がんと病気を治す方法?あなたの体をアルカリ化することによって(アルカリ環境では病気は存在しない) - (mydailyinformer.com)

がんや病気を治すには?体をアルカリ化することで病気なし
(アルカリ性環境に病気は存在しない)


27-alkalizing-foods-fb-918x482

がんは私たちの身近な問題です。がんは私たちの身近な存在であり、その広がりは、私たちに医療の現状と未来を考えさせるものとなっています。このような疑問を持ったことはありませんか?すべてのがんの原因は何なのか?がんとは、突然変異した細胞なのか、ウイルスなのか、カビなのか、それとも酸性の液体なのか?がんは名詞なのか、それとも体の細胞に何が起こっているかを説明する形容詞なのか?腫瘍は悪いものなのか、良いものなのか。このような疑問が私を悩ませました。

私の30年間のがん研究のほとんどは、細胞に何が起こっているのか、そしてその細胞を取り巻く環境には何があるのか、ということに焦点を当ててきました。なぜかというと、医療は病気の診断と治療だけではなく、健康増進による病気の予防にも力を入れるべきだからです。なぜか?病気は幻想だからです。実際には、私たちが病気と呼んでいるものは、体の細胞、組織、器官、腺の過酸化/発酵/分解を防ごうと体が必死になっていることの現れです。病気とは、体内の
アルカリ性流体の恒常性を維持しようと努力している体の保存モードなのです。

「がん」と「アルカリ性の体」は、しばしば同じ文脈で語られます。その際に必ず出てくるのが、「アルカリ性の環境でがんは生きられるのか」という疑問です。

体内のすべての細胞は、酸性・アルカリ性の最適なpHと、機能する最適な温度を持っています。もし、体が90(摂氏32.2度)〜92度に冷えてしまったら、体を動かすことはできないでしょう。

私たちの体が最もよく機能するのはph7.4ですが、ph7.5や7.6になると、がん細胞はその機能を発揮できなくなります。癌細胞の必要条件の一つは酸の生成ですが、アルカリ性の環境では酸を生成することができません。

例えば、車の窓から頭を出そうとすると、時速60キロのスピードで風が顔に当たり、息ができないので横を向かなければなりませんよね。癌細胞も同じで、アルカリ度が高すぎて対処できないのです。

では、がんとは何でしょうか?
がんとは、体がアルカリ性の恒常性を維持しようとすることです。癌とは、体が本来の健康なアルカリ性のデザインを維持しようとする保存モードのことです。つまり、まず理解しなければならないのは、がんは明らかに病気ではなく、症状であり、さらに言えば、消化器系、呼吸器系、環境系、代謝系の酸が血液中に蓄積され、組織に投げ出されて、免疫系を毒し、抑制し、体の内液のpHをアルカリ性に保つことをますます困難にしているということです。

がんは細胞ではなく、組織、臓器、腺を構成する体細胞を腐敗させ変性させる酸性の有毒な液体です。これは、排尿、発汗、呼吸、排便の4つの排泄経路を通じて、酸性の有毒な老廃物が適切に排出されない場合に起こります。

あなたの体は車のようなものです。あなたのモーターは24時間365日動いているので、エネルギーが必要です。そして、エネルギーが使われると、廃棄物が発生します。車が排気ガスを出すように、体もエネルギーを使うと、二酸化炭素、一酸化炭素、乳酸、尿酸などが発生します。つまり、酸は体の細胞で常に作られていて、それを排除しなければならないのです。そうしないと、がんの原因になってしまいます

思考、移動、呼吸にエネルギーが使われると、同時に酸性の老廃物が生成されます。酸が排除されなければ、結合組織に押し出されます。血液の純度とアルカリ性を維持するために、「酸の受け皿」となるのが結合組織なのです。血液は、その純度とアルカリ性を維持しなければなりません。血液のpHが7.365という健康的な値から10分の1でも変化すると、悪い影響が出てきます。血液のpHが下がり始めると、あるいは上がり始めると、体はデリケートなpHを維持するためにできる限りのことをします。このことは、がんの原因や治療法を理解する上で非常に重要であり、なぜがんが細胞ではなく、通常の排泄によって適切に排除されなかった食事性酸や代謝性酸によって細胞が損なわれるのかを理解することができます。緊張したり疲労したりすると、血液の純度を維持するために酸性の老廃物を体外に出すエネルギーがありません。このような状態になると、血液はアルカリ性の7.365のバランスを保つために、酸性の老廃物を結合組織や脂肪組織に押し出します。

例えば、酸性の老廃物の排泄が鼻の粘膜を通して行われると、それは鼻の寒冷カタルと呼ばれます。そして、この危機が何年も繰り返されると、粘膜が厚くなって潰瘍ができ、骨が肥大して通路が閉ざされます。この段階で花粉症、そして喘息が発症します。扁桃腺やその他の気道が酸性の危機にさらされると、扁桃腺炎、喉頭炎、気管支炎、喘息、肺炎、そして最後には癌になります。ご覧の通り、これは進行性です。同じ病気でも酸性度が違えば、同じ病気になるのです。これらの症状はすべて、酸性度のレベルの違いという同じものから、異なる進行過程で起こっています。

したがって、すべての癌の症状は、血液、そして組織、臓器、腺からの酸の排出であり、本質的には、同じ原因、すなわち全身性アシドーシス、つまり毒素血症の危機から発展した同じ性質のものです。

癌は名詞ではなく、細胞の変化の過程を表す形容詞です。糖分は老廃物です。実際、バナナが発酵してどんどん甘くなるのはそのためです。つまり、砂糖を欲するのは、体がより持続可能なエネルギーを必要としているという体のシグナルなのです。しかし、砂糖は体に刺激を与え、即効性のあるものとして錯覚させてしまいます。一方、塩は生命の母体となるもので、砂糖に限らず酸性の食べ物や飲み物を食べたときのような高揚感や極端な下降感がなく、持続的なエネルギーを長時間にわたって体に与えることができます。

がんと闘う方法
がんになりたくなければ、がんを予防したければ、排便、排尿、呼吸、発汗などで酸性の老廃物を排出しなければなりません。なぜなら、がんは細胞ではなく、酸性の毒液だからです。癌細胞とは、この酸性の液体、つまり体内で生成されたり、肺や皮膚から取り込まれたりする代謝酸、呼吸酸、環境酸、胃腸酸によって腐敗したり毒殺されたりした細胞のことです。このような状態になると、体は保存モードに入ります。体が採用する保存戦術の1つは、繊維状の物質を形成し、これが架橋して、腐敗した癌細胞を包み込み、保護腫瘍を形成することになります。つまり、腫瘍は、体の組織、器官、腺を構成する健康な細胞から、適切に排除されなかった腐敗した、あるいは毒を持った酸性細胞を隔離するための体の保護メカニズムなのです。


ですから、腫瘍は問題ではありません。腫瘍は放っておきましょう。その仕事をさせてあげてください。腫瘍ではなく、酸性細胞が多い腫瘍周辺の内部環境に焦点を当てなければなりません。癌の状態は、体の弱い部分に最初に影響を与える全身の酸性状態であると考えてください。

細胞の外側を浴する体液の組成は、重要な成分が一つでも1%以上変動しないように、刻々と、そして日々、非常に注意深くコントロールしなければなりません。朗報は、この健康状態をコントロールすることができ、それを自分で行うことができるということです。


体の細胞ではなく体液に焦点を当てた治療を行えば、潜在的にはすべてのがんの状態を回復させることができます。なぜなら、がんは原因ではなく、がんの原因である過酸のライフスタイルと食生活の結果だからです。あなたはがんになるのではなく、日々のライフスタイルや食生活の選択によってがんになるのです。

未来は今、ここにあります。私の願いは、「pHの奇跡」があなたの知識を広げ、医学が癌と呼ぶ酸性の状態からあなたを守ることです。

pHミラクルプログラムは、COWSプロトコルに沿ったものです。

C – クロロフィル
O – オイル
W – 水
S – 塩


アルカリイオン水のトレンドは、医療の世界では実際にどの程度のウェイトを占めているのでしょうか?もう少し詳しく見てみましょう。

もし、がんにならないために、お気に入りのアルカリイオン水を一気飲みするだけでいいとしたら、素敵だと思いませんか?

USCノリス総合がんセンターの臨床医学准教授であるホルヘ・J・ニーバ医学博士に、専門的な見識を語っていただきました。

ネット上では、がんの原因は体内の余分な酸性度にあり、アルカリイオン水を飲むことで体内の酸性度を中和することができると言われています。がんの予防が驚くほど簡単であればいいのですが、科学的には「あまり期待できない」というのが本音です。

ここでは、その理由を詳しくご紹介します。

pHと体の関係

健康な体のpHは約7.4で、弱アルカリ性です。(液体では、7が中性、それ以下が酸性、それ以上がアルカリ性または塩基性です) あなたの体は、このpH7.4を維持することに長けています。そうでなければならないのです。「体のPHは7.4から7.6に変化することはありません」とニーバ博士は説明します。「もし、その範囲を超えて変化したら、あなたはICUにいることになります。」

「肺と腎臓は、PHを変化させない」ようにしています。二酸化炭素(CO2)は、体内で最も一般的な酸であり、細胞で常に生成されています。激しい運動をした後など、二酸化炭素が過剰に発生すると、体は二酸化炭素を排出するようになっています。血液が酸を内臓から運び出し、肺から余分なものを吐き出します。運動すると呼吸が速くなるのは、体のpHを正常に保ち、余分なCO2を除去するためです。腎臓も酸を尿中に排出しますが、その速度は肺よりもはるかに遅いのです。

では、アルカリイオン水がガンを予防するという考えはどこから来たのでしょうか?

がん細胞は高アルカリ性の環境では生きられないので、がん細胞の周辺は酸性になります。つまり、アルカリ性の体になれば、がんにはならないという考え方です。

がん細胞は高アルカリ性の環境では生きられませんが、体内の他の細胞も同じです。

また、腫瘍の周囲の組織が酸性に傾いているのは、腫瘍が酸素を利用してエネルギーを作り出している結果であり、腫瘍自体が酸性に傾いているわけではありません。研究者たちは、このプロセスがなぜ起こるのか正確には分かっておらず、
より効果的ながん治療法の発見につながるかもしれないと考えて研究しています。

さて、次にアルカリイオン水についてですが

食べたり飲んだりしたものは、すべて胃に入り、pH3の胃酸に迎えられます。余計なお世話ですが、食べたものや飲んだ液体を分解するためには、胃酸は当然酸性でなければなりません。また、食べ物の表面に付着している細菌による感染症を防ぐために、食べ物を無菌状態にします。腸では、膵臓からの分泌物や酵素によって、全体が中和されて弱アルカリ性になります。腸は偉大なレベラーであり、お皿やグラスに入っているときのpHにかかわらず、食べたものはすべて同じpHになるのです。

アルカリイオン水を1ガロン単位で飲んでいても、結局はおしっこで出てしまいます。 「アルカリ性の水を飲めば、アルカリ性の尿が出ます。「それだけでいいのです」とニーバ博士は言います。

あなたの体は効率的な機械であり、安全な弱アルカリ性レベル7.4を維持するように設計されています。腎臓に問題がない限り、アルカリイオン水を飲んでも害はないということです。

がんや食事に関する情報は非常に多く、俗説と事実の区別がつきにくいものです。特に、流行のダイエット法については、その傾向が顕著です。

アルカリイオン整水器もその一つで、がんの治療や予防の話題によく登場します。

アルカリ性ダイエットとは?

アルカリ性ダイエットは、特定の食品を食べることで、体内の酸性度(pH値とも呼ばれる)を変化させることができるという理論に基づいています。体内のpH値を変化させることで、健康状態が改善され、ダイエットやガンの予防にもなるという説があります。

しかし、食べたものが血液のpH値を変えることはありえません。体内のpHは非常に厳密に制御されています。食生活を変えれば、老廃物である唾液や尿のpHが変化するかもしれませんが、血液に影響を与えるほどの食事をすることはありません。


アルカリ水とは?

特定のブランドについてコメントすることはできませんが、ほとんどのアルカリイオン水は、ミネラル成分が異なるペットボトルの水と同じです。また、アルカリイオン水は血液のpHを変化させることはできません。

アルカリイオン飲料と癌との関係は?

酸性の環境は、がん細胞の増殖を助けるという研究結果があります。そこで、アルカリ性食品(pHが高い)を多く含み、酸性食品を少なくした食事をすることで、体内のpH値を上げ(体内をアルカリ性にし)、がんを予防、あるいは治癒することができるという考えです。

ただし、これらは皿の中のがん細胞の研究であり、人体の中で腫瘍がどのように振る舞うかという複雑な性質を表しているわけではないことに注意が必要です。また、食べ物で血液のpHを変えることはできません。

がん患者が食生活を変える前に知っておくべきこととは?

研究によると、がんを治すことができる食事や食品はありません。しかし、適切な栄養を摂ることで、がん治療中はもちろん、いつでも最高の状態を維持することができます。

そのため、新しい食事を始める前に、医師や栄養士に相談することが大切です。これは、がんの有無にかかわらず同じです。新しい食事療法があなたの健康目標達成に役立つかどうかは、医師や栄養士に相談してください。

ここで主治医に臨床栄養士を紹介してもらいましょう。各クリニックには、がん治療のあらゆる段階で患者さんをサポートするための管理栄養士が配置されています。

管理栄養士は、あなたの栄養状態を評価し、治療の段階に応じて変化する可能性のある栄養目標について、あなたと話し合うことができます。管理栄養士は、食事が治療に与える悪影響を抑え、副作用を最小限に抑え、診断後に発症した新たな食物過敏症に対処する手助けをします。

さて、最も重要なことは、体内のすべての細胞をいかにしてアルカリ性にするかということです。それにはいくつかの方法がありますが、まずは栄養と、口に入れる食べ物から始めます。


アルカリ性の食品を多く摂れば、それだけで健康的になることができます。また、レモンのように酸性の食品であっても、体内でアルカリ性になるものもあります。

1845年頃のマニュアルから一字一句抜粋した失われた治療法の本というコレクションをご覧ください。

失われた治療法とは?失われた救済書PDFには、薬用植物やハーブからホームメイドの治療法を作るための一連の薬用・ハーブレシピが含まれています。この本に記載されている治療法を取ることによって、全身の病気や不調を克服することができます。著者は、彼の祖父が第二次世界大戦中の現役時代にハーバリズムとヒーリングを教えられたと主張し、彼は多くの兵士を彼のホームメイドの治療法で治療してきたと主張しています。

アルカリジュースクレンズレシピ

アルカリ性ジュースを使ったクレンズレシピは、体を弱アルカリ性に保つための良い方法です。アルカリ性ダイエットの理論は、日々注目を集めており、栄養士も真剣に取り組んでいます。

人間の本来の健康状態は、phバランスが7.35~7.45の弱アルカリ性です。体内が酸性に傾き始めると、弱アルカリ性に戻そうと必死に働きかけることが知られています。そのためには、骨に蓄えられているカルシウムやその他のミネラルを使い、バランスを崩さないようにしなければなりません。

現在、一部の栄養士をはじめとする多くの人々が、体内の酸性度と現代社会を悩ませる多くの健康障害との間に関連性があると考えています。多くの慢性的な健康状態は、この酸とアルカリのバランスに関連しており、絶対的な真実はまだ議論されています。このバランスの乱れが、無数の健康問題の原因であると確信している人も多いのではないでしょうか。

以下にご紹介するアルカリジュースのレシピは、体にとって高いアルカリ性をもたらすことが知られている野菜と果物をうまく組み合わせています。アルカリ性ジュースのレシピの多くは、糖分の多い果物を使っていますが、この分野のトップの研究者によると、この糖分が原因で酸性になっているそうです。そこで私は、この分野の権威ある研究者のリストに掲載されている、糖分の少ないアルカリ性の食材を使用するようにしています。

人参やココナッツジュースは、糖分のある野菜や果物の中で、体内に入ると全体的にアルカリ性になる数少ない野菜であることが、この分野の多くの権威者によって明らかにされています。そのため、ここでご紹介しているアルカリジュースのレシピの中にも、にんじんを使ったものがあります。

(もし、アルカリ性をより最適にする方法を探しているのであれば、「7日間のジュースクレンズを行うための完全なガイド」をぜひ検討してみてください。私たちの電子ブックは、全体の多くの価値を提供し、あなたが良いアルカリ性ジュースクレンズを行うために必要なすべての情報を提供します。)

ご質問やご意見がございましたら、下記のコメント欄にご記入ください。

ジュースクレンズのレシピに使用する食材の具体的な準備方法については、こちらをご覧ください

レシピ1.

トロピカルアルカリブリーズ

シンプルなレシピです。

1 ヤングタイココナッツ

ニンジン8本

2 茎セロリ

より正確なものを求めるなら

ヤングタイ・ココナッツジュース=11オンスのジュース

にんじんのみじん切り(4と1/2カップ) にんじん=9オンスのジュース
(1と1/2カップみじん切り)セロリ=4オンスジュース

約24オンスのジュースが出来ます

このアルカリジュースクレンズのレシピでは、甘さ控えめのジュースを作ることができますが、それはとても素晴らしいことです。ヤングココナッツを使う場合、実際の果肉を搾ることはありません。若いココナッツを使う場合は、果肉を搾るのではなく、ココナッツを開いてココナッツウォーターをミックスジュースに入れるだけです。ジュース作りを楽しんでくださいね。

レシピ#2。

リフレッシング・グリーン・エナジー

シンプルなレシピ

1/2束(7枚) ケール

バジル(大)1個

キュウリ 1本

フェンネル2本(球根部分の葉も含む

ニンジン(大)4本

ショウガ 1本(ナックル)


このジュースのフェンネルは、2本の茎を下の球根の部分も含めて切ります。これで、茎、葉の部分、そして球根の部分ができあがります。このレシピは、アルカリ性のジュースクレンズの中でも、野菜ジュースのようなもので、甘さはありません。しかし、味のバランスは良く、グリセミック・インデックスも低くなっています。また、このジュースは非常にアルカリ性で、アルカリ性の食事には最適です。

このレシピで使用したケールはカーリー種ですが、お好きな種類のケールをお使いいただけます。

レシピ#3

レシピ#4

レシピ#5

以下省略: