How to tell if there's graphene oxide in your blood - ORWELL CITY
あなたの血液中に酸化グラフェンがあるかどうかを見分ける方法
2021年9月14日

ラ・キンタ・コラムナNo Más Mentirasウルグアイのために行った最新のインタビューの中で、ホセ・ルイス・セビジャノ博士は、酸化グラフェンが接種した人の体内に存在するかどうかを判断するための検査や血液検査について言及した。

医師が特に強調していたのは、これらの検査を一度だけ行えばよいというものではなく、数ヶ月間のフォローアップが必要であるということだった。なぜなら、酸化グラフェンは、接種者が一度だけ摂取した場合、生体内で完全に排除されるまでに1年もかかるからである。




リンク:ランブル

フェルナンド・ベガ:ホセ・ルイスに質問があります。私がワクチン接種を受けたとします。ワクチンを接種したと仮定して、私はこう言います:「わかりました。グラフェンなどを注射されたことによる影響があるのかないのか、どうやって知ることができるのかを確認したいと思います」。血液検査のレベルでは、血液検査ではどのようなことをお願いすればよいのでしょうか?自分の状態を知るためのレポートはどのように入手できますか?想像ですが、血液検査のレベルでは、どのようなアドバイスをしていただけるのでしょうか?このように考えています。

ホセ・ルイス・セビジャノ博士:医療の現場では、まず患者さんの病歴を聞くことから始まります。人に気分や体調を尋ねる。これがアナムネシスです。そして、血液凝固の問題を示唆するような皮膚病変がないかどうかを確認します。要するに、患者を診察して、何か気になることがないかを確認するのです。

患者さんに問題がないようであれば、私は通常の診察に加えて、接種箇所、胸郭上部、背中、頭部の診察を行い、磁気現象があるかどうかを確認します。もし磁気現象がなければ、おそらく成分を受け取っておらず、プラセボを注射されたのでしょう。

また、時間の経過とともに磁気が消失することもあるので、接種後の経過時間も考慮する必要があります。つまり、患者を診察し、何らかの磁気の兆候を探し、必要に応じて補完的な検査を加えます。この場合、何の疑いもなければ、血液凝固を調べることができます。

ヘモグラムでは、赤血球、白血球、血小板のみを考慮し、例えば、通常依頼される凝固因子である プロトロンビン時間、フィブリノゲン、活性化セファリン時間、それに加えてDダイマーも、もしかしたら...ということがあるからです。

フェルナンド・ベガ:それについて詳しく教えてください。D-ダイマーについてのビデオをたくさん見ました。その検査がどのように機能するのか、説明していただけますか?

ホセ・ルイス・セビジャノ博士:すべての障害となる要因はそれだけではありません。血小板も影響を受けます。つまり、あなたはアイデアを得ることができます。しかし、実際には、血液中に導入さたこの要素は外部の電磁場に近接しているかどうかによって、外部から変更可能なのです。このナノ物質には毒性があります。例えば、Dダイマーがほとんど出ない、あるいはほとんど出ないほど体調が良くても、ある日、アンテナの前でアイスクリームを食べてたら...さようならとなります。

すべてがあなたを邪魔し始めます。そこには不変のものがありません。つまり、これは飲んで、注射して、それだけで終わるような普通の毒物ではないのです。傷つくかどうかわからないものではありません。そう、そうなんです。体内に取り込まれるということです。そして、ある日突然、アンテナに近づいたり、彼らがアンテナを作動させたりして、その周波数にさらされるまでは、全く問題なく生活できるのです。この人たちは、波を作り出すことで周波数をコントロールしていることがわかっています。彼らは、このナノ物質を介して波を作り出しているのです。もしそうでなければ、過去2シーズンのインフルエンザワクチンに導入していないでしょう。

つまり、このナノ物質は外部から変調を与えることができるのです。要するに、どこにいて、どのような信号にさらされているかによって、今日は調子が良くても、明日は調子が悪くなる可能性があるということです。

検査はできますが、最低でも半年は経過しないと安心できません。なぜなら、この人たちは5~6ヶ月ごとにワクチンを打つことを考えています、あるいは計画していることがわかっているからです。つまり、このナノ物質が体内から完全に除去されるには1年かかる可能性があるということです。そこで、体からナノ物質がなくなる前に、彼らは接種者に常にナノ物質が含まれるように投与します。そのため、時間が経つと消えてしまうことがわかっています。しかし、体内にある限り、たとえ気分が良くてもリスクがあります。それは、
あなたがどこにいるか、どこに住んでいるか、などにもよるでしょう