コビッド-19|の治療のために示されたデキサメタゾンの最初のプレゼンテーション@diariofarma

COVID19の治療としてデキサメタゾンの発表
※肺の酸化グラフェンの毒性を軽減するとラキンタコラムナが言っていた薬
60ed40286a22d383262ca79a8543a8a7e8636d1b
カーンファーマ、covid-19の治療のために示されたデキサメタゾンの最初のプレゼンテーションを発表しました。新しいフォームは、1.8mlのバイアルに注射するためのデキサメタゾンカーンファーマ7.2 mg /ml溶液と呼ばれています。

研究室は、これは、それがすでに販売されている4mg / mlのデキサメタゾンの適応症を拡大することに加えて、治療におけるより大きなアクセシビリティと快適さを提供し、Recovery3研究で推奨用量に適合するデキサメタゾンの最初のプレゼンテーションであることを報告しています。

同社はすでにデキサメタゾンの4mg / mlプレゼンテーションを販売しました。両方のプレゼンテーションは現在、補足酸素療法を必要とする成人および思春期の患者におけるSARS-Cov-2の治療に示されている。

デキサメタゾンは、Recovery3研究の有効性安全性データを評価した後、欧州医薬品庁(EMA)によって昨年9月にCovid-19に対するオプションとして認識されました。この研究の結論は、一般的に、デキサメタゾン6mgによる治療の28日の死亡率が、標準的な治療を受けた患者(25.7%)よりも低い(22.9%)ことを示した。

28日での死亡率のこの差は、「患者の呼吸支援のレベル、すなわち侵襲的な機械的換気対標準的な治療(29.3%対41.4%)および機械的換気なしの酸素と標準的な治療を受けている患者(23.3%対26.2)に応じて大きかった」と説明する。デキサメタゾンカーンファーマ 7.2 mg/ml溶液注射は、この研究の患者が治療されたデキサメタゾン6mgと同等のプレゼンテーションです。






※ワクチン打ったらマインドコントロールされるぞとラキンタコラムナが推奨した論文

フロンティア|ニューロンとの結合カーボンナノ材料:インビボの視点|神経 科学 (frontiersin.org)
9e43deaf617a7c0a239c9d71de67a77f2556f930
ニューロンと相互作用するカーボンナノ材料。マインドコントロールに向けて

近年、グラフェンと関連材料は、神経の成長と分化のための便利な基質と強力なツールとして浮上しています。報告によると、グラフェンは神経細胞増殖の寛容な基質である(Li et al., 2011, 2013; パークら, 2011b ;モビアとジョルダニ,2012 ; 2014年セラーノら、 2014 ; 2014年 Fabbro et al., 2016)およびこの物質の電気伝導性は、制御された方法で神経プロセスの伸長を導くために利用することができる(Li et al., 2011)。 さらに、神経細胞から生成された電気信号は、グラフェンベースの微小電極を用いて記録することもできる(Chen et al., 2011; 2013年、 唐らパークら、2014)。 驚くべきことに、この物質の物理化学的性質が、好ましくはニューロンの宛先に向かって神経幹細胞の分化を好むことも示されている。