Influence of Reduced Graphene Oxide on Effective Absorption Bandwidth Shift of Hybrid Absorbers | PLOS ONE
酸化グラフェンは2G、3G、4G、5G,を吸収する

要約

磁性ナノ粒子複合体NiFe2O4伝統的に、低周波レーダーバンド(特にLおよびSバンド)に対する限界性能を持つ高周波マイクロ波吸収について研究されてきました。ここでは、ニフェ2O4大口径酸化グラフェン(GO)シートを用いたナノ粒子およびナノハイブリッドは、低周波広帯域遮蔽(LおよびSレーダー帯域)のためにソルボサーマル合成によって調製される。合成した材料は、XRD、SEM、FTIR、およびマイクロ波磁気誘電体分光法を使用して特性評価されました。これらの溶媒熱合成された手付かずの粒子およびハイブリッドの寸法は30〜58 nm以内にあります。マイクロ波誘電体磁気分光法は、1MHz〜3GHzスペクトルの低周波領域で実施しました。合成された手付かずのナノ粒子およびハイブリッドは、LおよびSレーダー帯域(1MHzから3GHzまで<−10dB)全体でマイクロ波に対して高度に吸収されることが見出された。グラフェンシート結合によって誘起されるこの優れたマイクロ波吸収特性は、低周波に使用できるように調整された吸収帯域幅を備えたこれらの材料のアプリケーションを示しています。以前は、これらは選択帯域幅が制限された高周波吸収(通常は4 GHz>)に使用されていました。


※1年前に下書きしたまま放置、埋もれてUP忘れてました。このようにUPしなかった下書きが100以上ありますが、記事がやたら長いと嫌になってメモしては放置を繰り返してしまいます....
1年ぶりにサイトを見たら、何故か?酸化グラフェンは2G、3G、4G、5G,を吸収するという文字がなくなっていた

スクリーンショット (1583)
スクリーンショット (1584)

合成手順

酸化グラフェンは、修正されたソルボサーマル還元プロセスを通じてグラフェンシートの供給源として使用されました。どの段階でも前駆体として使用されたすべての化学物質はARグレードでした。酸化グラフェンは簡略化されたハマー法[16]を用いて合成され[16];典型的には3gのフレーク状黒鉛を18gのKMnOと混合した。4400mlの酸性混合物(320ml:80ml H2だから4:H3発注書4).反応混合物を、溶液の色が茶色に変わるまで急速かつ連続的に撹拌した。酸化を停止した後、高度酸化鱗片状黒鉛を含む懸濁液を5M HCl及び二重蒸留脱イオン水で複数回洗浄した。NiFeのナノ結晶2O4エタノールとDIを用いた修正ソルボサーマル法によって一定の割合で合成された[17]。典型的な反応では、ニッケルと鉄の両方の化学量論量の硝酸塩を塩混合物に別々に溶解し、磁気攪拌を使用して互いに混合しました。次に、DI水中のNaOH溶液を塩溶液に添加し、混合物を室温で攪拌した後、180°Cに12時間維持されたオートクレーブ容器に移します。反応終了時に容器温度を室温に戻した後、残渣をDI水で繰り返し洗浄してpHを中和し、その後110°Cで加熱してNiFeの粉末を得た。2O4.同じ方法を、異なる重量パーセンテージのGO粉末[18]を使用したハイブリッド調製についても実施した。



結論

ニフェ2O4大口径rGOシートとの複合材料は、平均粒径が30〜58 nmの範囲の混合エタノール/DI媒体中でのソルボサーマル合成によって調製されました。マイクロ波材料分析は、両方のNiFeが2O4rGOシートとの複合材料は、1MHzから3GHzまでの高い吸光度(−10dB)を示し、通常のマイクロ波の選択的吸収ではなく、LバンドとSバンド全体で構成される吸収帯域幅を示します。最大反射損失は1.11GHzで−68dBでした。


省略しまくりですが、
※もちろんメモしただけで全く内容はわかりません。

最近ではほとんどの注射剤にグラフェンが入っているようですが、COVIDワクチンに限らず知らない間にゾンビ化されるかもです...点滴も注意ですかね?
7月の入院時にたっぷり点滴を受けましたが....


破傷風・ジフテリア治療薬「Diftavax」注射におけるグラフェン検出

BitChute

注射用「リドカイン」でのグラフェン検出【B. Braum】

GRAPHENE DETECTION IN INJECTABLE "LIDOCAINE" [B. BRAUM] (LQC) (bitchute.com)

「インスリン」に酸化グラフェンマイクロシートを検出

GRAPHENE OXIDE MICRO-SHEETS DETECTED IN "INSULIN" [TOUJEO] (LQC) (bitchute.com)


シロマスに含まれるグラフェンの検出(2021年) インフルエンザ「ワクチン」

DETECTION OF GRAPHENE FLAKES IN CHIROMAS (2021) FLU "VACCINE" (LQC) (bitchute.com)


鎮痛剤エナンチウム2ml(高度急性痛)注射剤における酸化グラフェンのパターン化

GRAPHENE OXIDE Patterns in ANALGESIC ENANTYUM 2 ml (Severe Acute Pain) INJECTS (bitchute.com)


インフルエンザワクチン「vaxigrip tetra」に含まれるグラフェンの検出について

DETECTION OF GRAPHENE IN "VAXIGRIP TETRA" INFLUENZA "VACCINE" (LQC) (bitchute.com)