世界の指導者は、世界のパンデミックを解決するために、より多くのグローバリゼーションを求める (technocracy.news)
2021年3月30日

世界の指導者は、世界的なパンデミックを解決するために、さらなるグローバリゼーションを求める

Merkel-Macron-Johnson


グローバリゼーションのエリート・オリガルヒによってもたらされたパンデミックに対する答えは、さらなるグローバリゼーションです。

これは世紀の嘘であり、1992年にリオで開催されたUNCED(国連経済開発会議)と呼ばれるアジェンダ21会議で聞かれたのと全く同じ内容です。このグループは、それまでの50年間で世界のほとんどのエコロジーを破壊してきましたが、これらの問題を解決するにはさらなる開発が必要だと主張しました。 国連によれば、それは貧困をなくし、すべての人に教育を与え、まともな仕事と生活水準を提供することだという。約30年後の今日、この嘘は完全に暴かれていますが、人々は何度も何度も騙され続けています。

これは著名な世界のリーダー25人が書いた手紙の全文です。

「COVID19のパンデミックは、1940年代以来、国際社会にとって最大の挑戦です。当時、2つの世界大戦の荒廃の後、政治指導者たちが集まり、多国間システムを構築しました。それは、各国をまとめ、孤立主義やナショナリズムの誘惑を払いのけ、連帯と協力の精神に基づいて共に達成するしかない課題、すなわち平和、繁栄、健康、安全保障に取り組むという明確な目的があったからです。」

「今日、私たちは、COVID-19のパンデミックを共に克服するために戦う中で、将来の世代を守るためのより強固な国際保健体制を構築することができるという同じ希望を抱いています。パンデミックやその他の大規模な健康上の緊急事態は、今後も発生するでしょう。一国の政府や多国間機関が単独でこの脅威に対処することはできません。問題は、「もしも」ではなく、「いつ」なのです。パンデミックを予測し、予防し、検出し、評価し、効果的に対応するためには、高度に連携した準備を共に進めていかなければなりません。COVID-19のパンデミックは、皆が安全になるまで誰も安全ではないということを、はっきりと痛感させてくれました。」

「私たちは、今回のパンデミックと将来のパンデミックのために、安全で効果的かつ手頃な価格のワクチン、医薬品、診断薬への普遍的かつ公平なアクセスを確保することを約束します。予防接種は世界的な公共財であり、ワクチンをできるだけ早く開発、製造、配備することが必要です。このような理由から、検査、治療、ワクチンへの平等なアクセスを促進し、世界中の医療システムを支援するために、「ACT-A(Access to Covid-19 Tools Accelerator)」が設立されました。ACT-Aは多くの面で成果を上げていますが、平等なアクセスはまだ達成されていません。グローバルなアクセスを促進するために、私たちにできることはまだまだあります。」

「そのためには、各国が協力して、パンデミックへの準備と対応のための新しい国際条約を作るべきだと考えています。このような新たな共同コミットメントは、最高の政治レベルでパンデミック対策を強化する画期的なものとなるでしょう。この条約は、万人のための健康という原則を支持し、世界保健機関(WHO)の憲法に根ざし、この取り組みに重要な役割を果たす他の関連組織を巻き込んだものになるでしょう。既存の国際保健関連文書、特に国際保健規則は、このような条約を支えるものであり、私たちが構築し、改善していくことのできる、しっかりとした試験済みの基盤を確保するものです。」

「この条約の主な目的は、すべての政府とすべての社会によるアプローチを促進し、国、地域、世界の能力を強化し、将来のパンデミックに対する耐性を高めることにあります。これには、国際協力を大幅に強化して、警報システム、データの共有、研究、ワクチン、医薬品、診断薬、個人用保護具などの医療・公衆衛生対策品の地方・地域・世界での生産・流通などを改善することが含まれます。」

「また、人間、動物、そして地球の健康をつなぐ「ワン・ヘルス」アプローチの認識も含まれるでしょう。また、このような条約は、国際システムやそのルール・規範において、より相互に説明責任を果たし、責任を共有し、透明性を高め、協力することにつながるはずです。」

「これを実現するために、私たちは世界各国の首脳や政府、そして市民社会や民間企業を含むすべてのステークホルダーと協力していきます。私たちは、世界がCOVID-19パンデミックの教訓を学ぶことを保証することが、国家および国際機関のリーダーとしての私たちの責任であると確信しています。」

「Covid-19が私たちの弱点や分裂を利用した今、私たちはこの機会をとらえ、この危機を超えた平和的協力のために国際社会として団結しなければなりません。そのための能力やシステムの構築には時間がかかり、長年にわたる政治的、財政的、社会的な持続的コミットメントが必要です。」

「世界がより良い準備をするための私たちの連帯は、私たちの子供や孫を守り、将来のパンデミックが経済や社会に与える影響を最小限に抑えるための私たちの遺産となるでしょう。
パンデミックへの備えは、このミレニアムにふさわしい世界的な健康システムのために、世界的なリーダーシップを必要としています。このコミットメントを実現するために、私たちは連帯感、公平性、透明性、包括性、公平性に導かれなければなりません。」


ボリス・ジョンソン イギリス首相。エマニュエル・マクロン、フランスの大統領。アンジェラ・メルケル、ドイツの首相。テドロス・アダノム・ゲブレエソス博士、世界保健機関の事務局長、その他21人の世界の指導者.

※国民を殴り倒しといてよくもまあこんな嘘が言えたもんですな.....