CDC公式文書:健康な人を労働収容所に閉じ込める


関連記事
陸軍州兵は「民間人拘留」の準備を始める : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

大規模強制収容所へ:未接種者の隔離の準備 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


健康な人をターゲットにして強制労働収容所に閉じ込めるために、国内の民間人を入隊させるというCDCの衝撃的な計画。

CDCドキュメント: CDC.gov

現在米国で建設中の労働収容所のスクリーンショットです

CDC-Covid-Labor-Camps-1


※思っていたのと違う、なんかオリンピック選手村みたいな感じですな

CDC、米国内の各都市にCOVID収容所を設置することを発表。
家族を強制的に分離し、最低限の「人道的」基準を満たすと主張する

先週の金曜日、テネシー州知事は州兵に銃口を向けてワクチンを接種していない人々を医学的理由により誘拐し、強制的に州内のCOVID「非自発的抑留収容所」に連れて行くことを許可する行政命令に署名しました。

2020年にCDCが開始した同様の計画について、新たな詳細が明らかになりました。この計画では、全国規模のCOVID強制収容所が「キャンプ/セクターレベル」で運営され、「ハイリスク」と指定された人々が家族や家から強制的に引き剥がされ、CDCによって投獄されることになっています。

人道的設定におけるCOVID-19感染予防のためのシールドアプローチ実施のための暫定的な運用上の考慮事項と題されたこの文書では、CDCが「最低限の人道的基準」を満たすために、例えば、COVIDキャンプの囚人が自分の監房を掃除できるように石鹸や基本的な清掃用品を提供すると説明されています。

このCDC文書は、夫婦や家族を分離することを公然と要求しており、この行為が、標的とされ、家から引き剥がされ、COVIDの強制収容所に入れられるアメリカ人に極度の心理的トラウマを与えることを認めています。

汚名を着せられたり、孤立感を感じたりするリスクに加えて、この(遮蔽)シールド方法は心理的に重要な影響を与える可能性があり、重大な精神的苦痛をもたらしたり、既存の精神疾患を悪化させたり、離ればなれになった人や置き去りにされた人の不安、抑うつ、無力感、悲嘆、薬物乱用、自殺願望の一因となる可能性があります。

このCDCのCOVIDキャンプは、「グリーンゾーン」と呼ばれる厳しい強制力を持った収容所で、CDCは「グリーンゾーンへの出入りは許されない」と説明しています。CDCがどのようにこれを実施する予定なのかは明らかではありませんが(実際には、ナチスのブラウン・シャツに似た民間人の軍隊を採用したいと考えているようで、つまり米軍とは別の存在になるということです)、武装した警備員や、チェーンリンク・フェンスやカミソリの針金のような物理的なセキュリティ対策が必要になることは明らかだと思われます。

CDCは、ワクチンを接種していない人を「ハイリスク」と見なしています。つまり、アメリカ人は、致命的で実験的なワクチンの摂取を拒否しただけで、医療誘拐やCOVIDキャンプでの投獄の対象となる可能性があるのです。

ソース: FreeWorldNews.tv;NaturalNews.com


DHS:CVロックダウン措置に反対するアメリカ人はテロリスト|Z3ニュース (z3news.com)

ロックダウン措置に反対するアメリカ人はテロリストです

dhs-opposition-to-lockdown-is-terrorism

最近「白人過激派」をアメリカの最大の脅威と宣言したアレハンドロ・マヨカス国土安全保障長官は、政権の反対者はいつでも攻撃できる潜在的なテロリストであると警告する


ワクチンの義務のおかげで、分離は復活を遂げています。繰り返しますが、黒人アメリカ人は最も苦しむでしょう - ミザズ (home.blog)

ワクチンの義務のおかげで、分離は復活を遂げています。もう一度、黒人アメリカ人は最も苦しむでしょう。

米国の黒人のわずか28.4%がワクチンの1回の投与を受けており、両方の用量を受けているのはわずか25.1%であり、ワクチンの状態に基づく差別に関しては、黒人アメリカ人の75%が他のどの人種よりも影響を受けている。
黒人アメリカ人の75%は、ワクチンの状態に基づく差別に関しては、他のどの人種よりも影響を受けるでしょう。