Bombshell: 900 Pages of Top Secret Docs Expose How the Pandemic Was PLANNED (humansarefree.com)

パンデミックの計画について900ページに及ぶ極秘資料が公開される


Bombshell-900-Pages-of-Top-Secret-Docs-Expose-How-the-Pandemic

新たに公開されたパンデミックに関する900ページ以上の極秘文書では、米国が武漢研究所致命的なコロナウイルスの研究に「エコヘルスアライアンス」という組織を通じて資金を提供していたことが、公式資料を通じて初めて明らかにされています。

新たに公開された文書には、武米国が資金を出して中国の武漢ウイルス学研究所で行った数種類のコロナウイルスに関する研究の詳細が記されています。

.インターセプトは連邦政府の資金を使って中国の研究所でのコウモリコロナウイルス研究に資金を提供した、米国を拠点とする健康団体エコヘルスアライアンスの活動を詳細に記した900ページ以上の文書を入手しました。の仕事を詳述した900ページ以上の文書を入手しました。

これらの情報や文書などの多くは、パンデミックが宣言された当初からGreatGameIndiaによってすでに公表されています(記事中に埋め込まれたリンクが示しています)

.
その中には、米国国立アレルギー感染症研究所からの助成金申請書(未公開)2件や、パンデミックの起源への関心が高まる中で注目されているエコ・ヘルス・アライアンスの研究に関する最新情報も含まれています。

この文書は、「インターセプト」が米国国立衛生研究所を相手に現在進行中の情報公開法訴訟に関連して公開されたものです。インターセプトは文書の全文を公開しています。

Covid-19の起源を調査している団体「U.S. Right To Know」のエグゼクティブ・ディレクター、ゲイリー・ラスキン氏は、「これは、現在のパンデミックにつながる可能性のある、リスクの高い研究のロードマップです」と述べています。

そのうちの1つ、「コウモリコロナウイルス出現のリスクを理解」と題された助成金では、EcoHealth Alliance(エコヘルス・アライアンス)のピーター・ダザック会長が主導した、何千ものコウモリのサンプルをスクリーニングして新規コロナウイルスを検出するという野心的な取り組みの概要が示されている。この研究では、生きた動物を扱う人のスクリーニングも行われました。
.
この文書には、武漢での研究に関するいくつかの重要な情報が含まれています。その中には、ヒト化マウスを使った重要な実験作業が、これまで想定されていた武漢ウイルス研究所ではなく、武漢大学動物実験センターのバイオセーフティレベル3の研究室で行われていたことが含まれています。

エコヘルスアライアンスは、コウモリコロナウイルスの助成金として、総額310万ドルを提供しました。そのうち59万9,000ドルは、武漢ウイルス研究所が、人間に感染する可能性のあるコウモリコロナウイルスを特定し、改変するために使用しました。

.
パンデミックが起こる前から、多くの科学者はこのような実験に伴う潜在的な危険性を懸念していました。

助成金の申請書には、そのような危険性の一部が認められています。

「フィールドワークでは、頭上にコウモリの密度が高く、糞便を吸い込む可能性のある洞窟で作業を行うため、SARSやその他のCoVにさらされるリスクが最も高くなります」

ブロード研究所の分子生物学者であるアリナ・チャンは、「この提案書では、彼らはこの仕事がどれほど危険なものであるかを知っていることを指摘しています。彼らは、噛まれる可能性のある人々について話し続け、噛まれた人全員の記録を残しています。エコヘルスはその記録を持っているのでしょうか?もしそうでなければ、研究関連の事故をどうやって除外することができるのでしょうか?

ラトガース大学の分子生物学者であるリチャード・エブライト氏によると、この文書には、新規ウイルスの作成を含む武漢での研究に関する重要な情報が含まれていると言います。

「彼らが作ったウイルスは、細胞上にヒト型の受容体を表示するように操作されたマウスに感染する能力があるかどうかをテストされました」と、エブライトは文書を確認した後、「インターセプト」に書いています。

エブライト氏はまた、この文書によって、2種類の異なる新型コロナウイルスがヒト化マウスに感染できたことが明らかになったと述べている。

「SARS関連コロナウイルスの研究をしている間に、同時にMERS関連コロナウイルスのプロジェクトも並行して進めていました」と、中東呼吸器症候群の原因となるウイルスを指してエブライトは言及しました。

この助成金は当初、2014年から2019年までの5年間の期間で授与されました。2019年に資金が更新されたが、2020年4月にトランプ政権によって中断されました。

2つ目の助成金の東南アジアの新興感染症ホットスポットにおける人獣共通感染症ウイルス出現のリスクを理解するは、2020年8月に授与され、2025年まで延長されます。

2019年に書かれたこの提案書は、「新興感染症」が発生した場合にアジアでリソースを拡大・展開することに焦点を当て、アジアを「この最もホットなEIDホットスポット」と呼ぶなど、予見的な印象を与えます。

一方、論争を巻き起こした英国の科学者ピーター・ダザックは、同じ施設との密接な関係に言及していない間、密かにラボリーク理論を非難するのを助けた後、パンデミックの起源を見てCOVID-19委員会から削除されました。一方、英国の科学者ピーター・ダザックは、パンデミックの起源を調査する「COVID-19」委員会から外されてしまった。

WHO起源調査チームの責任者は、共産主義中国が報告書に何を書くか命令したことを認める

しかし、主要メディアは今になってラボ・リーク説に傾いています。GreatGameIndiaが発表したように、パンデミックは最初から計画されていたことを示す十分な証拠があります。GreatGameIndiaによって発表されたように十分な証拠があります。

※私個人の感想
メディアがこぞってコウモリから人へジャンプした方向へ誘導したい理由は?
ラキンタコラムナ他、いくつかの報告ではワクチン接種していない人、近年にインフルワクチンだけを打った人でも磁石がくっつき磁気化している患者がいると言っていました。(別名コロナ患者)
体内に蓄積された「上海テックが特許所有者の酸化グラフェン」と4G~5Gとの関連が原因によるものであり、尚且つ「急性放射性症候群」と全く同じ症状であったとの報告書もあった。
つまり、あくまでも「ウイルスが原因」でなければ最初からの話が瓦解してしまう訳です。
本当のパンデミックの仕組みを人々から遠ざける目的で「ウイルスが実在し病気を引き起こす」ことを確実に信じ込ませるためではないかと感じました。
そして人々は「ほ~ら、やっぱり中国がー、ファウチがー、中国がー」洗脳を確実にする。
昔からの手法の「マッチポンプ形式」、ある程度の犠牲を伴って敢えて下っ端の仲間を売る報告書を書いたのではと....

これを知っているウイルス学者や免疫学者が多数いるなら確信に変わります
ウイルスが病気を引き起こすという科学的証拠はどこにもありません。
タブーを破る : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ケムトレイル2
ケムトレイル3

ケムトレイル1

「この酸化グラフェンとやらをぶち撒いたらみんな死んでくれるの?」
「わかってる?目標は数十億よ!」
そうですとも、お代官様!
「越後屋藤兵衛、お主たちも悪よの~」
いいえ、そんなお代官様こそ.....