リボルバー独占記事

海軍司令官は、強制ワクチン接種から国家安全保障上の脅威を警告
2021.08.15-02.57-revolvernews-61192b49ae8e4

米海軍の将校が、軍がCOVID-19ワクチン接種の義務化を進めた場合、本格的な「国家安全保障上の脅威」になると警告していることが、Revolver Newsが独占入手した論文で明らかになった。

月曜日に発表された覚書の中で、バイデン政権の ロイド・オースティン国防長官は、9月中旬までにすべての軍人にCOVID-19ワクチンの接種を義務付ける意向を発表しました。
 COVIDワクチンがFDAの承認を得られれば、直ちに接種が必要となる。このワクチンの接種を拒否した軍人は、法廷尋問を受けたり、懲役刑に処せられたり、さらには名誉除隊になる可能性もあります。

しかし、この計画が実行された場合、その結果は壊滅的なものになる可能性があるとCDR J.H.ファーマンは警告している。

「現在のCOVID-19ワクチンをすべての軍人に強制的に接種することは、ワクチンによる深刻な合併症の程度が不明であるため、米国の国家安全保障を損なう可能性がある」とファーマンは書いている。「一つの不可逆的な実験グループにコミットする前に、さらなる研究が必要である。」
ファーマンは、米国の海軍士官、海軍飛行士、外交官としてのキャリアを持ち、軍、外交、国際機関の上級指導者への助言に豊富な経験を持つ。彼は、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中東の各地で、海上、陸上、空挺での任務に長年従事してきた。また、海軍大学院で安全保障研究の修士号を取得しています。

ファーマンの論文は2ページ半と決して長くはない。しかし、彼の論文は、COVID-19ワクチンを一般大衆に押し付けることが、人命救助やウイルス根絶への真の関心ではなく、ヒステリーに駆られていることを示す重要なポイントをすべて押さえている。

米軍の平均的な隊員は若くて体力もあり、COVIDの危険性とは無縁に近い存在である。これまでにCOVID-19で死亡したのは220万人の軍人のうち24人だけで、9万1千人に1人以下の割合であると言われている。

既存のCOVID-19ワクチンによる重篤な、あるいは致命的な副作用は報告されているよりも一般的であり、健康な軍人にとってはCOVID-19よりも致命的である可能性さえあると考えられる。
また、mRNAワクチンが接種者の免疫システムに予期せぬ悪影響を及ぼす可能性もある。

現在、米軍はCOVID-19の効果を損なわずに乗り切ることができることが証明されているので、無理に全軍を新しいタイプのワクチンの実験台にすることは無意味なリスクである。



CDRファーマンの論文は以下の通りです。

COVID-19 ワクチン接種の義務化 - 国家安全保障上の脅威


米国海軍 CDR ジェイ・ファーマン


現在のCOVID-19ワクチンをすべての軍人に強制的に接種することは、ワクチンによる深刻な合併症の程度が不明であるため、米国の国家安全保障を損なう可能性があります。全軍を一つの不可逆的な実験グループに委ねる前に、さらなる研究が必要です。最近の報告では、例外的に健康な軍人に対しては、ウイルスそのものよりもCOVID-19ワクチン接種に対する懸念が大きい...。

COVID-19ワクチンはすべて実験的なものであり... ウイルスとワクチンの両方に関するデータは新しく、まだ科学的に信頼できるものではない。ワクチンを接種した人々に前例のないレベルの画期的な症例が発生したことで、基本的な前提条件が変わりつつある...。CDCによると、「COVID全体の生存率は99.74%。若い人たちの間では、その数字はさらに高くなります。18歳から29歳の人々の生存率は99.97%です。 2021年8月12日現在、220万人の軍人のうち、COVID-19の有効期限が切れたのはわずか29人(0.001%)でした。

ワクチンは、ウイルスそのものよりも、この特殊な人々に深刻なダメージを与えているのです。JAMA誌の研究によると、23人の米軍兵士がワクチン接種後に中等度から重度の心筋炎を経験しましたが、彼らは他の点では健康であり、症状もありませんでした。

米国政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)には、COVID-19ワクチンの害や死亡の結果が他にも多数記録されています。COVID-19ワクチンの有害事象は、VAERSの全報告の30年間の合計のうち、実に3分の1(50万件以上)を占めています。

さらに、VAERSシステムはCOVID-19ワクチンによる死亡を5分の1に過少報告していると、裁判所に提出された報告書に記載されている内部告発者は述べています。

彼らは、VAERSで報告されているCOVID-19ワクチン関連の死亡者数9,048人は、45,000人に近いと証言しています。

イギリスの政府機関は、「COVID-19の注射を受けた人は、ワクチンを受けていない人に比べて3倍以上の確率で死亡する」という報告書を発表しました。イスラエルでの初期の兆候も同様です。イスラエルの関係者は最近、COVID-19による重症の新規入院患者の少なくとも85%はワクチン接種を受けた人であると報告しました。

m-RNA技術の発明者であるロバート・マローン博士は最近、「(中略)新しいデータによると、ファイザー社とモデルナ社のワクチンを受けた人は、ワクチンを受けていない人に比べて、COVIDに感染するリスクが高い」と公表しました。ジョンソン・エンド・ジョンソン社とアストラゼネカ社のワクチンも、軍のCOVID-19の死亡率が無視できるレベルであるのに比べて、大きな問題を示しています。

欧州連合(EU)では、ワクチン接種に関連した22,000人以上の死亡例がEUの医薬品有害事象データベースに記録されています。

これにより、COVID倫理を求める医師たち(30カ国以上の国際的な医師グループ)は、2021年7月9日に「[...]ワクチン接種の利益は非常に疑わしい」と結論づけました。対照的に、ワクチンがもたらす害は非常によく立証されています [...]" ワクチンで強化された集団免疫に疑問を呈しています。

8月3日、アイスランドの首席疫学者は、全国で95%のワクチン接種率を誇っていますが、「専門家が期待していた集団免疫にはつながっていない」と発表しました。この2〜3週間で、アイスランドではデルタ型が他の型を上回っており、ワクチンを接種した人が簡単に感染したり、他の人に感染させたりできることが明らかになっている」と述べています。

ジャーナルネイチャー微生物学誌に掲載された、呼吸器系ウイルスにおけるワクチン失敗の前例があります。SARS-CoVや他の呼吸器系ウイルスの研究から得られたデータは、抗SARS-CoV-2抗体が抗体依存性増強(ADE)によってCOVID-19を悪化させる可能性を示唆しており、その結果、ワクチン試験が失敗に終わっています。 

エビデンスによると、ADEはウイルスの干渉を引き起こし、他のインフルエンザワクチンとともに、私たちの免疫システムを非特異的に変化させ、他の感染症への感受性を高める可能性があります。mRNAワクチンは、私たちの細胞を、以前の感染による潜在的な免疫問題を抑制する方向に向かわせるかもしれません...。

マローン博士の説明によると、「世界共通のワクチン接種戦略によって、同じ基本的な免疫反応を持つように訓練された集団全体を考慮すると、いったんウイルスの逃避変異体が選択されると、ワクチン接種の有無にかかわらず、集団全体に急速に広まることになる」とのことです。

これは、COVID-19を接種した世界中の人々が、変異体やインフルエンザのような単純なウイルスに遭遇したときに、大規模な問題が待ち受けていることを意味するかもしれないのです。


COVID-19から回復した軍人たちがすでに持っている自然免疫は、既知のすべての亜種に対して有効であり、長期にわたって持続する可能性が高いと、米国でCOVID-19の最も信頼できる専門家の一人とされているピーター・A・マッカロー博士は述べています。


今年の1月、学術誌『ネイチャー』は、COVID-19から回復した人の95%以上が「ウイルスの耐久性のある記憶が持続する」と発表しました。SARS-CoV-1は17年間の自然免疫を示すなど、ここでも優先順位があります。

クリーブランド・クリニックの研究では、「SARS-CoV-2に感染したことのある人は、COVID-19ワクチン接種の恩恵を受ける可能性は低い」と結論づけています。

また、イスラエルの最近の研究では、同国の国民健康データベースのワクチン接種者と回復者の再感染率を比較した結果、「過去に感染した人にワクチンを接種する必要性」を疑問視しています。

マッカロー博士は、現在のワクチン接種プログラムは危険なものになっており、直ちに中止すべきであると強く主張しています。つまり、パンデミックの最中に大量のワクチン接種プログラムを行うことは、実際に変異を引き起こし、ワクチン接種を受けた集団全体が同じ変異に対して脆弱になってしまうのです。

現在、現役および予備役の軍人の約50%が、いかなる種類のCOVID-19注射もまだ受けていません。発表された研究結果に裏付けられた最近の報告データに基づいて、本論文は、2つの非常に大きな未知数を1つの実験グループにまとめ、米軍兵士の戦闘態勢を脅かす可能性がある代わりに、国防総省は「ワクチンを受けていない半分」を戦力保護のための管理グループとして維持し、それによって実行可能な戦闘力を保証すべきであると主張します。

また、長期的なワクチン評 価に関わらず、戦力をサポートするために、DODの民間人に対しても同様のセーフガードを検討すべきです。

軍隊におけるCOVID-19の死亡率を考えると、米国は現在、すべての重要な分野で国の防衛的な人員配置を維持することができます。COVID-19ワクチンを義務化することで、このような極めて大きな未知数に立ち向かうことは、長期的な士気や人材確保への影響は言うまでもなく、基本的な軍配備の前提を脅かす可能性があります。

軍隊は国家の存続に不可欠であり、そのために巨額の予算と軍隊を守るための徹底的な対策が正当化されるというのが事実であるならば、その重要な戦力の全てをわずかな確かさに賭けるというのは、かなり無謀なことです。

ワクチンを接種していない軍の深刻な結果がこれほどまでに低いことが実証されているにもかかわらず、そのようなことをするのは致命的なことです。

軍人のCOVID-19回復率は99.74%以上であり、現在のワクチン接種活動を中止し、軍を保護する管理グループを維持するという唯一の行為は、国の存続に関わることになります。直ちに、軍人・軍属に対するCOVID-19の強制的な接種活動をすべて中止すること、(残りの併存疾患群を除く)さらに、力の保護のためのコントロールグループは、無害な代替策と予防策を開始すべきでです。

米国治療ジャーナルの2021年5-6月号によると、「複数の大規模な「自然実験」が、「イベルメクチンの配布 キャンペーン」を開始した地域で発生し、その後、症例数と症例死亡率が緊密に、再現可能に、時間的に関連する減少が続いた」とあります。

既知の科学では、米軍の全兵力を単一の実験グループに委ねることを正当化することはできません。

多くの未知数と最近わかってきたことを考えると、COVID-19の強制接種は軽率であるだけでなく、もしかしたら国家の生命を脅かすことになるかもしれません...。単純に、COVID-19の強制接種は国家安全保障上の重大な脅威となる可能性があります。

我々は、COVID-19の予防接種に関する米国の防衛戦略的評価を、直ちに一旦停止して、全省庁で再評価しなければなりません。

軍人にCOVID-19ワクチンの接種を義務付けることには、「リスクを上回る利益」という必須条件が全くありません。そうすることで、この全員志願制の軍隊からの辞職者や喪失した入隊者によってもたらされる人員不足を引き起こす可能性があります。

現時点では、COVID-19ワクチンの安全な接種を中止するには十分すぎるほどの正当性があり、大量のワクチン接種の決定が全体的な任務の有効性に決定的な影響を与えることを再考する必要があります。
(一部抜粋)


本稿で述べている見解や意見は、アメリカ海軍や国防総省を代表するものではありません。ジェイ・ファーマン司令官は、アメリカ海軍士官、海軍飛行士、外国地域の将校であり、上級軍事、外交、国際機関のリーダーシップに助言した豊富な経験を持っています。司令官は、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中東全域で海上、陸上、空中で何年も奉仕してきました。海軍大学院で安全保障学の修士号を取得。

(抜粋):https://www.revolver.news/2021/08/navy-commander-warns-national-security-threat-from-mandatory-vaccination/