ここでは、COVID-19の様々なバリエーションを、極秘かつ危険な実験の対象となる国々で、どのようにして密かにテストしているかを紹介します。

オペレーションCOVID-19変異体

OPERATION COVID-19 VARIANTは、複数の目的と、慎重に隠された邪悪な目的があることは、今でははっきりしているはずです。

COVIDプランデミックのデマをいつまでも続けるために、この特別なブラックオペレーションと複雑なサイオプスが設計されているだけでなく、「オペレーション COVID-19 変異体」は全人類に対する秘密のグローバルな実験として実行されている。

このナチスのような実験は、新世界秩序のグローバリストの陰謀によって、どのように地球上で行われているのでしょうか?

それは以下の通りです。

unnamed

地球に住むすべての人にとって、この多種多様な実験が人間の生体のさまざまな側面で行われていることを正しく理解することが最も重要です。 また、様々な次元で、つまり対象となる全ての人間の様々なレベルで行われています。

また、「オペレーションCOVID-19変異体」は、「OPERATION COVID-19」という大きな国際的な犯罪計画の一部に過ぎないことも理解しておく必要があります。

この世界的な大虐殺計画の複雑さは、以前に発表されたSOTNの暴露記事からの抜粋によく表れています。

5G 60GHzのミリ波
ケムトレイルで撒かれたスマートダスト
ワクチンで運ばれたデジタル化されたRNA
相互に強化された第四級兵器である
意図的に発射され、調整された
標的となる都市や国家を閉鎖する
大量殺戮、人口減少


(出典:コロナウイルスクラスター爆発の前に作動した四級兵器システム
)

※スマートダストとはコレです
nanotech41_01_small

nanotech41_02
日立製品です
非常に小さなコンピューティング粒子、
RFIDチップ、または他の非常に小さな技術

クラウスシュワブが言うには2030年以降の人は、コレを浴びながら暮らすそうです。
カリフォルニア大学サンディエゴ校の論文(「スマートダスト」-砂粒のナノ構造デバイス)


さて、この第四級兵器システムが完全に起動していても、地球を過疎化させ、残された人類を奴隷化するという数十年に及ぶ計画の他の重要な構成要素は含まれていないことを覚えておいてください。

例えば、イーロン・マスクのスペースX社がスターリンクという名目で行っている巨大な技術的努力があります。これは、表向きには地球の大部分に衛星インターネットアクセスを提供する衛星インターネットコンステレーションを設置するものです。

※ケリーキャシディやジュディ・バイイントンが言う↑スターリンクインターネットの事
明日何かあるのかな? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
インターネットガバナンスが来る? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

もちろん、スターリンクの隠された目的は、現存するすべてのスマートフォンを中央のデータベースに接続して、すべてのユーザーを永遠に追跡・監視することにあります。 さらに言えば、COVID-19のワクチンを受けるすべての人は、軌道上にある何千ものスターリンク5G搭載衛星を介して、進行中のオペレーション COVID-19 変異体実験にデジタル的に接続されることになります。

COVIDのスーパー・ワクチン・アジェンダは、数十年前に大人用のインフルエンザ・ワクチン・プログラムと子供用の強制的なワクチン接種スケジュールの両方を積極的に実施することから始まっているということも把握しておく必要があります。 このようにして、Covidの犯人は、ゆっくりと、そして密かに気づかれないように、人間の体を様々なデジタル・インターフェース・テクノロジーに適した道具に変えてきました。

もちろん、NWOの究極の目標は、トランスヒューマニズムをワープスピード(トランプの「ワープスピード作戦」)で進め、最終的に地球上のすべての人間が、長い間計画されてきた「一つの世界政府」によって最大限にコントロールされるようにすることです。 その目的のために、地下のグローバル・セキュリティ超国家がすでに密かに設立されており、犯人たちは、この国家が全惑星文明に対して絶対的な指揮統制を発揮すると信じています。

「オペレーション COVID-19 変異体」の成功は、全人類を支配しようとするこの非常に複雑で狂った青写真の重要な一部なのです。 したがって、この作戦は早急に公開されなければなりません。ブラジルのボルソナラ大統領のような国家元首が、今回のように警笛を鳴らしています。ブラジル大統領、暴走するCOVIDの暴政を暴露、全ブラジル人の武装化を要求(MUST VIEW必見の激しく暴言を吐くビデオ)

※ブラジル大統領は、全ブラジル人は武装し、すぐに銃を購入する必要があると言って、長く詳細な暴言を吐きました。大統領は次々と重症患者であふれている病院が実際には空であることを知っていました。

※次に非常に危ない(狙われる)のはブラジル大統領ですな...

※ブログUPしてませんが、過去数十年に及ぶ米陸軍が世界中の昆虫などをバイオ研究し、密かに自軍の部隊の隊員に試した、遺伝子改造した数々の危険な昆虫を各国に解き放って来たという書類は、情報公開法で公開されています。なのでこのサイト主の元陸軍将校は詳しいのではないかなと感じます。

ミレニアムレポート (themillenniumreport.com)
インテリジェンスアナリスト:元アメリカ陸軍将校
関連:「COVID-1984」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)