URGENT! DEBUNKING THE NEXT ENGINEERED PANDEMIC: NIPAH VIRUS – SILVIEW.media
緊急: 次の人工パンデミック:ニパ・ウイルスか

nipah-cover

知っておくべきこと

・インド、マニパルの生物兵器研究に秘密裏に資金提供した米国CDCをブラックリストに掲載 
india-blacklists-us-cdc-for-secretly-funding-bioweapons-research
India Blacklisted US CDC For Secretly Funding Bioweapons Research In Manipal – SILVIEW.media
これは、インド国内のさまざまな報道機関や外部ソースによる最近のいくつかの報告を裏付けるものです。私たちは、「一流の権威ある情報源」であるCVで、またしても重大な過少報告された事実に直面している。あるいはCR。その影響は甚大です。
近い将来、さらに多くの情報を公開する予定です。

インドは、米国の第一線の公衆衛生機関である疾病管理予防センター(CDC)に対し、国内でのウイルス研究への資金提供を中止するよう要請した。CDCは、カルナタカ州のマニパルウイルス研究センター(MCVR)が、生物兵器となりうる致死性のニパウイルスの研究を密かに行っていたとして、資金提供を行っていたことが発覚した。資格のない民間研究所が、外国機関の要請を受けて、政府の目を盗んで危険なウイルスを密かに扱っていたという事実は、保健省の組織内に大きな懸念をもたらした。

この問題は、CDCがインドで波瀾万丈の歴史を持っているという事実によって、さらに複雑になっている。インドの国防当局は、1994年にインド西部の都市スラートで発生したペストの感染にCDCが関与していたと考えており、これをバイオテロの事例とみなしている。今年2月、インド政府は、インド東部のナガランド州で行われているコウモリ狩りの極秘研究について調査を開始した。この研究は、米国国防総省が武漢ウイルス学研究所とビル&メリンダ・ゲイツ財団と共同で資金提供しているものである。

CDCがインドの危険なウイルス研究に密かに資金提供
2019年10月、Hindustan Timesは、連邦保健省がCDCとマニパルウイルス研究センターの両方に手紙を出し、リスクグループ4(RG4)分類に属するニパウイルスに関連する研究を中止するよう命じたと報じた。RG4のウイルスは非常に危険で、治療法やワクチンがないとされている。これらのウイルスは、生物学的安全性の最高レベルであるBSL4実験室でしか実験できない。保健省は、ニパのような高リスクの病原体に関連する研究がBSL2+レベルの施設であるMCVRで行われていることに憤慨している。

「NIVがBSL4レベルの病原体であるのに対し、MCVRはBSL2+labレベルであるにもかかわらず、CDCがMCVRにニパ・ウイルス病(NIV)の診断トレーニングを行っていたことが判明しました。このMCVRへのトレーニングに先立ち、CDCは通常通り国や政府機関に相談していません。ニパはバイオテロに使用される可能性のある高リスクの病原体であるため、サンプルはより慎重に取り扱われ、BSL4でのみ検査されるべきであった。」

政府、ニパ・ウイルス対策で米国の機関を引き上げる - The Hindu
Government pulls up U.S. agency for work on Nipah virus - The Hindu

ニパ・ウイルスは新たなパンデミックになる可能性があると専門家が指摘 - Yahoo!
Experts Say Nipah Virus Has Potential To Be Another Pandemic — With A Higher Death Toll (yahoo.com)


image-15


次のパンデミックのために、インドに巨大なmRNA工場を建設する」-ビル・ゲイツ氏


image-13

ビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同会長であるビル・ゲイツ氏は、デルタ変異体により、世界が2022年までにパンデミックを終息させることは困難であるとし、同氏の昨年の予想を外しました。ゲイツ氏は、TOI+の電話インタビューで、高齢者へのワクチン接種から、200日以内に全世界のワクチンを供給できるだけの大規模な工場能力の構築まで、さまざまな問題について語っています。抜粋してご紹介します。

Q:昨年は、2022年までにコロナウイルスのパンデミックを終息させる可能性についてお話されました。今でもその可能性はあると思いますか?

「デルタウイルスの感染力の強さには誰もが驚いています。インドは、悲劇的なことに、患者数が爆発的に増加した最初の場所でした。症例数はピーク時よりも減少していますが、これまでよりもはるかに広範囲にワクチンを提供しなければなりません。」

「当財団は、2020年春にセラム社(インド研究所)に3億ドルを提供したことを非常に誇りに思っています。セラム社は生産量の増加に成功し、記録的な数のワクチンを製造しました。今は、もっとたくさんのワクチンを作りたいと思っていますが、今後数ヶ月のうちに数がかなり増えていくでしょう。ノババックスが登場します。ジョンソン・エンド・ジョンソンの登場です。ブースターで何ができるのかを考えます。今はまだよくわかりませんが、2022年に向けてそれが有益になるでしょう。」

「デルタは誰もが予想していた最悪のウイルスだったと言えるでしょう。そのため、おそらく2022年の一部まで感染者が出ると思われ、ワクチンの接種率を非常に高くすることの重要性がより明確になりました。私の予想では、デルタ型の場合、この目標はやや達成できないと思います。」

「私は、デルタは誰もが期待していた最悪のバリエーションだったと思います。」




ビル・ゲイツ氏、COVID-19の次に来る「次のパンデミック」を警告 - 阻止する方法とはMSNBC

※阻止する方法とはだって?......お前ら全員が死ねば阻止できるんじゃないの?

ビル・ゲイツ氏は、2015年にパンデミックのリスクを警告したことで有名ですが、2021年にはワクチンや次のパンデミックへの備えに関するアイデアを提供しています。ゲイツ氏は、パンデミックが世界を襲い経済を麻痺させた後に対応するコストに比べれば、事前に支出することは実際にはかなり「お得」であると強調しています。MSNBC


次のパンデミックは?ニパ・ウイルス?- ビル・ゲイツのGAVI

CAVIのサイトです
The next pandemic: Nipah virus? | Gavi, the Vaccine Alliance

image-12

感染すると4人に3人が死亡するとされるニパウイルス。このウイルスを媒介するオオコウモリは人間と接触することが多いため、この病気の治療薬やワクチンの開発が急務となっている理由を説明します。

※まだまだ大嘘のストーリーが続くようです....

インド南部のケララ州で看護師をしていたリニ・プツセリーさんは、自分がニパウイルスに感染して死ぬことを知ったとき、夫に宛ててメモを書きました。「もうあなたに会えないと思います。ごめんなさい。子供たちを立派に育ててください」。リニは、家族3人が今までに見たことのない脳炎のような病気になって入院してきたのを、昼夜を問わず看病していた。州内の主要な研究所が、米国疾病予防管理センター(CDC)からニパを検出するための訓練を受けたばかりであったことが幸いし、ウイルスの特定は迅速に行われた。

2018年に発生したそのアウトブレイクでは、感染者19人のうち17人が死亡し、死亡率は89%に達しました。ケララ州は迅速に対応し、エボラ出血熱の発生プロトコルの訓練を受けた保健師が投入され、州全体でニパの疑いのある患者を隔離するようにしました。また、医療従事者のマスク着用や表面の除染などのプロトコルを強化しました。そして2019年、ケララ州で若い学生に再び患者が発生した際には、大規模な接触者追跡システムを導入し、患者と接触した329人を迅速に検査することで、さらなる感染拡大を防ぎました。死者は出ませんでした。

しかし、インドのすべての州がケララ州のような資源を持っているわけではありません。もし、このウイルスがインドの他の地域やその他の地域に広がれば、流行病やパンデミックに発展する可能性が高くなります。致死率が高ければ、他の人に感染させる前に患者が死んでしまうため、病気の拡大を防ぐことができる場合もありますが、もしウイルスが変異して人々の間でより簡単に広がるようになれば、その結果は全く壊滅的なものとなるでしょう。

※準備中ですな.....


9月7日インド、「COVID-19」よりも恐ろしいウイルス「ニパ」の封じ込めに奮闘中
- NY Post

India fighting to contain Nipah, a virus deadlier than COVID-19 (nypost.com)

インドでは、12歳の少年がニパで死亡した。ニパは、COVID-19よりもはるかに致死率の高い希少なウイルスであり、保健当局は以前から世界的な大流行を引き起こす可能性があると懸念していたウイルスである。

この身元不明の少年は、ケララ州の病院で死亡した。ケララ州は、インドで最も多くのCOVID-19感染者を出している南部の州で、当局の発表によれば、日曜日に死亡した。

NDTVの報道によると、少年は死亡する前にすでに他の2つの病院を訪れており、数百人の人々と接触した可能性があり、最大で11人が潜在的な症状を示していたとのことです。


世界保健機関(WHO)によると、過去に発生したニパ(NiV)の致死率は40%から75%と推定されており、コロナウイルスよりもはるかに致死率の高いウイルスです。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、「ウイルスはこれらの大流行において人から人へと広がることが示されており、NiVが世界的なパンデミックを引き起こす可能性を懸念している」と述べている。

india-rare-virus-02
2021年9月5日、インド・ケララ州のコジコデで、ニパウイルスで死亡した12歳の少年の遺体を火葬する準備をする防護服を着た人々。

すでに100人以上の少年の接触者が隔離されており、そのうち48人はケララ州の病院で監視されています。

また、当局は戸別訪問による監視を実施し、二次接触者を特定する予定です。

保健当局は、可能な限り多くの接触者を緊急に検査していますが、男児の主な接触者である家族や医療従事者からのサンプルは陰性でした。

ヴィーナ・ジョージ州保健大臣は、「この8人の接触者が陰性であったことは非常に喜ばしいことです」と述べています。

ニパウイルスは1999年にマレーシアとシンガポールで初めて発見されましたが、その際には300人近くの患者が発生し、100人以上が死亡したとCDCは指摘しています。この流行を抑えるために100万頭以上の豚が殺処分され、"かなりの経済的影響 "がありました。

その発見を困難にしているのは、発熱、咳、喉の痛み、呼吸困難などの主要な症状がCOVID-19と類似していることです、とCDCは指摘しています。

また、感染者は脳炎(脳の腫れ)を起こすことが多く、生存していても持続的な痙攣や人格の変化が見られることもあります。CDCは、「感染から数ヶ月、さらには数年後に発病し、死亡する可能性もある」と警告しています。

ワクチンはなく、唯一の治療法は合併症を抑え、患者を快適に保つための支持療法です。

ケララ州では、2018年にニパが過去に発生し、十数名が死亡したことに対処しました。

今回は、同州がすでにCOVID-19の封じ込めに苦慮していることもあり、懸念が増しています。

その他の情報:
ホワイトハウス

ホワイトハウスの科学顧問が、米国は将来のパンデミックに対する準備ができていないと警告

ケララ州では月曜日にCOVID-19の感染者数が2万人近くに達し、インドの1日の感染者数31,222人の大半を占めています。

一方、ニパは、「病気の初期症状が非特異的であるため」発見が困難な場合があります。しかし、「早期発見と診断は、生存の可能性を高め、他の人々への感染を防ぐために重要である」とCDCは述べています。

サルのニパウイルス感染症にギリアド社の実験薬が完全に有効 - NIH
Experimental drug completely effective against Nipah virus infection in monkeys | National Institutes of Health (NIH)

2019年、インドではニパの発生訓練も実施。2022年までには万全の体制を整えたいとしています。

OFFICIALS SAY THEY HOPE FOR FULL PREPAREDNESS BY 2022:

エコ・ヘルス・アライアンスが再び関与



シンガポールで開催されたニパ・ウイルス国際会議で、ヴィンセントは会議参加者と、最初のニパ・ウイルス発生の歴史、ヘンドラウイルスから得た教訓、コウモリのウイルス監視、ワクチン開発について話しています。


CDCの専門家が映画「伝染病」のシナリオの一部を検証 - PBS
‘Contagion’ Reality Check: CDC Experts Explore Some of the Film’s Scenarios | PBS NewsHour


※はい!準備が整ったようです...