Depopulation: Globalists See Humanity as "Cannon Fodder" - henrymakow.com

過疎化:グローバリストは人類を
「大砲の餌」と見なす
2021年9月8日



人類は末期的な病気である血液中毒にかかっている。
「お金」は社会の血液供給源です。
私たちの無謀な祖先は、お金の支配権を悪魔崇拝者に与え、その悪魔崇拝者はお金を使って私たちを奴隷にし、破壊しています。これが現在の危機を理解する鍵となります。

私たちの国のリーダーは、ロスチャイルド家の使い走りにすぎません。  1992年の国連「地球サミット」会議では、国家主権、民主主義、個人の自由、そして大虐殺の観点から私たちを売り渡しました。自然保護」という名目で、地球を所有する人々のために地球を保護することを意味する人口減少問題を採択したのです。スカムデミックと「ワクチン」は、この長期的なイルミナティの過疎化計画の結果である。

上の動画-ジョージ・ハントは1987年に開催された
「第4回世界荒野会議」に出席し、従来の環境保護運動とはほとんど関係がないことに気づいた。モーリス・ストロング、エドモンド・デ・ロスチャイルド(巡礼者協会)、デビッド・ロックフェラー(巡礼者協会)、ジェームズ・A・ベーカー(巡礼者協会、ボヘミアン・グローブ、CFR、カーライル、2000年の選挙でジョージ・W・ブッシュのアドバイザーを務めた)のような人々を見て驚いたと言います。

世界政府と人口減少を目指す国連のアジェンダに対する彼の警告を以下に紹介する。

「代替策としては...水道や、ビール、ソーダ、牛乳などの一般的に摂取される食品に避妊用の化学物質を添加する」ことです。
 
「例えば、同性愛は、非創造的であるという明確な利点があります。世代を超えたセックスは、特に早い時期に始めれば、子供に、必ずしも子孫を残すことができない性の可能性を開かせることができます。」

-- モーリス・ストロング
https://archive.org/details/Unced1992GeorgeHunt

このプレゼンテーションが示すように、彼らの意図は、(炭素クレジットから)大量のお金を稼ぐことだけでなく、新しい社会的コントロールの網の中に人々を陥れることでもある。以上のことから、各国は主権の一部をこの世界的構想にある程度従属させる準備をしなければならないことが暗黙の了解となっている。

この運動の指導者たちは、専制的な世界政府と大量の人口減少を提唱しています。

このことは、ハントが出席した会議から抜粋された、エドモンド・デ・ロスチャイルドの代理人である国連の大物、モーリス・ストロングが書いた恐ろしい文書に示されている。

抜粋すると以下のようになります。

時は迫っている。1968年にローマクラブが設立され、1971年に『成長の限界』が、1979年に『グローバル2000』が書かれたが、人口削減は十分に進んでいない。

旧ソ連を含めた世界の不安定な状況を考えると、世界の技術、武器、資源をしっかりとコントロールすることが絶対に必要である。1970年代半ばのドレイパー基金の提言によれば、世界の
人口削減はすぐにでも影響を及ぼさなければならない。

「世界の人口収容力をはるかに超えた現在の膨大な過密状態は、避妊や不妊、中絶による将来の出生率の低下では解決できず、現在存在する数を減らすことで解決しなければならない...。そのためには、必要な手段を講じなければならない。...

強制的な協力は、166カ国との間で議論の余地はない。彼らの指導者のほとんどは、毅然とせず、地域主義的な「文化」に左右され、新世界秩序の適切な概念を欠いている。議論は遅れることを意味し、私たちの目標と目的を見失うことになる。」

イラクに対する国連の行動は、我々の毅然とした行動が他のリーダーを動かし、必要なプログラムに賛同させることができることを決定的に証明しています。イラクへの行動は、力のオーラが投影され、維持され、歴史の波が前方に押し寄せていることを証明している。...

「私たちは、1877年の偉大なセシル・ローズの遺言の生きたスポンサーである。我々はミルナー卿の信条に賛同する。我々もまた「英国人種の愛国者」であり、我々の愛国心は「英国人種の言論、伝統、原則、願望」である。この目的が実現できる最後の瞬間に、このような立場を取ることを恐れているのだろうか。今失敗すれば、アングロサクソンのシステムにほとんど、あるいは何の関心も持たない何十億もの劣等人種のリリパット人に引きずり倒されることになるのがわからないのだろうか。

英米の大国が主導する国連の安全保障理事会は、今後、すべての国が1年ごとに削減のための割当量を持つことを決定し、必要に応じて安全保障理事会が信用、食料、医薬品、軍事力の選択的または全面的な禁輸措置をとることで、これを実施する。安全保障理事会は、世界のどの地域においても、法的、軍事的、経済的に完全な管轄権を持ち、安全保障理事会の主要国によって実施されます。


※日本もいずれ人口削減割り当ての順番が回って来ますな!

国連の安全保障理事会は、すべての人種が平等ではなく、またそうあるべきでもないことを説明します。優れた業績を上げている民族は、安全保障理事会に協力することを条件に、劣等民族を支配し、面倒を見るべきである。...

マイナーな人種の反対を許せば、すべてが台無しになってしまうし、一緒に仕事をしている、最も親しい仲間の気持ちが揺らぐこともある。堂々とした意思表示と断固とした武力行使が最終的な解決策となる。



mstrong

その後のコブデンクラブの資料には、次のような言葉が書かれています。

この会議に参加している人は、地球が過密状態にあることを知っています。人間が、存在する権利のある他の生命体を押しのけているのです。

今こそ、人口削減のための効果的な提案を行い、現在行われている人口削減の努力が効果的であり、社会的にも衛生的であったことを世間に示すべき時です。

時代遅れの有害なモラリズムを克服するには、ある種の行動や生活スタイルが人口削減の目的を効果的に促進することを示すことです。同性愛や世代を超えたセックスに反対する人もいるかもしれませんが、これらが人口削減にどれほど有益であるかを理解してもらうことができます。

例えば、同性愛は、非創造的であるという明確な利点があります。世代を超えたセックスは、特に早い時期に始めれば、子供に、必ずしも子孫を残すことができない性の可能性を開かせることができます。

麻薬密売に反対する人もいるかもしれませんが、そのポジティブな特徴は強調されなければなりません。一定数の人間を排除するだけでなく、健全な不安感を人々に与え、後世を生み出そうとする気持ちを抑えることができます。

薬物が合法化されれば、政府は薬物に避妊薬を加えることを検討するかもしれません。薬物が広く使用されるようになれば、出生率は著しく低下するでしょう。

別の方法としては、以前から提案されており、子供向けの本にも書かれているが、水道や、ビール、ソーダ、牛乳などの一般的な食品に避妊用の化学物質を添加するという方法がある。

しかし、現在の余剰人口はどうなるのだろうか?コロラド州のラム元知事は、「若い人たちが繁栄するためには、高齢者は身を引くべきだ」と言ったが、これは賢明であり、勇気ある発言である。

アメリカの場合、これを公平に行うためには、予算を均衡させるのが一番です。この対策は、納税者にも議員にも人気があり、連邦政府と州政府の予算から数千億円を削減することができます。

高齢者や体の不自由な人のためのプログラムは大幅に削減されます。永遠に生きるべきだと考えている人々の社会的支出はなくなるでしょう。高齢者は、自分の時代(順番)が来たことを理解し、人口危機の解決に貢献する機会を歓迎するようになります。
※昔、姥捨て山と言うのがありましたな

私たちが最も懸念しているのは、第三世界です。国連の機関である国際通貨基金や世界銀行が、食糧管理、医薬品の使用制限、経済の縮小などの衛生的な措置をすでに講じているにもかかわらず、第三世界では出生率がいまだにコントロールできずにいます。

私たちは、世界で最も人口の多いこの国の人口動態を大きく変える提案をします。私たちの提案は、子供の数を減らすだけでなく、IMFの条件に沿って、これらの国の国際収支を改善します。

高タンパクの肉が世界的に不足しているのは、国連の人道支援のもと、これらの国の健康な子供たちを缶詰にして輸出することで解決できるでしょう。飢えた肉や病気の肉が世界の市場に出回らないように、厳しい管理を行います。(これは本当ですか?)

第三世界からの輸出市場が盛んになれば、これらの国が国際債務や国際銀行システムへの流動性を支払うのに役立つでしょう。

この特殊な肉の味を知ってもらうためには、革新的な広告・宣伝活動が必要です。国連のスポークスマンや環境保護団体は、この肉の脂肪分の少なさを強調することができます。また、料理本やトークショーの司会者、メディア関係者などが、この製品を宣伝したり、個人的に推薦したりすることもできます。

この輸出計画を断った国は、現在のイラクやハイチのように、国連の人道的封鎖の対象となるかもしれません。これらの国は、子供たちに十分な肉が残っていれば、新しいプログラムのテストケースになるかもしれません」

※だからか!悪魔崇拝者たちはマクドナルドに供給してたんですな.....
超衝撃!!!ロシアからのホラービデオ(これは惨い) : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)