No desire to vaccinate: 23,000 German doctors have already withdrawn from the vaccination campaign (report24.news)


ワクチンを打ちたくない:ドイツの医師23,000人がすでにワクチン接種キャンペーンから撤退している

2021年8月17日

r24_doctors

実験的に開発されたCOVIDワクチンに対する懐疑的な見方が強まっていることも、ドイツでのワクチン疲れを助長しています。とりわけ、完全なワクチン接種にもかかわらず、コロナの発生や重症化の報告が増えていることは、人々を苛立たせ、ますます多くの人々が、ワクチン接種に伴うリスクが本当にCOVID感染のリスクに比例しているのかどうか、批判的な心で私たちに問いかけていますが、リスクグループの代表者(超高齢者や病気予備軍)を除いて、これは単純には当てはまりません。そして、リスクグループの中でも、老人ホームや介護施設でのワクチン接種の躍進 (ここここ、ワクチン接種後の死亡までを参照ワクチンは、確かに心配の種です。

ワクチン接種率の低下(未接種者への大規模な制限を脅して強引な方法を発表しても、明らかに変えることはできなかった)は、今ではますます多くのドイツの診療所の医師たちも対応している。すでに23,000人以上の医師がコロナワクチンの接種キャンペーンから撤退しています。優先順位付けされたグループはとっくに処理され、店主の予防接種は人々の後にブラットヴルスト、ビール、ハンバーガーに投げ込まれているので、彼らにとっては単純に参加する価値がなくなっています。また、多くの人が、官僚的な状況に疲れたという理由を述べています。

需要の減少と官僚制度

そして、医学的に全く無意味な(しかし、事業計画ではしっかりと計画されているようですが)子供や青年へのワクチン接種を政治的に強要するという、大手製薬会社とその支配的なロビーの子分たちの期待はまだ満たされていないので、需要の増加はそんなに早くは期待できません。

多くの医師がそのことに気づいています。しかし、おそらく彼らの多くは、自分たちの仕事を予防接種センターで恐ろしく高い時給で提供するのではなく、なぜ自分の診療所で予防接種をしなければならないのか、とも考えていたのではないだろうか。いずれにせよ、ダイ・ウェルトによると現在、ワクチン接種を行っている診療所は、全体の参加者数を大幅に下回っているとのことです。しかし、同紙によれば、最初の連邦州はすでに予防接種センターの解散を計画していると言います。

これは、ワクチンの注文が減少していることを伴っているので、メーカーにとっては、3回目、4回目、5回目の「ブースター」または「ブースター・ワクチン」の「推奨」は、すぐにはできないことなのです。もちろん「セーデル州」バイエルンのように、すでに始まっているところもあります。また、ドイツでは秋から施行される新健康アパルトヘイトによる3G、理想的には2G、いずれは1G(ワクチン接種者のみアクセス可能)の強制規制の発効により、状況の改善が期待されています。結局のところ、四半期ごとに何十億もの利益を維持することが重要なのです。それは明らかにこれがすべてだからです。