フランスで勝利。ワクチンを受けていない人に食べ物を与えないというマクロン大統領の命令を裁判官が覆しました。




フランスでの勝利:裁判官は予防接種を受けていない人々に食べ物を拒否するマクロンの法令を覆す(ビデオ) - RAIR (rairfoundation.com)
b54aebe14d77ce1d90ca311e2d46ca13716

以前、コロナウイルスの「ワクチン」を義務付けることはないと言っていたフランス大統領は、約束を破っただけでなく、ワクチン接種を拒否している市民を傷つけようとしている。


フランスの裁判官は、エマニュエル・マクロン大統領の圧迫的で差別的なコロナウイルスの予防接種義務化に対して行動を起こしました。先週、2つの異なるフランスの県の裁判官は、いくつかのショッピングセンターでヘルスパスを義務化したマクロン大統領の政令を覆しました。それどころか、判事たちは、パスを持っていない人が必要な商品にアクセスすることを妨げていると判断したのです。

当初、フランスではワクチンを接種していない人を差別しようとしたため、混乱が生じました。市民は、スーパーマーケットで必要な商品を買うことを禁止することで、政府がワクチン接種を強制するのではないかと恐怖と怒りを感じていました。群衆は食品市場の前で抗議活動を行いました。次のビデオでは、群衆が自発的に連帯感を示して一斉に唱和している様子を聞くことができます。



8月24日、ヴェルサイユ行政裁判所は、小売業のビジネスセンターへの入場条件として健康パスポートの提示を求めるイヴリーヌ県知事の命令を停止しました。




イヴリーヌ
での勝利に続き、ストラスブール行政裁判所もオー・ラン(68県)の14のショッピングセンターで健康パスポートの要求を停止しました。裁判所は、この政令はすべての人に必要な商品へのアクセスを保証するものではないと判断しました。

裁判官は、健康パスポートの提示義務は、"行き来の自由に対する重大かつ明らかに違法な攻撃を伴う "と判断した。裁判官は、この政令は、健康パスポートを持っていない人が、この措置の影響を受けたショッピングセンターのスーパーマーケットで必須商品を購入することを認めていないと説明した。

2021年7月12日、マクロン大統領が医療従事者にワクチン接種を義務付ける新法を発表したことを受けて、フランス全土で毎週のように大規模なデモが行われています。また、左派のリーダーは、「状況の進展次第では、フランス人全員へのワクチン接種の義務化を検討する」と警告しました。

また、マクロン大統領は、「レジャーや文化の場」に参加する市民を対象に、予防接種を受けているか、最近のCOVIDテストで陰性であったことを証明する健康パスを延長し、レストランや交通機関のサービスを提供していました。

以前、コロナウイルスの「ワクチン」を義務化することはないと言っていたマクロン大統領は、約束を破っただけでなく、ワクチン接種を拒否している市民を傷つけようとしています。

※取りあえず良かったですなぁ....