アメリカ・オン・ザ・エッジ – パート2 – バトルフォーワールド (battleforworld.com)

米国は約2年前にアフガニスタンをタリバンに明け渡すことを合意していた。

BATTLEFORWORLD.COM|2021年8月19日のこと。地政学雑誌「ライムス」のコラムニストであり、米国問題の専門家であるイタリア出身のダリオ・ファブリ氏は、米国は1年半前にアフガニスタンを割譲することでタリバンと合意していたと語った。

 つまり、バイデン政権の約2ヶ月前に合意していたが、話し合いを始めたのはトランプ政権だったということだ。(BattleForWorld.com トランプが大統領になったときにアフガニスタンからの撤退計画が発表されるたびに、ワシントンDCの影響力のあるロビーに友好的なメディアは必ずその計画に反対していた) 

「アメリカが軍を撤退させる決断をしたのは、ずいぶん前のことだと言うべきでしょう。まず第一に、彼らは18ヶ月前に国の引き渡しに関してタリバンとの間で取引を成立させました。」そして、「彼ら(=タリバン)は、この機会に飛びつき、取引を論理的に終結させた。しかも非常に速く、明らかにワシントン(DC)に混乱をもたらした」と。「しかし、これは米国が望んで取り組んだ結果ではないということではない」とファブリは述べた。

出典:タス ,ランドWSJ.


※そう言えばクラウスシュワブも米国はもう世界の大国ではないと何度も言っていましたな...

米国は経済崩壊の準備をしているのか?コロナ・ウィルスは米国経済の崩壊に組み込まれている

2021年8月17日(更新)。グレン・ベックがYouTubeに投稿した動画の中で「バイデンのアフガン失敗がトランプの下では起こらなかった理由」についてコメントしていましたが、私はちょっと立ち止まって、トランプ大統領が経済的、政治的などの米国の崩壊を始めるために、支配者のエリートからプレゼントされたことを多くの人が理解していないことに気づきました。これを「デコミッション」という言葉で表現している人もいます。

トランプが大統領に選出される前に、アンソニー・ファウチ博士やビル・ゲイツ氏などが、ある種のウイルスが将来の時期に出現し、その時に誰が大統領であっても、発生した問題に対処しなければならないというメッセージを送っていました。

コロナ・ウイルスは2019年12月に勃発し、あっという間に広がり始め、多くの人が「なぜこんなに早く増殖したのか」と疑問を持ち、-その後、ロックダウンが起こり、多くの人が自宅待機で働きグローバル・ロックダウンが起こりました。(注:2009年のエリート筋からのコメント。以下参照) 

トランプ大統領になって、彼らはシリアからの撤退、イラクでの兵力削減、トルコからの兵力撤退などを発表し始めました。しかし、イスラエルに友好的なアメリカの政治家たちは、これらの動きが成功するように妨害しようとします。

バイデン大統領のもと、アメリカはアフガニスタンからの撤退を始めました。そして、イギリス、ドイツ、フランスなども軍を撤退させると言っています。アメリカは海外の展開基地の費用を負担できなくなっているので、世界各地からの撤退は今後も続くでしょう。

中国の国営メディアは、米国は「戦争が起これば」台湾も「見捨てる」と言っている。 CNSnewsの引用によると、「中国の国営放送は月曜日、カブールがタリバンに敗れたことに反応して、この危機が米国の「覇権」に深刻な打撃を与えたと述べ、台湾のような同盟国は米国に信頼を置くことに注意すべきだと示唆した」という。

また、中国は、米国がアフガンの敗北でふらついている台湾を揶揄し、「ひとたび戦争が起これば、島は崩壊し、米国は助けに来ないだろう」と中国の国営メディアは述べています。

アメリカは、経済的に破綻することを自分のペースで具体化しています。米国でのコロナ・ウィルスは、コロナ病から身を守るための正確な情報を得られないなど、人々の間で多くの精神分裂的な行動を引き起こしており、物事は非常に無秩序で分裂的になるなど、米国が崩壊しつつあるという事実から目をそらす役割を果たしています。

2009年にエリート関係者が発表した、米国の崩壊についてのコメント

戒厳令や自宅待機などの話が出る前の2009年の情報源によると、個人、州、自治体、連邦、国家のすべての債務が帳消しになるという。お金がないということは、破産(米国の経済的崩壊)のようなもので、だからこそ、白紙の状態からスタートできるのです。電気、ガス、水道などのライフラインを維持するためには、仕事場に来て、働く意思を持ってください。

私たちは「ボランティア社会」になりつつあるという。そして、ボランティア社会の概念に多くの人が反発するだろうから、戒厳令を導入しなければならないだろうと。
どうせ誰も追いかけてこないのだから、多くの人は家に留まらなければならないだろう。住宅ローンを失っても家に残る人はいるだろう。食料が効率的に入ってこなくなったので、菜園を作ることができる。近所の集会が盛んになり、多くの人が空港に人道的な食べ物を取りに行くようになる。空港でのタウンホールミーティング。- 連邦準備制度(FRB)の破産更生を支持する者はいなくなる。

スイス・トランスファー機構のシャットオフ。(BattleForWorld.com: だから、アメリカに来るこの懸案の崩壊は、西洋経済の送金システムに結びついている多くの国が、新しい国際的な支払いシステムが設定されるまで、そして西洋によってコントロールされていないシステムが設定されるまで、影響を受けることになります) 

エリートの情報源はこう続けます。
経済破綻が公式に認められれば、誰もが解雇されるでしょう。借金はすべて帳消しになります。- 人々は家、銀行口座、すべてを失う。

(BattleForWorld.com: アメリカの経済崩壊の初期段階では、そうなる人もいるでしょうね) 何十年にもわたって行われてきた選挙への参加は、すべて仕組まれたショーだったということを、どうやって人々に理解してもらうのでしょうか?- 仕事を失い、銀行口座を失い、家を失い、すべてを失うこととは何の関係もないのです(つまり、雇用の増加、経済の悪化、銀行の破綻、住宅所有者の債務不履行などに関連する問題を解決してくれると考えて、この人やこの人を政府機関に投票することです)。

 相手(=国)の経済を操ること(=ウォール街の投機など)は常に行われており、今日は上がり、明日は下がる。世界的なカオス-誰もが行動しているが(例:計画的な崩壊、経済的崩壊など)、それは良い演劇でなければならない。(BattleForWorld.com。このソースが言っているのは、経済を崩壊させる計画が常にあったということです)


それから数年後の2014年、ニュースサイト「Zerohedge.com」に「カナダの中央銀行のヘッドは控えめな提案を持っている」というタイトルの記事が掲載されました。あなたは無料で働くことを検討する必要があります」というタイトルの記事がニュースサイトZerohedge.comに掲載されました。」出典はこちらをご参照してください

コロナ・ウィルスはアメリカ経済の崩壊と一体化しています。そして、欧米のワクチンによる副作用は、現在進行形で免疫系にダメージを与えているので、人はすぐに死んでしまうというのが、一部の人の主観的な意見です。

それは、経済崩壊がもたらす混乱のためのようです。アメリカでは、食料供給や製造システムの崩壊により、何百万人もの人々が飢えに飢えて、無法状態になり、犯罪が激増し、ワシントンDCの中央政府が崩壊し、州政府がほとんど機能せず、崩壊寸前の州政府もある、などです。

そして、ホロコースト的な行動をとる時期が再び現れます。その時期が実現すると、それを止める人は誰もいなくなります。なぜなら、安全保障、法律、法的事項のために機能している州機関はすべて崩壊しているからです。
4444


無料PDFブック:ダウンロードと読み:経済崩壊。米国に対する州は脅威と見なされます
アメリカ崩壊673, 692 ページ経済崩壊が起こった
米国は2020年以降に崩壊 – 政府と経済,ページ 1479.
米国政府は崩壊しました,ページ 1480.

人口を削減するためにジェノサイドを実施する貴族,1489ページ