インサイダー情報: (UPDATE, it is probably NOT errone:)
10,754人の空軍パイロットがバイデンのスピーチの後、ジャブを避けるために仕事をやめた。

F-117A


空軍には約2万人のパイロットがおり、その半数がジャブを避けるために辞めたとしても、パイロットはバカではないので驚きではありません。現実:バイデンは軍隊に傷をつけた。二度と元には戻らないだろう。

私の推測では、辞めるパイロットの総数は増えるでしょう。なぜなら、これは空軍だけの話であり、すべての軍にはパイロットがいるからです。私が免責事項を付け加えたのは、人々がこれを信じるのは難しいだろうと思ったからです。誰もがここで20人の戦闘機パイロットについて聞いたことがあり、そこでも2、3人のパイロットについて聞いたことがありますが、人々が聞いた話はすべて個人ベースで起こったことです。20人や30人が辞めるのではなく、数千人が辞めるのです。

その被害は。
F22戦闘機の半数以上がパイロット不足のために着陸している。
F-35戦闘機のパイロットの大半が離職しています。
B52のパイロットの半数とそれに付随するサポートが仕事を離れています。
計り知れない数の貨物機や輸送機が着陸しており、燃料補給用の飛行機も大部分が着陸しています。

その他の種類の戦闘機の大部分も着陸しています。
空軍は飛行機の数よりもパイロットの数の方が多いので、ある程度は飛んでいるとは思いますが、これは大きな痛手で、もしバイデンがSTATから手を引かなければ、我々は大変なことになるでしょう。 彼は(自分の)戦争に負けないように軍を弱体化させたようです。私のデータは正確かそれに近いものであり、誰かが非難したり、MSMが隠ぺい工作をしたり、でたらめな情報を流したりしても、私は引き下がりません。

具体的には、空軍基地が完全に閉鎖されている(飛んでいない)ケースがあります。空軍は、多くのパイロットが辞めてしまう前の半分程度の飛行機しか飛べないでしょう。

海軍、陸軍、海兵隊のデータはありませんが、きっとかわいいものではないでしょう。要するに、バイデンは全員に「刺されるか、軍法会議にかけられるか」という命令を出し、米軍の大部分が辞めてしまったのです。バイデンは史上最大の米軍への攻撃を行ったのです。

アメリカは核攻撃を受けたも同然です。そして、ジャブを食らった人たちはどうなるのか?きっとろくに戦えないでしょうね。バイデンとオバマが軍の上層部に置いたスリーパーセルが活動し、バイデンの反逆的なB.S.を施行し、米軍を壊滅させた。これは最悪の事態だ。中国とロシアが攻撃してきた場合、アメリカは問答無用で敗北するだろうし、どちらか一方を撃退することさえできないかもしれないと言われていたからだ。

何を言っていいかわからない。落ち込んでいます。眠りたい。なぜなら、これが終わりだとわかっているからです。アメリカはこのような被害に耐えることはできません。
そうは言っても、もしあなたがまだ軍隊にいて、滞在するためのジャブに直面しているなら、辞めてください。少なくとも、この狂人が命令を下し、反逆的な上層部が閉鎖されるまでは、お願いだから辞めてください。

詳細: http://82.221.129.208/1/.ud4.html

※事実なら台湾も日本も最大のピンチですな....