジタル技術のグローバルガバナンスの強化(検閲)」を目的とした、緊急対策本部による世界的なワクチン接種計画の実施を求めています。グテーレスはまた、G20、国連の経済社会理事会、国際通貨基金や世界銀行などの国際金融機関のトップを支配している主人の存在を明らかにしています。

このような人々がいかに大胆な偽善者であるかを示すために、彼は「偽情報や陰謀論に対処し、公論において事実、科学、誠実さを促進するためのグローバルな行動」を提案しました。まず、SARS-Cov-2とCovid-19が本当に存在するという科学的証拠を示すことから始めたらどうだろうか。


とにかく、あなたが愛国者であり、人々を守りたいのであれば、この偽のパンデミックのためにDNAを変化させるワクチンを推進する者を見つけ次第、撃ち殺せばいいのです。


このパンデミックとワクチンを推進する犯罪者に対する大規模な反乱が、すべての西洋諸国で進行中であることに注目したい。サッカーの試合で大勢の観客が一斉に「くそジョー・バイデン」と叫んでいるのを見てみましょう。
 https://www.zerohedge.com/political/fk-joe-biden-chants-heard-across-us-college-football-stadiums


カナダのジャスティン・カストロやフランスのエマニュエル・マクロンのような偽リーダーは、嘲笑されたり、その場で吊るされたりすることを恐れて、公の場に出ることができません。また、イギリスやオーストラリア、アメリカなどでは、政権交代を迫ることを目的としたトラック運転手のストライキが行われています。
 https://www.rt.com/news/534591-paris-clashes-health-pass-protests/


英国では、サジッド・ジャビット保健省長官が、Covid ワクチンのパスポートは導入されないとし、国内でこれ以上のロックダウンが起こるとは思わないと述べています。
 https://news.trust.org/item/20210912090529-5m6aq


また、偽のパンデミックやワクチンの推進者に対する複数の裁判が影響を与え始めています。例えば、ベルリンの裁判所は、ベルリン市の屋内ダンス禁止令を訴えていたディスコを勝訴させ、ベルリン上院はクラブの営業再開を認めさせました。ニューヨーク・タイムズ紙は、この判決を「ワクチン接種を受けた人」だけに適用されるものとして報道しようとしたが、それは真っ赤な嘘である。
 https://www.nytimes.com/2021/09/11/style/berlin-clubs-reopening.html


さらに劇的なことに、ドイツの検察当局は「マネーロンダリング」を巡って法務省と大蔵省の両方を家宅捜索した。これは、戦後のドイツの占領が終わろうとしている兆候だと、ドイツの愛国者たちは約束している。
 https://www.reuters.com/world/europe/german-prosecutors-search-ministries-over-money-laundering-probe-2021-09-09/?utm_source=reddit.com


日本では、バーやレストランが、酒類を提供してはならないという政府の命令を公然と無視し、午後8時までに閉店しています。日本のギャングたちは、偽政府が汚染されたモデルナワクチンを使って自国民を殺そうとしたことについて詳細な情報を得て、行動を起こすことを約束している。デイビッド・アトキンソン、マイケル・グリーンバーグ、カート・キャンベルなどのハザリアン・マフィアの代理人が国外逃亡を余儀なくされる日もそう遠くはないだろう、と日本の右翼は約束している。

ハザリアンのネズミが船を捨てようとしている兆候もある。「ジョージ・ソロス」(ロスチャイルドの代理人)が、ブラックロックのファンドの中国への移転を「悲劇的な過ち」であり、「米国や他の民主主義国の国家安全保障上の利益を損なう」と非難した時に見られたものだ。

ブラックロックの広報担当者は、ソロス氏の発言に対し、CNBCに対し「米国と中国は大規模で複雑な経済関係にあります」と述べ、「両国間のモノとサービスの貿易総額は、2020年に6000億ドルを超えました。」と付け加えた。
 https://www.zerohedge.com/markets/blackrock-responds-soros-scathing-op-ed-ray-dalio-also-chimes


中国政府の機関紙「環球時報」は、ソロスを「グローバル経済テロリスト」と呼んで反論した。中国が「テロリズム」を全人類の敵と呼んでいるのだから、この先どうなるかは想像がつくだろう。

MI6は、「彼らは全員バレていて、仲間内で争っている」と言い、「ロスチャイルド家は普通の汚物であり、このことは世界中で知られている」と付け加えた。

もちろん、この犯罪者たちは、静かに夜を明かすつもりはない。食糧不足を引き起こしたり、イランとの戦争を始めたり、権力を維持するために他にも様々なことをしようとしています。

第三次世界大戦を始めようとする試みを阻止するために、私たちはアジアの長老たちに、イランの指導者がイスラエルの指導者と同じ人たちのために働いていることを繰り返し警告しています。

「ロウハニ大統領とザリフ外相は、ロスチャイルドのチャタムハウスや王立国際問題研究所の言いなりになっているネズミです。

ロウハニ大統領は、スコットランドで6年間過ごし、シャリア法の博士号を取得し、ロスチャイルドから一階級下のジャック・ストローやレビー卿とつるんでいました。

ザリーフはアメリカに20年間滞在し、グローバリストのジョン・ケリーと非常に親しかった。イラン議会(33の窓を持つピラミッド)の半分はアメリカのグリーンカードを持っていると言われている。
 https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=182314


また、現在進行中の世界的な覚醒を阻止するために、KMがインターネットを遮断する可能性も高まっています。だからこそ、彼らは 「インターネットを破壊する100年に一度のスーパーストーム」について話しているのです。
 https://ktvz.com/cnn-regional/2021/09/10/growing-risk-of-once-in-a-century-solar-superstorm-that-could-knock-out-internet-study-says/


今週の最後に、ロバート・デビッド・スティール氏の死について、映画監督オリバー・ストーン氏の息子を自称するショーン・ストーン氏との間で交わされた以下のやり取りをご紹介します。

「RDSの死についての調査では、彼が30万ドルの資金を横領したことを調査していたため、注射によって殺害されたことが明らかになりました。あなたは注目の人物として浮上しています。あなたはこのことについて何を知っていますか?」

彼は無回答だった。

「あなたはゴードン・ダフと一緒に仕事をしているのですか?もしそうなら、ジャック・ハートが私に連絡するように頼んでください。」

もし誰かが私を殺人事件に巻き込んだとしたら、私は間違いなく答えるでしょう。オリバー・ストーンは、ジョン・F・ケニー大統領の暗殺にはほとんど全員が関与していたとする映画を作ったが、イスラエルのデビッド・ベン・グリオン大統領が暗殺を命じたことを示す文書が公開されても何も言わなかったことで、自らが統制のとれた反対派であることを証明したことを思い出してほしい。

結論として、皆さん、もう十分です。話し合いの時間はとっくに過ぎています。
つまり、殺すか殺されるかということです。