エンドレ・スショット: カナダでは
男性、女性、子供全員に
7回分の
Covidワクチンを注文しました

2021年8月28日

ジャスティン・トルドー首相の下、カナダは「ビルド・バック・ベター」という使命を帯び、「グレート・リセット」という共産主義と人口抑制のコードネームを実行しています。この管理と服従のシステムは、旅行、雇用、売買の際のワクチンの義務化へとエスカレートしています。

ENDLESS-SHOTS-Canada-Just-Ordered-7-Doses-of-Covid-Vaccines

首相は現在、この問題ですべての人の市民的自由を脅かし、二層構造の社会、全体主義的独裁体制、医療アパルトヘイトを確立しようとしています。

人口が通常の生活について行く許可を求めることを強制するだけでは十通常の生活を送るための許可を求めることを国民に強いるだけでは十分ではありません。あらゆる場面で身体の自律性や同意を脅かすだけでも十分ではありません。血栓、神経障害、重篤な病気、心臓の炎症がワクチン接種者を苦しめているのを見て見ぬふりをしながら、血液中に生物兵器を再現する実験に並ばせるだけでは不十分です。

傲慢なことに、カナダ政府は人口3800万人に対して2億9300万回分のCOVIDワクチンを発注しました。これは、今後数年間で、すべての男性、女性、子供に7回以上もワクチンを打つのに十分な量の血栓ショットです。

隔月の生物兵器の注射がカナダにやってくる?

カナダは、2022年、2023年、2024年に2,000万回分の実験用mRNAを供給する契約をモデルナ社と締結しました。また、この契約には、毎年1,500万回分の追加投与の余地があります。

今年の初め、トルドー首相は、カナダがファイザー社との契約も成立させ、2022年に3500万本、2023年に3300万本のブースターを追加で備蓄することを発表しました。この契約では、今後2年間に6,000万回分、2024年に6,000万回分のブースターを追加する余地があります。

ワクチンの奴隷化システムを導入することで、カナダ当局は人々の自由を人質にとり、命令された数だけスパイクタンパクを摂取するように人々を威圧することができます。

公衆衛生当局が今後数年間のために2億9300万回分のワクチンを備蓄しているため、隔月での生物兵器の注射が可能になったようです。

ほんの数ヶ月前、VOVID19ワクチンは「パンデミックに終止符を打つ」という「科学の奇跡」として歓迎されていました。このような偽りの約束のプロパガンダは、計算された上でタイムリーに展開され、注射によって命が救われ、すべての自由がすぐに取り戻されると人々に信じ込ませました。

しかし、わずか数ヶ月後の今、シナリオは変わり、マスクの義務化、検閲、渡航制限、連絡先の追跡、人権の剥奪、強制的な不正検査、ワクチンの義務化、隔離、抑留に終わりはありません。

国民に死を強要するカナダは、新しい病院を建設し、ボディバッグを備蓄すべきか?

Covid-19は、常に奴隷化、強制的なワクチン接種、全体主義を目的としており、政府は「あなたを守る」と約束しているため、不正に得た権力を放棄することはありません。

これらの新しいmRNA医薬品はまだ臨床試験中であり、心臓血管系に危険であることが証明されており、その結果として何万もの死体袋が出ているという事実を気にすることはありません。わずか3ヶ月の間に、モデルナは消費者から30万件以上の有害事象報告を受けましたが、これらの報告は法律で定められた政府の監視システムに提示されることはありませんでした。

ワクチンを大量に接種したイギリス、オーストラリア、イスラエルでは、現在、第4波の高額入院患者が続出しています。これは、ワクチンが、抗体依存性増強によって人間の免疫反応を破壊し、スパイクタンパクに突然変異の選択圧力をかけているためです。

入院患者数が増加する中、新たな報告書では、子供や若い成人がワクチンによって心筋炎を起こす可能性が、これまで考えられていたよりも
12倍高いことが示されています。ファイザー社の臨床試験では、スパイクタンパクの2回目の投与後に有害事象が10倍も多く発生することが示されています。

3回、4回、5回と接種していくうちに、人の循環器系はどうなっていくのでしょうか?ワクチンによる傷害や過疎化の割合は、2回目以降に接種するたびに10の倍数になるのでしょうか?

カナダは毎年何度も市民にワクチンを接種する準備をしていますが、政府は新しい病院を建設したり、死体袋を備蓄したりすべきでしょうか?

それとも当局は、政府や製薬会社が犯した犯罪の責任を、ワクチンを受けていない人々に負わせるために、収容所を作り続けることで自らを守るのでしょうか.....