Covid-19ワクチン論争は完全に回避可能ですか?– ボレンレポート (bolenreport.com)
hydrogenperoxide1

Covid-19 ワクチン論争は完全に回避できるのか?

COVID-19には25セントの解毒剤があると言う人もいますが...

彼らは「迅速なウイルス回復は非常に、非常に簡単だ」と言います。

オーウェンRフォノロウによる意見 (会長 – ビタミンC財団)

アメリカの医療制度が完全に破綻している理由の一つは、アメリカ人が人生の早い段階で、自分や家族の健康状態に対処するための戦略や戦術を教えられていないという単純な事実です。 それどころか、「ビッグ・ブラザー」(大きな政府)が、自分たちの生活における「健康」の思想的指導者であり、何でも知っていて、何でもしてくれる存在だと信じ込まされている。

そして、私たちが発見したように、「ビッグブラザー」(大きな政府)は、COVID-19危機への対処を完全に失敗し、アメリカ経済だけでなく、世界の大半を破壊するところでした。 復旧には膨大な努力が必要になるでしょう。

地球上のすべての科学者が、何世代にもわたってこのような生物学的問題の存在を知っていたにもかかわらず、「ビッグブラザー」(大きな政府)は、COVID19の事態に対する準備ができていなかったのです。

いわゆるCovid-19の流行を完全に失敗した後、米国公衆衛生局は解決策として何を提案しているのでしょうか? 未検証の実験的なワクチンを「急げ」というのです。そのうちの一つはDNA修正剤、もう一つはRNA修正剤ですが、いずれも地球上でこれまでに行われたことはありません。

今こそ、アメリカ人にシンプルな戦略や戦術を教え始める時が来ました。そのほとんどは、自分の環境を清潔に保ち、ウイルスやバクテリアが繁殖しないようにするといった、シンプルな常識に基づいて考案されています。 家はあなたの健康の拠点であり、健康の安全と安心の場所であるべきです。 個人的な戦略においては、自宅の健康基盤を確保することが最も重要です。 解決すべき問題を探し、それを解決してください。

まずは、出かける前にウイルスや細菌の感染を防ぐために、REALの医療専門家が推奨する例をご紹介します。

トム・レヴィMD、 JD は言います:

「COVIDにさらされた後、あるいはCOVIDの初期症状が認められた後に、過酸化水素(HP)の
ネビュライゼーション(HPの微細なミストを繰り返し吸入すること)のプロトコルを適用すると、ほぼすべての人に迅速かつ決定的な治癒がもたらされます。

nebulizationネビュライゼーション

HPのネブライザーによる吸入は、副鼻腔、鼻、喉、肺の奥に存在するあらゆる病原体を迅速に除去するために非常に有効であることが示されています。

過酸化水素のネビュライゼーション がCOVIDの第一の初期介入であることは、いくら強調しても足りません。他の介入に悪影響を及ぼすことはありません。 - Thomas E. Levy, MD. JD

トーマス・E・レヴィ,MD.JD

トム・レヴィ医学博士の8分間の講義をご覧ください。

ゲームオーバー?

共和党員と民主党員のほとんどが注意を払っていると思いますが、実験用生物製剤COVID-19、特にmRNAバージョンを大量に接種したことで、ごく近い将来に人類が大量死するような事態になると、関係当局が警告していることをご存知でしょうか。

メルク医薬品会社は倫理的にCOVIDワクチンの研究を中止し、「病気になって免疫力をつけるほうがいい」という正しい見解を示しました。 さらに言えば、過酸化水素で免疫系がダメージを受ける前にウイルスを殺してしまえばいいのです。

話がうますぎる?

少量の過酸化水素で世界的なパンデミックを 完全に抑えることができると信じられないのであれば 動物実験を経ていないワクチンを摂取するリスクを考えてみましょう。

過酸化水素を取り生きよう...

COVIDの解毒剤があれば、テストされていないワクチンを投与する合理性は消滅します。

トーマス・E・レヴィ博士(MD.,JD)のおかげで、読者はCOVID-19の解毒剤、または風邪やインフルエンザを含む呼吸器ウイルスを知っています。どんな人でも15分でウイルス感染を1ペニー未満で根絶することができます。トーマス・E・レヴィ博士のおかげで、読者はCOVID-19や、風邪やインフルエンザを含むあらゆる呼吸器系ウイルスの解毒剤を知ることができました。 どんな人でも15分で1ペニー以下でどんなウイルス感染も根絶できます。

ちなみに、ウイルスを殺すのにネブライザーは必要ない。つまり、3%の過酸化水素を鼻から直接吸引(またはスプレー)すればよいのである。


オーウェンRフォノロウ
による意見 (会長 – ビタミンC財団)