Putin Opposes Mandatory Jabs, Says People Should Get Vaccinated Without Coercion | ZeroHedge

プーチン大統領、ジャブの義務化に反対 -
失業圧力は「さらに受け入れられない」


ロシアのプーチン大統領は、「このパンデミックを克服するためには、人々がワクチンを接種する必要があるが、拒否しても誰も職を失うことはない」と述べています。

Putin-Opposes-Mandatory-Jabs

プーチン大統領は先週末、来月の議会選挙を前に政権与党「統一ロシア」との会合で、「このパンデミックを克服するためには、あらゆることをしなければならない」と述べ、「そして、この戦いで我々が持っている最高のツールはワクチン接種である」と付け加えた。

「ワクチン接種は、ウイルスの蔓延に対する主要な武器です。重要なのは、誰もが強制的にワクチン接種を受けさせられるべきではないということです。仕事を失うかもしれないような圧力は、さらに許されません。ワクチンを接種する必要性を人々に納得してもらわなければなりません」と語っています。

「これは粘り強く、敬意を持って行われなければなりません。自分の命と健康を守るために、そして大切な人を守るために、人々はワクチン接種の必要性を確信するべきです。」
※ロシアのスプートニクワクチンが他と比べたら一番マシかも?......だが、断る!



ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は最近、ロシア国民に強制的に、特に雇用を脅かしてワクチン接種をさせることに反対しています。

一方、ビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は...

ロシアの国営放送RTは、「金曜日、ロシアのミハイル・ムラシュコ保健大臣は、4,300万人以上の人々が、国内で製造された4種類のコロナウイルスワクチンのいずれかを接種したと発表しました。しかし、この数は「まだ十分ではない」とし、「感染防御を受けた人の数が80%以上になれば、より安心できる」と述べた。

「現在、ロシア人の4人に1人近くがウイルスの予防接種を受けており、さらにどれだけの人が全国でウイルスに感染して抗体を作っているかは不明です。」

今回のプーチン大統領の発言は、ロシア経済のいくつかの分野における公式方針とは相反するものです。例えば、モスクワでは、「接客業、レジャー業、輸送業などの企業は、従業員の60%がワクチンを接種していることを証明しなければ、多額の罰金を科せられる」とされています。当局は、ノルマを達成するために従業員が接種を拒否した場合、企業は従業員を無給で帰宅させることができることを確認しています」

※まあ、そう言って国民をなだめてもほとんどの政治家は悪もんですがね....