ファイザーが錠剤薬を発売予定 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

protease-cover

ファイザーのCOVIDピルはイベルメクチンのパクリです。今は禁止されている本当の治療法を売って、偽物の注射にメリットをシフトします

これまでの彼らの行動は、すべて知恵遅れだったが、これは賢い悪の計画です。斬新ではなく、配管からもメリットを盗んでいますが、この計画にはようやく知的メリットがあります。あるいは、かつての計画、というのも、みんなが知ってしまったら、そんなにうまくいかないでしょう。


私が「本当の治療法」と言ったのは、「コロナウイルスはコンピュータ上にしか存在しないので、ctrl+del以外の本当の治療法は存在しない」という真実を捨てたわけではありません。
しかし、SARS-COV-2の製造者は、本物のウイルスや病気からいくつかの本物の症状を盗みました。

これらのほとんどは、後述するような一連の化学物質に反応する。
このような他の病気の実例がなければ、偽ウイルスを推進することははるかに難しい。そして、例えばインフルエンザに対する成功は、巨大なCovidzillaに対する勝利として売られるでしょう。

ほとんどの薬は、天然化合物を実験室でコピーしただけの出来損ないです。
ファイザー社の「1日2回のCOVID錠」は、イベルメクチンとほぼ同じものです

Ivermectin.

ファイザーの広告
ピルに関するファイザー社のプレスリリース

image-5 (1)

ソース:イベルメクチン – Covid.us.org


「Choudhuryらが行ったインシリコデータ解析では、イベルメクチンは、ウイルスのスパイクタンパク質、メインプロテアーゼ、レプリカーゼ、そしてヒトのTMPRSS2受容体を効率的に利用し、結合を阻害することで「抗ウイルス効果」を発揮することが示された。イベルメクチンは、ウイルスとヒトの両方のタンパク質を標的としていることから、SARS-CoV-2に対するin vitroでの優れた有効性の背景にあると考えられます。」

image-4

本研究では,米国食品医薬品局(FDA)が承認している薬物ライブラリー,分子ドッキング,分子動力学シミュレーションを用いて,妊娠中にも使用が認められているヒドロキシクロロキンを,NS2B-NS3プロテアーゼの阻害剤として特定した。さらに、NS2B-NS3プロテアーゼに対する阻害能を明らかにするために、酵素速度論的研究を行ったところ、ヒドロキシクロロキンはプロテアーゼ活性を阻害定数(K i)92.34±11.91 µMで阻害した。さらに、ヒドロキシクロロキンは、胎盤細胞におけるジカウイルス感染を有意に減少させた。

未来ウイルス学2021年3月25日

これらの薬などの仮説的な範囲はプロテアーゼ阻害です。

その結果,boceprevir,ombitasvir,paritaprevir,tipranavir,ivermectin,micafunginが3CLpro酵素活性に対して阻害効果を示すことがわかった。また、100ナノ秒の分子動力学シミュレーションにより、イベルメクチンの阻害作用には、3CLpro酵素のホモ二量体が必要であることが示された。以上のことから、これらの分子は、SARS-CoV-2の複製を単独で、あるいは他のSARS-CoV-2ウイルスの標的に特異的な薬剤と組み合わせて阻害する、特異性の高い治療薬の開発に役立つと考えられる。



ファイザーは、プロテアーゼを化学的に妨害するために、少し異なる戦略を見つけました。特許を取得するためには、何か異なるものが必要でしたが、それは、同じ寿司を切るために異なるナイフを使うようなもので、科学はどこでどれだけ深く切るかにあります。これはイベルメクチンの発明者がノーベル賞を受賞した実際のブレイクスルーであり、ファイザーはそれを既製品から切り取って微調整しているだけなのです。

image-2
image-3
Yes, Pfizer’s Covid pill IS an Ivermectin rip-off! They will sell the real cure they forbid now and shift merits to the fake injections – SILVIEW.media