ワクチンの義務で分かれた米国の航空会社 - ライフサイト (lifesitenews.com)

ワクチン義務で分かれた米国の航空会社

アメリカン航空、デルタ航空、サウスウエスト航空のCEOは、従業員にCOVID-19ワクチンの接種を義務付けないことを表明しており、米国の主要な競合他社とは一線を画しています。
Southwest_airlines-810x500

( LifeSiteNews)米国の大手航空会社3社は、COVIDワクチンの接種を従業員に義務付けないと発表しました、レガシー航空会社のユナイテッド航空を含む競合他社が全従業員にワクチン接種を義務付けたわずか数日後のことです。  

先週、アメリカン航空、デルタ航空、サウスウエスト航空のCEOは、ワクチンを接種していない従業員にCOVID注射を受けることを要求しないと述べました。  

CNNが入手したメモの中で、サウスウエスト航空のCEOであるゲイリー・ケリー氏は、サウスウエスト航空は引き続き従業員に予防接種を受けることを奨励しているが、強制的に実施することは考えていないと述べています。 

ケリー氏は、「今回のデルタ航空の異変と、当社従業員の健康と安全、そして当社のオペレーションへの影響を非常に懸念していますが、何も変わっていません」と述べています。 

アメリカン航空のCEOであるダグ・パーカー氏は、ニューヨーク・タイムズ紙に対し、同社も乗客やスタッフにワクチンの接種を勧めているが、今のところ義務化は検討していないとのことです。 

 我々は確かに可能な限り奨励していますが、義務化はしていません」とパーカー氏は述べています。

一方、デルタ航空は、少なくともワクチンが米国食品医薬品局(FDA)によって完全に承認されるまでは、ワクチン接種を義務化しないことを発表しました。 

 「デルタ航空は、米国食品医薬品局(FDA)が完全に承認していないワクチンの接種を義務化することはできません。」デルタ航空のCEOであるエド・バスティアン氏はCNBCのインタビューに答えています。 

バスティアン氏は、Fox 5との別のインタビューで、デルタ航空のスタッフのかなりの部分が実際にはすでにワクチンを接種していると説明しています。 

バスティアンは、「すでに75%の人がワクチンを接種しています。従業員の5〜10%は、医療上または宗教上の理由でワクチンを接種しない人たちです。そう考えると、接種を義務付けられるのは、ワクチンを受けていない人のうち10〜20%程度の比較的少ない数になります。」 と述べました。

アメリカン航空、デルタ航空、サウスウエスト航空は、全従業員へのワクチン接種義務化を選択しなかったことで、すでに全従業員へのワクチン接種を義務化している他の米国の主要な競合他社とは一線を画しています。

8月6日、ユナイテッド航空は、米国を拠点とする67,000人の従業員全員がCOVID-19のワクチンを接種し、10月25日までに接種したことを証明する書類を提出するか、またはファイザー社、モデルナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のいずれかのワクチンがFDAによって完全に承認されてから5週間後(いずれか早い方)に接種しなければ、解雇されるリスクがあると発表しました。 

これにより、ユナイテッド航空は、米国の航空会社としては初めて、全従業員にワクチン接種を義務付けることになりました。 

ユナイテッド航空のCEOであるスコット・カービー氏は、8月6日にユナイテッド航空の従業員に宛てて書いた手紙の中で、ワクチンの有効性を示す「信じられないほど説得力のある」証拠について語り、この政策の物議を醸す側面を認めつつ、自分の決断を明らかにしました。

ユナイテッド航空の全社員にワクチンを義務付けるこの決定に反対の方もいらっしゃると思いますが、カービーはワクチン義務化を安全対策と表現してこの措置を正当化しました。

「事実は明白です。全員がワクチンを接種することで、全員がより安全になるのです」とカービー氏は述べています。

他の航空会社もすぐにユナイテッド航空の後に続きました。カービーの発表から数時間後には、ホノルルを拠点とするハワイアン航空と格安航空会社のフロンティア航空が、自社の従業員にCOVIDワクチンの接種を義務付けることを発表しました。

ハワイアン航空のCEOであるピーター・イングラム氏は、ユナイテッド航空と同じように安全性を強調し、従業員に送ったメモの中で「他人の安全を確保すること以上に、私たちの価値観を示すことはありません」と述べています。 

イングラム氏は、ハワイアン航空の従業員は11月1日までに完全な予防接種を受けなければならないと述べています。

フロンティア航空では、さらに時間を短縮して10月1日までとしています。フロンティア航空は、乗客にワクチン接種のインセンティブを提供しており、「フレンズ・フライ・フリー・プログラム」を「フレンズ・ウィズ・ワクチン・フライ・フリー・プログラム」に変更しました。フロンティアのウェブサイトに掲載されているプログラムの内容は以下の通りです。      

「ワクチンを接種されたディスカウントデン®会員の皆様は、フレンズフライフリーセールにご参加いただけます。 ワクチンを接種したディスカウント・デン®会員の方は、ディスカウント・デン運賃を1つ購入すると、同じ旅程で一緒に旅行するお客様の運賃が1つ無料になります。」

同様のインセンティブや賄賂の手法は、他の航空会社でも乗客やスタッフに対して行われています。例えば、アメリカン航空の従業員は、月末までにワクチンを接種することを条件に、2022年に1日余分に休暇を取ることを提案しています。

他の航空会社も、社員にワクチン接種を義務付けることを検討していることを示しています。先週の水曜日、シアトルに本社を置くアラスカ航空は、従業員に次のような内容のメモを送りました。 

従業員の安全を確保する義務を負う雇用主として、COVID-19ウイルスとその亜種の伝染性と健康上のリスクを考慮すると、このような決定を下し、あなたのワクチン接種状況についての情報を求める権利があります。

社員にワクチン接種を義務づけている航空会社は、医学的・宗教的理由による免除を受け入れるとしていますが、これらの条件を満たしている社員は、COVID-19の定期検査を受ける必要があります。また、ユナイテッド航空では、ワクチンを接種していない社員に対し、会社のオフィスでマスクを着用することを義務付けています。

職員にワクチン接種を義務付ける航空会社が増えていることや、カナダをはじめとする世界各国が国家間の移動であってもCOVIDパスポートを義務付けていることを考えると、いずれ航空会社が職員だけでなく乗客にもワクチン接種を義務付けるようになるのではないかという懸念が残ります。 

ワクチンを接種していない乗客は、医療上または宗教上の免除を申請し、その資格を得なければ搭乗を拒否されることになります。また、ワクチンを接種した人にはないCOVID検査、マスク着用義務、到着後の長期検疫などの対象にもなります。 

航空会社によっては、ワクチンを接種していない人とワクチンを接種した人を機内で分けてしまうことさえあるかもしれません。すでに一部の空港では、ワクチン接種者と未接種者が税関で別の列に並ばなければならないという措置がとられていることを考えると、このような事態はさらに現実味を帯びてきます。 



非ワクチン接種者は飛行機に乗れない法案 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

※日本の航空会社の国際便は当然同じような措置を迫られそうですな...